• HOME
  • Netflix
  • Netflixオリジナル短編ホラー集『見てはいけない』が怖すぎてちびりました。

Netflixオリジナル短編ホラー集『見てはいけない』が怖すぎてちびりました。

見たくないのに見てしまうのがホラー映画の不思議なところ。
先日ネトフリに追加された謎多きホラー作品『見てはいけない』
もう、こんなタイトルされたら見るしかないじゃない…。

作品概要

おぞましい化け物、狂気に駆られた執着心、不気味すぎる光景などを集めた、血も凍るようなホラー短編集。警告を無視して見たら最後、恐怖から逃れられない。

特筆すべきは1エピソードの短さ。長くても10分。全話平均しても6分という“超お手軽ホラー”になっています。
短い分「気持ち悪さ」「怖さ」がギュッと濃縮されている感じ。
グロ描写も結構容赦ないのでご注意を

第1話『友情のブレスレッド』

あらすじ

友達のいないジュリーは、おしゃれな2人の女子を誕生日パーティーに招待。2人と親友になろうとするジュリーは、抑えようのない狂気を解き放つ。

サイコ女子

いじめられっ子の女の子がイケてる女子と友情を深めたいが故にサイコで理解不能な行動を始めてしまう話です。
「なぜそんなことをするのか」という説明がないからこそゾッとするし、気味悪いんですよね。良い感じにスプラッタ

第2話『パズルへの招待状』

あらすじ

ネット荒らしを餌食とし、闇ウェブで暗躍する”処刑人”。闇ウェブに誘い込まれた悪意あるハッカーを、世にも恐ろしいVRゲームが待ち受ける。

都市伝説風

ダークな都市伝説を聞いたときに感じる何とも言えない怖さってありますよね。
本エピソードはまさにその気味悪さを味わわせてくれます。
グロさもそれほどなく、雰囲気としては『ブラックミラー』や『世にも奇妙な物語』に近いかも。

第3話『グロテスクな悪夢』

あらすじ

えも言われぬ不吉な予感、肉体に刻まれる不快感、そして拭いようのない恐怖。すべてを凝縮した、超現実的な悪夢がここに。気が弱い人は要注意。

2分

ひたすら気持ち悪くて「うわっ…」となる映像を見せ続けられます
しかも何の説明もありません。ただ気持ち悪くて怖いだけの2分間。多分30分間見せ続けられたら頭おかしくなりそう。
思い出しただけで気持ち悪い…。

第4話『立ち入り禁止』

あらすじ

心霊スポットを巡って動画を撮影してきたノアとアレックス。2人は最後の撮影をしようと廃屋に侵入するが、そこにいたのは彼らだけではなかった。

分かりやすい

唯一シンプルなホラー作品って感じのエピソードです。
変化球だらけで攻められてきたので逆に安心しちゃいましたよ。ホラー映画に慣れてる人ならば退屈に感じるかも…。

第5話『アントニ・サイコ』

あらすじ

“クィア・アイ”のアボカド王子ことアントニが、朝を健康的に過ごす秘けつを伝授。垣間見えるのは、番組では決して見せることのない危険な裏の顔。

事前に『クィア・アイ』を観た方が良い

Netflixオリジナル人気作品『クィア・アイ』をモチーフにしているので、先に元となっている作品を観た方が楽しめます。
しかし、本エピソードは映像・演出も凝っているので『クィア・アイ』を観ていなくても普通に楽しめるというか怖がれるはず。
5つの中で最もグロ表現が少ないので気軽に観賞できるのもグッドですね。

怖いのが苦手なら素直に観ない方がいい

タイトルが『見てはいけない』ですからね。
ホラー系が苦手なら素直に避けてください。ストーリーもさることながら、グロがきついです。気持ち悪いですもん!
好奇心が抑えきれない人は自己責任の上ご観賞を!

関連記事一覧