2018年秋 地上波ドラマ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』最終話 感想|爽快なラスト!海崎先生のツンデレとポチの凛々しい姿!

投稿日:

【最終話 あらすじ】

小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に脅され、殺人の罪に手を染めていた――。ようやくあぶり出されたその真実を法廷で明らかにするため、翔子は度肝を抜く手段を思いつく。なんと、翔子自身が原告となり、大峰と“ある濃密な裏関係”が疑われる「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)を提訴。至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して、弁護士会会長でもある天馬に、たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたのだ。
翔子に残された切り札は、至から託された”謎の鍵”のみ…。至が殺害した被害者が所持していたというその鍵は、わざと鍵番号も削り取られており、どこのものかも分からない代物だ。だが、もしかしたら事件の全貌を解く、重要な手がかりになる可能性もある――。翔子率いる「京極法律事務所」は一縷の望みをかけて、鍵の調査を開始。同時に、翔子が弁護士資格を剥奪される直接原因となった“暴力団への金銭授与行為”が、仕組まれた罠だったことを証明すべく、方々を嗅ぎ回る。
ところがその矢先、「京極法律事務所」は思わぬ窮地に立たされる。代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)とパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が逮捕された上に、パラリーガルの馬場雄一(荒川良々)茅野明(三浦翔平)が暴力団に襲われて病院送りの身となってしまったのだ! 途方に暮れる翔子と、弁護士の青島圭太(林遣都)大鷹高志(勝村政信)…。そんな中、天馬が裏で手を回したに違いないとにらんだ翔子は単身、「Felix & Temma法律事務所」へと乗り込む。ところが、その行く手に元恋人のエリート弁護士・海崎勇人(向井理)が立ちはだかり…!?
背水の陣に追い込まれる元弁護士・小鳥遊翔子と弱小法律事務所。はたして、彼らに勝利の女神は微笑んでくれるのか…!? 正義を賭けた“最後の裁判”がついに幕を開ける――。

※ネタバレ有

現場百回

「京極法律事務所」のメンバーが逮捕&病院送りになるという事態に、天馬が裏で手を回していることをにらんだ翔子。

「Felix & Temma法律事務所」に乗り込むと、海崎から「1人では絶対に勝てない」と言われてしまう。

思わず弱音を吐く翔子だったが、ポチやドラマ「現場百回」の鎧塚刑事(勝野洋)の言葉に励まされ、なんとか鍵の合うロッカーを見つけ出した。

あんなに頼りなかったポチが翔子に喝を・・・!成長したね、ポチ。

そして、鎧塚刑事が現実の世界に現れるとは驚き!ドラマのセリフで翔子を励ますなんてかっこいいな、鎧塚刑事!

裁判開始!

1年前に起こった、翔子の金銭授受スキャンダルの関係者である暴力団員・花田が、翔子の証人として出廷。大峰に頼まれて、翔子を罠にはめたことを証言した。

次に至が証言台に立ち、「貧困を救う会」を守るために大峰から殺人を依頼されたことを告白。自分のような人間をもう出したくないと語る。

一方、天馬の証人として出廷した大峰はペラペラと嘘を話す。

翔子は、見つけ出したロッカーの中に入っていた裏帳簿を証拠として提出。「救う会」に集められていた募金の一部を大峰が着服していたことを指摘し、強く攻めるも大峰は一切認めようとしない。

弁護士会会長の天馬は裁判官も味方につけてるし、翔子たち絶対不利!権力って怖いわ。

海崎先生の登場

最後に天馬の証人として出廷したのは、海崎先生。

翔子がどんな人物だったか問われると、「強引で粗暴」と言い放ち、どんどん翔子を追い詰めていく。

ここで天馬は、翔子が大峰を脅している動画を証拠として提出。翔子はひるむが、海崎にけしかけられて公開を認めた。

海崎が動画を再生すると、映し出されたのは天馬と大峰の密会現場だった。

天馬が大峰に「市瀬を始末しろ」と指示。大峰は天馬を「父さん」と呼んでいる様子がはっきりと映っていた。

実は映像をすり替えていた海崎先生!ヒーローだわ!

翔子を追い込んでいたのもわざとだったとは・・・。ハラハラしちゃったよ、もう!

天馬失脚

マスコミに追われまくる天馬。そこに秘書が現れ、「たいへんでしたね」と天馬の顔にワインをぶちまけた。

ワインの仕返しきた!すっきりー!!

後日、「Felix & Temma法律事務所」は「Felix & Kaizaki法律事務所」に変わっていた。

翔子は海崎と白鳥のもとへ。

お礼を言われて、まんざらでもない様子の海崎にじゃれる翔子。

「やめれぃ!」と言いながらもちょっと嬉しそうな海崎先生が可愛すぎる!ツンデレ最強。

翔子の旅立ち

京極事務所では祝杯があげられる。

「弁護士資格を取り戻して一緒に働こう」と京極が言うも、「ここには優秀な弁護士と事務員がいるから自分に弁護士資格はいらない」と翔子は答え、旅行バッグを手に事務所を出ていった。

心配して追いかけたポチに「もう一人前だ」と太鼓判を押す翔子。

ポチは去っていく翔子を笑顔で見送った。

最後、少し目を潤ませながらも力強く敬礼して翔子を見送るポチの姿が素晴らしかった!ポチ、いい顔してる!

Twitterの反応

まさかの逆転劇!最後は海崎先生が神がかっていました。

最初はバラバラだった「京極法律事務所」のチーム力とポチの成長には感動。

とっても爽快な最終回でした!

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話 感想|やっぱり大門未知子感強め!?弁護士資格を剥奪されたカリスマ鉄子

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話 感想|謝らない斉藤由貴が強烈!恋愛のもつれは怖いよ~

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話 感想|いいチームワークだったけど…心に残るモヤっと感

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話 感想|ホステス嬢役・ぱるるの本当の目的とは?京極先生の初弁護!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話 感想|ポチの神回で『おっさんずラブ』牧&マロ再共演!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話 感想|初めて負けた一審。天馬のパワハラがえげつない。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話 感想|海崎弁護士が腹立つけど可愛くて困る

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話 感想|ご主人様に会えて喜ぶポチが可愛い&林遣都さん誕生日での“ポチケーキ”が話題

-2018年秋, 地上波ドラマ

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.