菅田将暉×趣里!映画『生きてるだけで、愛。』が心をくすぐる。早くも絶賛の嵐!

菅田将暉が出る恋愛映画ってだけでドキドキが止まらないのは何故なんでしょう。
11月9日より公開される『生きてるだけで、愛。』が私の好奇心を掴んで離しません。早くも絶賛の嵐!

作品解説

小説家、劇作家など多彩な活動をしている本谷有希子の小説を原作にしたドラマ。感情を制御できない女と、恋人である彼女と真摯(しんし)に向き合わない男の姿を見つめる。
メガホンを取るのは、映像作家の関根光才。『過ちスクランブル』シリーズなどの趣里、『セトウツミ』などの菅田将暉、ドラマ「あなたのことはそれほど」などの仲里依紗、ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などの田中哲司らが出演している。

あらすじ

過眠症で引きこもり気味の寧子(趣里)は、恋人でゴシップ雑誌の編集部勤務の津奈木(菅田将暉)と一緒に住んでいる。
感情のコントロールが苦手な彼女は、そういう自分に本気で向き合おうとしない津奈木に苛立っていた。
ある日、津奈木の元恋人の安堂(仲里依紗)が現れ、寧子を追い出すために、勝手にカフェバーのアルバイトを決める。渋々働きだした寧子だが、少しずつ店の人に心を開くようになり……。

引きこもりヒロイン

何と言っても注目は「趣里×菅田将暉カップル」とかいうオシャレ好き人間が思わずピクッとなる組み合わせ。

趣里さんが演じるのは、鬱で過眠症で引きこもりのヤバめのヒロイン・寧子。
恋人の津奈木(菅田)と3年動静をしているのですが、一日中布団から出られないため、家事も仕事も出来ない日々…。
津奈木に甘えっぱなしであるのにも関わらず、時に理不尽すぎる感情をぶつけてしまいます。


ガチメンヘラ女子ですね。しかし共感する人も多そうなキャラ

ライバル出現&自身の変化

そんな毎日の中に急に現れたのが、津奈木の元カノ・安堂(仲里依紗)
津奈木とヨリを戻すため、寧子に「別れて」と催促する安堂にタジタジとなる寧子


自立するため半ば強制的にバイトをし、久しぶりに外の世界と関わった寧子に段々と“変化”が訪れていくのです。

独特なのに共感!?

かなりエキセントリックで独特なヒロインの行動に、観賞者も最初は「ついていけるかなこの映画…」と思うはず。
しかし、絶妙に共感させる心理描写を経ることで最終的には寧子のことが気になって仕方なくなってるんです。

カッコ良すぎる菅田将暉

人生に生きがいを感じることが出来ずにフラッと生きている津奈木くん。
仕事も人間関係も微妙になり、家に帰ると寧子から理不尽な感情をぶつけられる日々…。よく耐えてるよ津奈木。

ただの優しい男かと思いきや、何だか掴みどころがなく、寧子と正面から向き合おうとしない彼。一体その理由とは何なのか。

どこか漂う諦念思想と包容力…。
こういう湿度の低い菅田将暉を見たかったんだよ!ありがとう!
やっぱり唯一無二の存在感ですわ彼は…。

Twitterの反応

予告編

関連記事一覧