疲れた体を癒す「プーと大人になった僕」の魅力と依存性

突然ですが皆さん、最近疲れていませんか?
仕事や環境、自分を取り巻く全ての要素が重荷になっている人も多いはず。
なんせ現代社会は「ストレスが溜まりやすい」と言われ続けていますからね。

そんな疲れた体を癒す極上の映画が「プーと大人になった僕」なんです。

説明不要の「プーさん」

くまのプーさんの実写版と言えば、これだけで説明はつくでしょう。
今回のストーリーは、プーさんと共に幼少時代を過ごしたクリストファー・ロビンが大人になって再びプーさんたちと出会い、少年期の純真な気持ちと「人生において本当に大切なモノ」を見つけていくというもの。
超王道、敢えて悪い言い方をすれば「何のひねりもないストーリー」です。

違和感のないプーとその仲間たち


まず驚いたのが、映像に違和感がないということ。
今回の撮影はCGを極力使わずに、実際のぬいぐるみを撮影時に使用していたのですが、それが見事に良い方向へと動いています。


「あれ、これ現実世界にもプーさんいるんじゃね?」と思ってしまうようなリアリティーと抱きしめたくなる可愛さのコンボ攻撃!
飼いたいペットランキングにプーがランクインするのも時間の問題かと思われます。
普段は「プーさん」と言っているのに、この映画を観た後だと「プー」と呼び捨てにしたくなるのも何だか不思議。

シンプルでありながら丁寧に描かれた物語


冒頭でも書いたように、今作は大人になったクリストファー・ロビンが少年期の気持ちを徐々に思い出していくという内容。
その場合、一番重要となるのが「少年期の描き方」だと思うんです。少年期の描き方が丁寧であればあるほど視聴者は主人公に肩入れし、得るカタルシスも大きくなります。
本作は少年期のエピソードが実に丁寧!尺は短いのに本当に丁寧!
「ある演出」がこれまた最高なんです。見てほしいなあ!

笑って、泣いて、癒されて、可愛くて、泣く。


もう流石ディズニーって感じなんですが、本作は様々な感情を我々に与えてくれます。
プーとその仲間たちがロンドンで大暴れするシーンがあるのですが、めちゃくちゃ面白い。「なーにやってんだこいつらは」なんて気持ちにさせられて笑顔。と思ったら余りに可愛いプーたちに癒されて笑顔
しかし後半になると、思わず涙がポロリ…。
ゆっくりと自然に我々の感情をコントロールしてくるんです。やるよなぁディズニー!

キレイごとの詰め合わせ


映画ですから、しかもディズニーですから、内容はキレイごとのオンパレードです。
そんなこと分かってるんです。私も良い大人ですから。理想論だけで人生を過ごせるほど甘くないことなんて分かり切ってる。
それでも、心のどこかに忘れちゃいけないものとしてキレイごとを秘めているのも事実
突き刺さるんです。プーの言葉が一々刺さってくる。

「おい自分よ。今のお前は本当に正解なのか?」と問いたくなるような名作
気持ちよく、スッキリした気分になりたいそこの貴方!
プーの力を借りてみては?

私はもう「プー依存症」です。

関連記事一覧