『あなたには渡さない』最終話 感想|これはハッピーエンドなのか・・・?

【最終話 あらすじ】

週刊誌に通子(木村佳乃)が、笠井(田中哲司)の贈賄事件に関わっているという疑惑を書かれた記事が載り、料亭『花ずみ』に取材陣が押しかけてくるように。そのせいで一気に客足が減り、通子は一つの大きな決断を下す。
一方、矢場(青柳翔)から多衣(水野美紀)が姿を消したという連絡が入った。必死に捜すも行方が分からない。
そうした中で、通子は思わず別れた夫・旬平(萩原聖人)に電話を掛けていた。騒動の渦中にいる通子を気遣う旬平に対して、ある言葉を告げた通子。それに対する旬平の反応は…。
やがて、拘置所を出た笠井(田中哲司)が通子に連絡を取ってきて――。
通子、多衣、笠井、旬平が繰り広げてきた壮絶な四角関係…。彼らが迎える衝撃の結末とは!?ラストに待つどんでん返しに誰もが驚愕する…!

※ネタバレ有

すれ違い

週刊誌の記事のせいで客足が減り、「花ずみ」銀座店を勝浪に返す決断をした通子。

さらに多衣が行方不明となり、通子は思わず旬平に「戻ってきてほしい」と連絡をします。

しかし、旬平は「もう遅い。ずっとその言葉を待っていた。すれ違った。」と通子の頼みを断るのです。

相変わらず女々しいことを言う旬平。本気で多衣と浮気してたくせに、よくそんなこと言えるな!!

「花ずみ」のランチ営業

板前がいない「花ずみ」は閉店中。

そんな中、前田(紫俊夫)と八重(荻野目慶子)が通子に恩返しがしたいとランチ営業を提案します。これが功を奏し「花ずみ」は大盛況!

娘の優美(井本彩花)は積極的にランチメニューのアイディアを出し、将来は「花ずみ」を継ぐ意思があることを通子に打ち明けました。

さらに息子の一希(山本直寛)は旬平を連れ戻そうと、旬平が働いている食堂を訪れたことを明かします。結局旬平と会うことはできませんでしたが、通子はそんな一希と優美の手をとり「今が一番幸せ」と喜ぶのでした。

最初反抗的な態度をとってた優美もいつのまにか通子の味方になってるし・・・親子が一致団結していい雰囲気!

最悪な状況で最高に幸せな瞬間が訪れることもあるんだなぁ・・・。

あっさり戻ってきた旬平

相変わらず夜の宴会は再開できずにいた「花ずみ」。

しかしある日、旬平が前田に連れられて突然戻ってきたのです。

恋人に食堂を追い出されたという旬平は「でも追い出されたから戻ってきたわけじゃない」と通子に告げます。

旬平からの「悪かった」という言葉を聞いた通子は、「許すに決まってる」と笑顔に。

息子と娘も旬平のことをあたたかく迎え入れ、家族4人での平穏な暮らしが始まりました。

何年間も不倫していて離婚、店から失踪したあげく新しい愛人もつくってた旬平を簡単に許す通子のメンタルがすごい。

そして家族を捨てた父親をすんなり迎え入れる子供たちにも驚き。さすが通子の子供だ。

多衣を発見

行方不明になっていた多衣がようやく見つかりました。多衣は道の駅で働いていて、矢場もそこで一緒に働いていると言います。

そんな2人のもとを訪れた通子。

多衣は憑き物が落ちたように穏やかな表情をしていました。

最初、「ご主人をいただきにまいりました」なんて言ってた時の鬼のような雰囲気はどこにもありません。人ってこんなに変わるものなんですね~。

笠井の怪しい行動

通子のもとに、保釈された笠井から電話がかかってきました。

明日は笠井が携わったキャスパルホールがオープンする日。

笠井はその場所にこっそり来ていると話します。

今まで言いたいことを言えなかったと打ち明ける笠井。「しかし、言葉にも旬がある。旬の言葉を使わないと味気なくなる」と、結局言おうとしません。

最後に「頑張れよ」と通子を励まして電話を切ってしまいました。

謎の発言。意味深な言動をもっと怪しんだ方がいいよ、通子!

走り続ける通子

その晩、夢にうなされる通子を心配する旬平。通子から笠井の話を聞き、「笠井さんは死ぬ気なんじゃないか?」と。

「お前しか止められる人はいない」と送り出す旬平に、通子は「いいの?今度こそ命がけの浮気をするかもしれないよ」と告げます。

「それなら、俺の過去はチャラになる」と言う旬平の言葉を聞き、通子は笠井のもとへ走り出しました。

そのころ、飛び降り自殺をしようとしている笠井は、通子の電話番号を削除して携帯の電源をオフ。

多衣は、矢場の付き添いのもと無事に赤ちゃんを出産。

旬平は家で通子の帰りを待ちます。

「今度は私が笠井さんを守るから!」と通子は走り続けるのでした。

Twitterの反応

結局、通子は笠井さんを助けることができたのか?曖昧なラストでしたね。

みんなコロコロと気持ちが変わりすぎて共感できず。

ただ、昭和臭強めの演出が逆に新鮮で、最終話まで毎回楽しく見させてもらいました!

『あなたには渡さない』第1話 感想|昭和感あふれる愛憎バトルがいい感じに渋い

『あなたには渡さない』第2話 感想|水野美紀と萩原聖人のペアルックが違和感しかない

『あなたには渡さない』第3話 感想|愛人続出&変態画家の暴走で名言のオンパレード

『あなたには渡さない』第4話 感想|クセの強すぎる演技と発言に思わず吹き出しそうになる

『あなたには渡さない』第5話 感想|時代劇のようなセリフからの帯くるくる~で真相が明らかに!?

『あなたには渡さない』第6話 感想|妊娠、逮捕、新たなる愛人!?と盛りだくさん

関連記事一覧