レビュー

『ヴェノム』感想!これは最高のバディ映画だ!観た人のほとんどが高評価!?

投稿日:

全世界で大ヒットを記録しているものの、映画評論家からは辛口な評価が多いち話題の『ヴェノム』
観てきました!結論を言うと「最高のバディ映画」ですこれは

※ネタバレなし!!

作品解説

マーベルコミックスに登場するキャラクター、ヴェノムが主人公のアクション。
地球外生命体に寄生されたのを機に、特別な力を身につけたジャーナリストの戦いが描かれる。
メガホンを取るのは『L.A. ギャング ストーリー』などのルーベン・フライシャー。『レヴェナント:蘇えりし者』などのトム・ハーディ、『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズらが出演。

あらすじ

ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団が人体実験を行っており、死者が出ているといううわさを聞きつける。
正義感にかられ、真相を突き止めようと調査を始めた彼は被験者と接触したために、地球外生命体のシンビオートに寄生される…。

中々寄生しない


予告編を見る限り、序盤からヴェノムが寄生してきてドンドン残忍な行為をしていくと予想していたのですが、残念ながらその予想は外れてしまいました。
正直、ヴェノムが寄生するまでは結構長くて少しムズムズしたのも事実です。

しかし、これも制作側の思い通りだったのかもしれません。
溜めれば溜めるほどカタルシスが大きく、気持ちよくなるのは間違いないですからね。ヴェノムが寄生してきた中盤以降は怒涛のスピード感が待ち受けていますのでご安心を。

単純明快なストーリー


誰でも楽しめます!「これぞ全年齢対象」って感じです
海外の評論家のレビューで多かったのが「ストーリーが幼稚クサい」や「もっとシリアスな物語を期待していた」というものだったのですが、なるほどと思いました。

ヴェノムのビジュアル、そして予告からは「ダークでシリアスな物語」を想像するのも仕方がありません。
詳しい内容は言いませんが、ストーリーに関して身構える必要は全くないかと。
確かにヴェノムは残虐行為を繰り返しますが、グロ表現もないですし、起承転結がハッキリしているので分かりやすく楽しめます。

これを「陳腐で幼稚クサい」と捉えるか「分かりやすくて面白い」と感じるかは人それぞれでしょうが、エンタメ性を求めるなら本作は大正解だと思います。

ヴェノムは可愛い


ジャパンプレミアや試写会を鑑賞した人でよく見た感想は「ヴェノムが可愛い」というもの。
信じられませんよ。あんなに禍々しい見た目で可愛いってどういうことなんだよ!?

でもね皆さん。こいつ可愛いよ

ヴェノムとエディが段々と相棒になっていく過程が実に愛らしい。
時折挟んでくるコメディ要素も相まって、ヴェノムに対する恐怖心は一切なくなり、エディと共に次第にヴェノムを受け入れちゃうんですよね…。

さらに“相棒感”がグッと増してくる後半はひたすら楽しい&可愛いが押し寄せてきます。
エディとヴェノムの愛らしい掛け合いを楽しんでニヤっとしたり、敵キャラをバッサバッサと倒していったり…。
いや~、映画館で観て良かった

これぞハリウッド


結局何が言いたいかというと、「小難しいこと考えずに観よう」ってことです。
何の捻りもないストーリー、勧善懲悪の水戸黄門的要素、分かりやすく盛り上げる演出
もうこれそハリウッド製エンタメムービーなんですよ。
これで良いんです。皆が楽しめるダークヒーロー映画。オマケに可愛い

トム・ハーディーの演技にも大拍手!愛すべき最高の俳優であることを改めて示してくれました!

Twitterの反応


https://twitter.com/yshima114/status/1058265280344842247


https://twitter.com/Survets_s/status/1058264549780901893

最後に

約束してほしい事はただ一つ

エンディングは最後の最後まで絶対観て!

本当にお願いします!

続編にはスパイダーマンも絡んできますように…。会社の関係で厳しいだろうけどアベンジャーズにも絡んできますように…。

-レビュー

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.