ニュース

『半世界』の快進撃はどこまで続くのか。いや、まだ始まっていないのだ。

投稿日:

稲垣吾郎(44)さんが主演する映画「半世界」(阪本順治監督、来年2月公開)が、東京国際映画祭授賞式で観客賞を受賞しました。
観客賞というと、どうしても「稲垣吾郎のファンが組織的に投票したのではないか」と疑ってしまいますが、観客賞の受賞は稲垣のファンが投票したからだけではないということ。

映画関係者によると、作品をみた映画ファンが投票した結果だといい、「純粋に作品が評価されていること」というのです。(なんだか安心)

稲垣さんのコメント

ミュージカルの稽古中という稲垣は文章で「この映画をご覧になった皆さんが気に入ってくださり大変うれしく思います。公開に向けて大きな励みになります。ありがとうございました」と喜びのコメントを寄せました。

快進撃はどこまで?

何らかの賞の受賞は東京国際映画祭のレッドカーペットの時から予感はありました。
なぜなら、共演の長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦、阪本順治監督らとレッドカーペットに現れると、他の作品の出演者やメディア関係者が振り向くほどの大歓声を会場に沸かせていたからです。

同映画では、これまで華麗なイメージの役が多かった稲垣が「人生半ばに差し掛かったとき、残りの人生をどう生きるか」と葛藤し、人間関係に揺れる実直な男という新境地に挑戦しています。

私も同作を観賞しましたが、何の贔屓目もなしで「素晴らしい作品だった」と自信を持って言えます。
どうしても「稲垣吾郎主演!!」という騒がれ方をしますが、そうではなく、純粋に一つの映画作品として観てほしい素敵な映画なのです。
余計なフィルターがかからないことを祈るばかり…。

『半世界』の快進撃はまだスタートラインにも立っていません!これからドカンと広がっていくことを心から期待しております。

-ニュース

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.