『家売るオンナの逆襲』第1話|松田翔太と千葉雄大 まさかのBL展開!?

北川景子さん主演の大ヒットドラマ『家売るオンナの逆襲』が帰ってきました!

サンチーが言い放つ「GO!」のカッコよさは健在!

さらに今シリーズから登場した松田翔太には、まさかの恋の予感が・・・!?

【第1話】

天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)と、その夫にして課長の屋代(仲村トオル)は、古巣・テーコー不動産からの熱烈ラブコールに応えて新宿営業所に戻ってくることに。

復帰早々家爆売りモード全開の万智は自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加)が担当していた客・花田夫妻に目をつける。夫の定年退職を機に住み替えを希望しているものの、わがままな専業主婦の妻・えり子(岡江久美子)は何かと物件にケチをつけて決めない様子。万智と庭野はえり子から本当は熟年離婚をしたいと打ち明けられる!

一方、新宿営業所には炎上系YouTuberのにくまる(加藤諒)が来店し、担当した足立(千葉雄大)に『世間から自分を守る家』を探して欲しいと話す。その夜、足立は趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治(松田翔太)に出会い…。

翌日、花田夫妻に家を売ると宣言した万智は離婚を希望していたはずのえり子をとある物件に案内する。さらに万智は、あることがきっかけで担当を降ろされた足立に代わり、にくまるの家も売ると宣言!失意の足立は、留守堂が同業の不動産屋であると知り、心を許して…。無敵の家売るオンナ・三軒家万智の前に最強の家売るオトコ・留守堂謙治が立ちはだかろうとしていた!!

「GO!」がパワーアップ!

三軒家チーフ(サンチー)と言えば、部下などに指示する時の「GO!」が口癖。

今回もドラマが始まって早々に懐かしの「GO!」が聞けました!

テレビの前で「よっ!」と拍手を送りたくなる迫力。

前シリーズと変わらない・・・というか、むしろパワーアップしてる!?

あの眼力は北川景子さんならではですね。

サンチーの派手×キレイめファッションも個人的に大好きです。

赤いコートに蜂みたいな配色のファーとか、インパクト強すぎ!絶対に自分は着こなせないな~。

実際に自分を担当してくれる不動産屋さんがヒョウ柄のコート着てたら・・・なんて冷静に考えると、結構ビビりますが(笑)

次回からのファッションも楽しみです。

まさかの恋の予感・・・?

今回の新シリーズから新たに加わったキャスト・松田翔太さん。

『花より男子』で演じた西門総二郎さんを彷彿とさせる雰囲気で登場。

王子様感がすごい!

王子様と言えば、テーコー不動産の千葉雄大さん。相変わらずキラキラしています。

そんな千葉雄大さんはフェンシングクラブで松田翔太さんと知り合いに。

松田翔太さんが落としたハンカチのニオイをクンクン…

2人で飲みに行った先では優しく相談に乗ってもらって…って、まさかのBL展開!?

王子様感あふれる2人に恋の予感なんて・・・これは見守っていかなければ。

それにしてもこのツーショット、美しすぎる!

いろいろあったイモトアヤコ

テーコー不動産を辞め、BARちちんぷいぷいでバイトをしていた白洲(イモトアヤコ)。

頭にはリボン。なんだかぶりっ子キャラがパワーアップ。

しかも、離婚してシングルマザーになっていたという驚きの展開!

いろいろあったんでしょうね・・・。

前クールの『下町ロケット』でトランスミッションを開発していた人とは思えません。

ステキな女優さんだ。白洲キャラも好きですよ。

Twitterの反応

https://twitter.com/qqmoonlightpp/status/1083022732629962754

https://twitter.com/Tetsu0517Ldh/status/1082997191814205440

第1話まとめ

“前作よりパワーアップ”と謳われていた今シリーズですが、納得の第1話でした。

まず、それぞれのキャラがさらに濃くなってる。

そして、家を売ることに人並外れた才能を持っているサンチーの前に現れた留守堂(松田翔太)の存在。

これから留守堂がサンチーにどう絡んで展開していくのかが見どころですね。

あとは、留守堂と足立チーフ(千葉雄大)の恋の予感も気になるところ。

ツーショットに目を保養させてもらいながら、2人の関係の進展を見守っていきたいと思います。