公開から1か月 「検察側の罪人」を冷静にレビュー

今年イチの話題作と言っても良い「検察側の罪人」
元SMAPの木村拓哉さんと嵐の二宮和也さんによる演技対決も見どころの一つとして挙げられています。
早くも公開から1か月…。
ジャニーズが主演と言うだけで先入観を持たれがちな本作の正直な感想を述べていきます。

あらすじ

東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始める……。

正義とは何だ?

「自分が正義」だと信じるベテラン検察官『最上』と「正義とは何か」を追い続け、上司と対立する駆け出しの検察官『沖野』。
この映画は終始重い緊張感に包まれています。息抜きのシーンなんてありません。鑑賞後はどっと重い何かを背負わされたような気分でした。

「正義とは」というテーマを背景に作成された映画は数えきれないほど存在します。そういった映画の落としどころは「さぁ、この映画を観た貴方はどう考えますか?」という点に落ち着くことがほとんど。
本作も例に漏れず、我々視聴者に正義の在り方を考えさせてきます。
人によっては最上を「ダークヒーロー」と捉えるでしょうし、完全な悪に見える人もいるかもしれない。
確かな答えを出さないところが本作の魅力です。

沈黙を許さないスピード感


『重い話=話のテンポが遅い』なんて風に考えてしまう人も多いはず。しかし本作は丸っきり逆です。
とにかくセリフ量が多い!場面によってはマシンガンのように乱れ飛ぶ言葉の乱発に脳がフルスロットルで働いているのが分かります。
特に沖野と容疑者が対峙するシーンは終始トリハダが立ちっ放しでした。唾を飲み込む余裕すら与えてくれない。

説明不足のシーンも目立つ

本作の原作は上下巻に分かれている長編小説です。そのボリュームを無理やり2時間にまとめあげたという事もあって説明不足・置いてけぼりを感じる箇所がいくつかあります。
「台詞が多い&早口気味」+「場面の転換が早すぎる」
これらの要素のせいで「あれっ、何でこうなったんだ?」ですとか「この人誰だ?」なんて思ってしまいました。あと20分でも尺があれば全然違ったと思うんですが…。

主演2人の演技合戦


素晴らしかった!
よく「キムタクは何を演じてもキムタク」だなんて言葉を聞きますが、そんな事は全くないと思わせてくれる演技でした。
二宮さんも素晴らしい迫力。流石演技力を評価されているだけのことはありますね。
特に主演2人が意見をぶつけ合うシーンは圧巻。そこにいるのは「キムタクとニノ」ではなく「最上と沖野」でした。

脇を固める俳優陣


どうしても主演2人に注目が行きがちですが、脇を固める役者さんたちもまあ素晴らしい。
特に容疑者役の『酒向芳』さん!
本当に気持ち悪くて腹が立つ怪演でした。鑑賞中に「何なんだよこいつは!!」と怒鳴りたくなる場面もあったほど。
その他にも松重豊さん、山崎努さん、吉高由里子さんなど、本当に一人一人について細かく述べたくなるほど個性と演技力が爆発している作品です。

総評

「キムタクとニノの初共演!」なんてどうでも良いんです。むしろ映画として楽しむ場合において。そんな先入観はマイナスに働くといっても過言ではありません。
「主演二人がジャニーズ」なんて先入観を持たないでほしい。余りにも2人について述べている方が多いです。
そんなどうでも良いことを抜きにしても「検察側の罪人」は傑作であることに変わりありません。

あのラストに我々は何を思うべきなのか。普遍的に語られている正義とは何なのか。正しいの定義とは?
純粋に作品として見てほしい珠玉の一作です。

関連記事一覧