おすすめ映画

これぞバブリー映画!ホイチョイ三部作を紹介したい

投稿日:

定期的に訪れる“バブルブーム”
筆者はリアルタイムで体感してないので分かりませんが、80年代後半の日本は経済的に豊かで活気があったようです。
そんなバブル期に一大ブームを起こした映画シリーズ『ホイチョイ三部作』を紹介したい!

「ホイチョイ三部作」とは

バブル期を代表するクリエイター集団「ホイチョイ・プロダクション」が1987年から1991年の間に製作した3本の映画
底抜けに明るいストーリーとバブル期ならではのオシャレ感は当時の若者の間で大ブームを起こした。

「ホイチョイ・プロダクション」

1981年からビッグコミックスピリッツにて連載された4コマ漫画『気まぐれコンセプト』で知られるクリエイター集団
トレンドをいち早く取り入れる作風が特徴で、80年代後半に大ヒットを記録した

では早速3部作を順番にご紹介!

私をスキーに連れてって(1987)

作品解説

ホイチョイ・プロダクションの馬場康夫が監督にあたった青春ムービー第1弾。クリスマス・イヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡をハートフルに綴る。
“スキー”をモチーフに、現代の若者像を瑞々しく切り取った演出や、ゲレンデでの躍動感溢れるアクションなど、後に“ホイチョイ・ムービー”と呼ばれる礎を築いた記念作。
三上博史、原田知世、竹中直人など豪華キャストの共演にも注目

あらすじ

スキー選手としてならしたが、都会ではパッとしない商社マンの文夫。彼は友人と出掛けた奥志賀のスキー場で、OLの優と出会う。クリスマスのゲレンデで楽しい時を過ごす文夫と優。
だが彼のシャイな性格を誤解した優は、再会しようと言った文夫にウソの電話番号を教える。

冬になったら観なきゃダメだよ

当時スキーブームを巻き起こしたホイチョイ三部作の記念すべき一作です

サラリーマンとしては冴えない&女性の前だと緊張して無口になってしまうが、スキーの腕前は一人前の主人公
もうこの設定だけで“トレンディ”を感じざるを得ません。
ハッキリ言って今観るとあまりにベタな展開に「おいおい何だよこれ…」と思う場面もあるのですが、そこが堪らなく愛おしい!

気になる異性と電話番号を交換したり、置き手紙で気持ちを伝えるシーンなんかは最高にオシャレ且つ情緒が溢れています。現代が失ってしまった純度100%のラブストーリーがそこにはありました。

当時流行っていたカルチャーがふんだんに盛り込まれているのも実に興味深いです。車で言ったらカローラ。カメラで言ったら防水カメラ等々、当時の若者が夢中になったものを振り返るという視点で見ても面白いのは間違いありません。

本作の魅力は何と言っても原田知世さんの可愛さ。ピストルを撃つふりをして「ば~ん」と言うシーンは今見ても可愛くて胸が熱くなります。
ただスキーして騒いでるだけなのに何でこんなに面白いのだろう…。バブル期ならではの明るさを感じる一作です。


彼女が水着にきがえたら(1989)

作品解説

ホイチョイ・プロダクションが製作した、青春ムービー第2弾。
東京アーバン・マリンリゾートを舞台に、海底に眠る財宝を追う女性ダイバーとヨット乗りの青年との恋と冒険を描く。
数々登場するディティールに凝ったマリン・スポーツや、全編を彩るサザンオールスターズのナンバーなど、ホイチョイ作品ならではの妙味が魅力。

あらすじ

アパレルメーカーに勤める田中真理子は、同僚の石井恭世からクルーザーパーティに誘われる。二人は相模湾でパーティー仲間とダイビング中、彼らとはぐれてしまう。
二人があわや遭難というとき、偶然通りかかったヨット船「ツバメ号」の大塚と吉岡文男に救助される。
ツバメ号のクルーが溜まり場とする「クラブ・ヒッチ」に招かれた真理子と恭世は、壁に飾られた飛行機の写真に目を奪われる。その飛行機こそ、恭世と真理子が海底で見つけたDC-3であった。事の真相を察知したツバメ号のクルーは恭世と真理子を問い詰め、飛行機の場所を問いただす。このDC-3にはツバメ号のクルーが長年追い求めてきた、ある物が積まれていた…

爽快夏気分!と思わせて…

ポスター、タイトルから想像するに「蒼い海とウブな男女の爽やか恋物語か」と思いがち。しかし、その中身はほとんどが東京湾で撮影されたというガッカリ具合です。さほど綺麗でもない海を見せ続けられるのは正直びっくりしちゃいました

ストーリーも、お宝を求めるギャングとのマリンアクションという内容で青春感は少なめ
しかし、そんな展開の中にもユーモアがたっぷり入っており、恋愛要素もねじ込んできています。
青春映画というよりは冒険活劇って感じです

30年前ということもあって登場人物が煙草スパスパ!体に悪いよと言いたくなってきますが、これが当時のスタンダード。煙草を吸うシーンって役者さんが映えるので個人的には好きなんですよね
見どころは織田裕二さんと原田知世さんが水中でキスをするシーンでしょう
サザンオールスターズの音楽も相まって非常に素敵な画が見れます

荒唐無稽なストーリーが気になって仕方ないですが、バブル期の雰囲気をギュッと詰めた世界観に魅力がるのも事実
ゆる~い視点で観賞してほしい一作です。


波の数だけ抱きしめて(1991)

作品解説

ホイチョイプロ製作第3弾。1982年の湘南を舞台に、若者たちのFM局運営と恋の行方を描く青春ストーリー。
モデルは1983年に湘南に実在した海岸美化を訴えるためのミニFMラジオ局「FM Banana」
挿入歌としてJ.D.サウザーやネッド・ドヒニーなどのナンバーが使用された。このことから洋楽の使用許諾がなかなか得られなかったため、本作品は長らくDVD・BD化はされなかった。

あらすじ

1991年11月。旧友・真理子の結婚式の帰り、小杉と芹沢は車で茅ヶ崎に向かう…。
1982年5月。大学4年の小杉、芹沢、裕子、真理子は、無線マニアの芹沢の提案で、湘南にミニFM局を開設する。
DJを務める真理子は、間もなく留学のためロスに行ってしまうが、互いに想いを寄せる小杉とは気持ちを伝えられないでいる。そこへ広告代理店に勤める吉岡が現われ、真理子に急接近する。

黒い


登場人物全員日焼けし過ぎじゃない…?今見たらそんなことを言いたくなりそうですがグッと我慢しましょう。

本作が製作された91年は既にバブル崩壊した後。それもあってか作品全体にどこかノスタルジックな雰囲気が漂っています
冒頭から流れるオシャレな音楽と湘南のビーチ。これだけで100点満点なんです

「好き」という一言が言えないがために中々距離を縮められないプラトニックな2人が主人公なんですが、最高にピュアで見てるこっちがモジモジしちゃいます。
何でもかんでも両想いにすりゃ良いってもんじゃないんです。どう頑張ったって自分の力だけじゃどうにも解決できない問題はあります
「失敗こそが大きな財産となるんだよ」だなんて背中を押してくれるような優しい物語

思わず「この時代に青春を過ごしてみたかったなあ」なんて思っちゃいました。個人的にホイチョイ三部作で一番好きです
やっぱり“負の部分”もしっかり描いた青春ドラマってのはいいもんだ!


最後に

バブル期に青春時代を過ごした人が見れば「懐かしい!最高!」となり、現代の若者が見ると「いい時代じゃん!何か楽しい!」となるのがホイチョイ三部作の魅力なのです
気負いせずに観賞できて尚且つハッピーな気分になりたいのなら、今すぐ観ることをおすすめしますよ

-おすすめ映画

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.