「コーヒーが冷めないうちに」感想 本当に4回泣ける?

CMで見るたびに「4回泣けます」とアピールしてくるこの映画。
ここまで4回泣けることを強調されると、逆にハードルが高くなりすぎて大変だと思うんですが…。
見てきましたよ。しっかりと見てきました。結論言うと私は1回泣きました。

解説

川口俊和の小説を映画化。過去に戻れる席がある喫茶店を舞台に、来店する人々が体験する出来事が描かれる。ドラマ「重版出来!」「アンナチュラル」などの演出を担当した塚原あゆ子が監督を務める。

あらすじ

時田数(有村架純)が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、ある席に座ると自分が望む時間に戻れるという伝説があった。「過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ」といったいくつかのルールがあるが、過去を訪れたい人たちが次々と来店する。

確かに泣ける


「過去に戻って人生を見つめ直す」
もうこの設定だけで「泣かせにきてるなぁ」と感じるわけですが、実際に私は泣いちゃいました。本作はオムニバス形式で4つのエピソードに分かれているのですが
1.波瑠と林遣都の恋人同士
2.薬師丸ひろ子と松重豊の夫婦
3.吉田羊と松本若菜の姉妹
4.(シークレット)
この中でもダントツでグッと来たのが、薬師丸ひろ子と松重豊の夫婦話。何ならこのエピソードだけで充分かもしれないほどの満腹感です。

過去と向き合って、自分を変えていこう


本作はタイムリープものではありますが、過去に行っても現在の状況は変わりません。
しかし、過去を変えるのが目的ではなく、現在の自分自身を見つめ直し、これから先の未来を少しでも良い方向に持っていくために努力することが大切なのだと教えてくれます。
こんなテーマは使い古されたものではあるのですが、4つのテーマでこれでもかと言うほどに繰り返されていくので、嫌でも脳裏に焼き付きます。

人生は後悔の連続です。満足と後悔を天秤にかけたら、後悔の方が重くなる人の方が多いかもしれません。
だからと言って過去に囚われ過ぎても何の意味もない。
過去に戻り、少しでも今の自分を楽に解放させてくれる場所が本作であり、鑑賞中は喫茶店のお客さんになった気持ちで一緒に感動出来ます。

演出のダサさ


ここまで結構褒めておいて何なんですが、どうしても解せないことがあります。それは「演出」
何て言うんでしょう…。すごくテレビっぽいんです。悪く言えば安っぽい。
監督は、ドラマ「アンナチュラル」で実力を示した塚原あゆ子氏。私もドラマの方は凄く楽しんでいたのですが、やはり映画だと勝手が違い過ぎたのか…。
「ほら!ここで泣いてよ!」と言わんばかりのBGMとお世辞にも丁寧とは言えない喫茶店の作り。テレビの2時間ドラマだったら良いんですがね。
正直冷めます。コーヒーは冷めてないのに

タイムスリップのルール


いくらでもタイムスリップ出来たらチートですから、本作には色々なルールがあります。
しかし!それが逆に足を引っ張っている。
「そのルールはせこくない?」とか「いやいやルール多すぎだろ…。」と思わず突っ込んでしまう箇所がたくさんあります。
いくらフィクションだといっても、タイムリープものですから、そこら辺の設定はもう少しきちんとしてほしかった。

総評

文句だらけの映画ではないです。しっかりと感動して泣ける個所もありましたし、事実私の後ろに座っていた方は物凄く泣いていました。
人間誰しもが共感できるテーマに上手く突っ込んだという点は評価できます。観た後に「今のままじゃ駄目だ。前に進もう」と思わせてくれることは間違いないです。
ただ「4回泣けます」のキャッチコピーは不味かったかなぁ…。こっちは4回泣く気満々で鑑賞しちゃいますからね。惜しい!いい作品だけど惜しい!って感じです。

あ、デートムービーには最適かと思うので、是非ご検討してみてください。
(有村架純ちゃんってあんなに顔丸かった…?)