• HOME
  • 話題のニュース
  • デヴィッド・フィンチャーが『デッドプール』ティム・ミラーとアニメシリーズを制作!

デヴィッド・フィンチャーが『デッドプール』ティム・ミラーとアニメシリーズを制作!

映画『セブン』『ゴーン・ガール』などを手掛けた鬼才デヴィッド・フィンチャーが、映画『デッドプール』のティム・ミラー監督とタッグを組み、アニメシリーズを製作することが明らかになった。

『Love, Death & Robots』

Netflixで制作されるこのアニメのタイトルは『Love, Death & Robots(原題)』。

SF、ファンタジー、ホラー、コメディなどいろいろなジャンルを混ぜ合わせた18話構成となるショートストーリーのアンソロジー作品だ。

ミラーのコメント

ミラーは、この作品についてこのように話している。

『Love, Death & Robots』の製作は私の夢でした。大好きなアニメと素晴らしい脚本の融合作品です。

深夜映画、素晴らしいフィクションの漫画、本、雑誌に、何十年も影響を受けてきました。

ですが、そう言った類のものは、私もオタクの一人ですが、オタク文化という種類のものだと追いやられてきました。

今回やっと、大人向けのアニメが大きな文化として語られるときがついにきたのです。

クリエイティブな世界が変わることをとても嬉しく思っています

制作総指揮にはフィンチャー、ミラーの他に、ジェニファー・ミラーやジョシュア・ドーネンが名を連ねる。

ミラーが“夢だった”と語る『Love, Death & Robots』。配信予定日の決定を楽しみに待ちたい。

関連記事一覧