雪の降る日に観たい!寒い冬におすすめの恋愛映画10選!

雪がちらつく寒い日は、素敵な映画を観て心も温めてあげましょう。

今回は冬にぴったりの恋愛映画10作品をご紹介します。

『天使のくれた時間』

あらすじ

成功を夢見て恋人ケイト(ティア・レオーニ)と別れ、ロンドンへと旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)。

13年後の今、ジャックは大手金融会社の社長として、優雅な独身生活を満喫していた。

クリスマス・イブの夜、自宅で眠りについたジャックだったが、翌朝目覚めると全く見知らぬニュージャージー郊外の家にいることに気づく。

隣で眠っているのは、なんと13年前に彼が冷たく縁を切った恋人ケイトだった。

愛の大切さを知るラヴ・メルヘン

ビジネスマンが “もうひとつの人生”を体験することで、本当の幸せに目覚める姿を描いた大人向けのファンタジー。

朝目覚めるとパラレルワールドのような場所に移動していた、というSF要素のあるストーリーになっています。

優しい空気感が作品全体に漂っているので、リラックスして観るのにぴったり。

とても美しいエンドロールにも注目していただきたい作品です。

ノクターナル・アニマルズ』

あらすじ

アートディーラーとして成功を収めているスーザン(エイミー・アダムス)は、夫ハットン(アーミー・ハマー)と裕福な生活をしていた。しかし、夫との関係はうまくいっておらず、心は空っぽ。

ある日、そんな彼女のもとに、20年前に離婚した元夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」という小説が届く。スーザンは、そこに書かれた不穏な物語に次第に不安を覚えていくが……。

別れた男女のサスペンスストーリー

世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが監督を務めるサスペンスドラマ。

インテリアやファッションなど、どのシーンを切り取っても芸術作品のような美しさがあります。

主人公スーザンのミステリアスな雰囲気も魅力的。赤いリップなど、冬を彩るようなメイクに目を奪われます。

元妻の心をかき乱す手段が“小説”という点が秀逸。

台詞ひとつひとつに作品を読み解くためのヒントが隠されているので、何度も繰り返し見たくなる作品です。

『めぐり逢えたら』

あらすじ

シアトルに住むサムは、妻を失い孤独な日々を過ごしていた。

8歳の息子は父を励まそうと、ラジオ番組で「パパに新しい奥さんを……」とリクエストする。

そんな切ないメッセージに心を動かされたのは、結婚を控えているボルチモアの新聞記者アニーだった。

運命の人とめぐり逢いたい

クリスマスがテーマの映画は数多くありますが、この作品は次の季節に移り変わるところがポイントです。

ストーリー展開、会話のテンポなど全てが軽やか。

クスッと笑えるシーンが随所に散りばめられているので、まったく飽きることなく観られます。

「いつかきっと運命の人に巡り逢うことができる」という言葉を信じたくなるようなストーリー。

ぜひ、作品のロマンチックな世界観に身をゆだねてみていただきたいです。

『エターナル・サンシャイン』

あらすじ

ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試すことに。

だが、クレメンタインを忘れたくないジョエルの深層意識は施術に反抗、自分の脳内の記憶を守ろうとする。

消したくても消せない記憶

SF的で非現実的な設定ではありますが、忘れたいと思っている記憶ほど消せないという問題は現実的で、多くの人が共感できるポイントではないでしょうか。

記憶がなくなっても本当に愛する気持ちは不変でまた2人を引き合わせる。そんなメッセージを感じました。

時間軸で変わるクレメンタインの髪色が特徴的です。

その髪色の意味に気づかないと内容がわかりにくいかもしれません。

少し難しく描かれた話ですが、見るたびに良さを感じる素敵な作品です。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

あらすじ

20歳の美大生・南山高寿(福士蒼汰)。

ある日、彼は電車で大学に行こうとしたところ福寿愛美(小松菜奈)という女性に出会い、一瞬にして心を奪われてしまう。

高寿は愛美に声を掛けるが、高寿のある一言を聞いた途端に愛美はなぜか涙を流す。その理由を尋ねることができずにいた高寿だったが、その後二人は付き合うことに。

周囲からもうらやましがられるほど交際は順調に進み、幸せな日々がいつまでも続くと考えている高寿。

だが、愛美から信じられないような秘密を打ち明けられる。

切なく美しいラブストーリー

冬の京都が舞台の美しい映画です。

不自然すぎる出会いに対する伏線回収が見事!

2人の切なすぎる運命と、ストーリーをそのまま歌にしたかのようなback numberの主題歌に涙が止まらなくなります。

福士蒼汰さんと小松菜奈さんの熱い演技も素晴らしい。

福士蒼汰さんの爽やかさは安定感抜群。

そして、小松菜奈さんの透明感が儚いストーリーによくマッチしていて、グッと引き込まれます。

男女問わずおすすめしたい青春ラブストーリーです。

『ラースと、その彼女』

あらすじ

幼いころのトラウマから人とのつながりを避けて生活し、毎日地味な仕事に従事する青年ラース(ライアン・ゴズリング)。

優しくて純粋な彼は町の人気者だが、ずっと彼女がいないために家族は心配していた。

そんなある日、彼はガールフレンドを連れて兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。

しかし、ラースが連れてきたのは、インターネットで注文した等身大のリアルドールだった。

雪降る田舎町の人々が温かい

町の人がとにかく優しくていい人なのが特徴的。

性格の悪い人は1人も存在しません。

舞台は寒そうな田舎町なのに、登場人物の温かいキャラのおかげで観ているこちらも心がほっこりとします。

最初、リアルドールを見た時は少しドキッとしますが、だんだん人形に命が宿っているように見えるのが不思議でした。

過去を乗り越えて前に進んでいくラースの姿に心を揺さぶられる、ハートフルな作品です。

『恋はデジャ・ブ』

あらすじ

TVキャスターのフィル(ビル・マーレイ)はある町を訪れたのだが、吹雪で足止めを喰ってしまう。

その翌朝、フィルが目覚めると昨日と同じ一日が始まる。さらに、その翌日も……。

同じ日を繰り返し体験していることに気づいた彼は、“過去”の経験を活かして愛する女性に告白しようとするが……。

退屈な毎日をどう生きるか

タイムループ映画の原点ともいえる名作です。

毎日が繰り返されるのをいいことに、やりたい放題の主人公がある女性に恋をしたことで変わっていきます。

その姿を見ていると、“1日”が何度繰り返されるとしても、それを楽しむことが大切だと感じました。

毎日同じように感じる日常でも、気持ち次第で自分を変えることができる。そう教わったような気がします。

気難しいひねくれ者のようなフィル役を、味のある演技で見事に表現するビル・マーレイの魅力にも注目です。

『あと1センチの恋』

あらすじ

イギリスの田舎町に住むロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。

友達以上、恋人未満の関係である彼らは一緒に故郷を離れて、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束していた。結果は二人とも見事合格。

ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。

アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘するが……。

幼なじみへの恋心

小さいころから一緒に過ごしてきた幼なじみの2人。

「好き」と言えるチャンスはたくさんあったはずなのに、すれ違いを重ねる姿がもどかしい!

別の人と付き合ってみたり、タイミングが合わなかったり・・・

じれったいと思いながらも、心のどこかで「あるある!」と共感してしまうようなシーンに引き込まれていきます。

そして、背景に流れる音楽や、可愛らしいファッションも魅力的なので注目していただきたいですね。

好きな人に想いを伝えたくような作品です。

『抱きしめたい 真実の物語』

あらすじ

高校時代に遭った交通事故で奇跡的に助かったものの、左半身と記憶能力に後遺症が残ったつかさ(北川景子)。

そんな過酷な状況でも明るく前向きなつかさに、タクシードライバーの雅己(錦戸亮)は一生愛すると誓い真剣に付き合う。

多くの障壁を乗り越えて結ばれ、小さな命を授かった2人。しかし、そんな幸せ絶頂の時に非常な試練が立ちはだかった。

心を締め付けられる純愛

真冬の北海道・網走の白銀の世界で繰り広げられる実話をもとにしたストーリー。

ちょっとツンデレだけど笑顔が可愛いつかさ役を北川景子さんが好演。

そんなつかさを支える雅己を演じる錦戸亮さんも、自然体の爽やかな演技で好印象。

2人とも役にハマっていて、とても魅力的です。

特に、メリーゴーランドでのキスシーンが印象的。

うっとりしてしまうほど可愛らしく素敵なシーンなので、注目していただきたいです。

とても悲しい物語ですが、2人の深い愛にきっと心が温かくなるでしょう。

『ホリデイ』

あらすじ

ハリウッドの映画予告編製作会社の社長アマンダ(キャメロン・ディアス)と、ロンドン郊外で新聞社に勤めるアイリス(ケイト・ウィンスレット)。

クリスマス直前になってそれぞれ恋に破れた2人は、ネットを介して“ホーム・エクスチェンジ”をすることに。

アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立つが……。

幸せで夢のようなラブコメ

まるでおとぎ話のようなラブロマンス映画。

終始スッキリした気持ちで観ることができるので、気持ちが疲れている時に観るのにもぴったり!

悲しい思いも、辛い思い出も、時間が経てば溶けていくはず。

彼女たちが人生を変えていく様に恋する勇気をもらいます。

展開はベタですが、観終わった後に間違いなく幸せな気持ちになれる作品です。

寒い冬の日に観てパワーを充電しましょう!