映画のあれやこれ

日本最大のヒット作『千と千尋の神隠し』この映画が大ヒットした理由とは?

更新日:

日本で一番売れた映画はなんだろう。

気になって映画の興行収入ランキングを調べたことがある人は多いでしょう。

そこで何年も一位の座にいるのがジブリ映画『千と千尋の神隠し』

その興行収入は308億円。

二位のタイタニックが262億円にたいして40億円以上の差があります。

そこまで大ヒットした理由は、どこにあるのだろうか。

今回はその疑問について考察をしていこうと思います

千と千尋の神隠しはどれだけヒットしたのか

まずは千と千尋の神隠しがどれほどのヒットだったのか。

今一度確認してみようと思います。

まず、最近の大ヒット映画である「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入は現時点で100億円程度。

これでも大ヒットなのだが、千と千尋の神隠しはこの三倍の興行収入を得ています。

さらに海外でも大きなヒットを打ち出し、約330億円の興行収入を得ることに成功に至りました。

そして金額的な面だけではなく、印象にも残る映画だということも証明されているんです。

アメリカのサイトが選んだ「21世紀のアニメーション映画ベスト50」では第一位。

BBCが出した「21世紀の偉大な映画100選」では第四位を獲得。

世界でも非常に高く、世界的なヒットを納めた作品であることが分かりますよね!

では、そのヒットの秘訣を3つを話していきます。

ストーリーが観客の心を掴んだ

ストーリー

何より『千と千尋の神隠し』のストーリーや世界観が良かったことは大ヒットには欠かせない条件。。

簡単にストーリーを説明すると、以下の通り。

精霊の世界に迷い込んでしまった千尋たち家族。
そこでの悪行により、豚に姿を変えられてしまった両親。
その両親を取り戻す中で、成長していく彼女とその友愛を描いたファンタジー。

多くのキャラクターと接するうえで心を成長させていく彼女を見ているのが非常に楽しかったですよね。

それに加え、主人公の千尋が普通の女の子だったという点もこのストーリーにおいて重要だったのかもしれません。

登場するキャラクターはほとんどが精霊で、何かしらの魔法?のようなものを使えます。

その中で、普通の女の子が努力し、周りを変え、自分を変えていくストーリーがヒットの要因になっているのではないかと考えられます。

涙があふれる感動の映画ではないですが、人々の心に訴える何かがあったのでしょう。

世界観

そして『千と千尋の神隠し』は八百万の神の国の日本ならではの世界観で、日本人の心には懐かしさや安らぎを、外国人の心には新鮮さと新しい発見を与えてくれました。

『千と千尋の神隠し』が感動大作ではないのに大ヒットした理由として、

「千尋が迷い込んだ精霊の世界を観客も一緒に楽しめた」という点も非常に大きいでしょう。

  • 両親が豚になってしまった屋台の数々。
  • 壮大な「油屋」の建物やその作り。

この映像を見た瞬間に、千尋と同じように私たちも精霊の世界に入り込んでしまったんです。

さらに、一種の恐怖を感じるシーンも多く、異世界にいる怖さも世界観を強める要因となっています。

そして、この世界観の強さこそが、映画を観終わったのにその世界について知りたくなったり、その世界の謎を解明したくなったりするんです。

『千と千尋の神隠し』の考察が多さがこの理由の現実味を増していると思います。

以上のように、国籍も年齢も関係なく、多くの人々の心を掴むストーリーや世界観が『千と千尋の神隠し』大ヒットの要因となっているでしょう。

魅力が多いキャラクターと千尋の成長

『千と千尋の神隠し』のストーリーの大筋で最も重要なのが「千尋の成長」。

それに大きく関与しているのが魅力的な登場キャラクターです。

千尋の成長に一番関与しているのは「カオナシ」でしょう。

カオナシはそんな存在が千尋という友達のためなら、悪事でもやってしまう。
それを拒否されると怒り狂い、暴れだすという理性を持たない存在。

化け物のような存在が「友達も家族もいない、そして名前も無い」油屋にいる千尋と似たような境遇にあるということ。

引っ越しをしてふさぎ込んでしまった精霊の世界に迷い込む前の千尋の内面のようです。

千尋にとって最も近いキャラクターといってもいいでしょう。

そんな弱い自分の投影であるカオナシに対して、千尋はどんなに危険な存在であろうとも逃げ出さず、突き放さず、優しく守ってあげます。

これにより、自らの弱さを許し、克服することで千尋の成長を描いています。

このように、魅力的なキャラクターに接することで千尋自身の成長し、引っ越しに落胆する前の自分を取り戻す姿が胸を打つのです。

人を通じて成長していくというメッセージが強く籠められていますよね。

商業的な広告・タイミングがよかったから

最後に挙げるのが、公開のタイミングについてです。

『千と千尋の神隠し』の前作には、ヒット作「もののけ姫」が公開されました。

それにより、元々多かったジブリファンが急増。

数にすると、1,400万人以上の新規ジブリファンを大幅に増やすことに成功しました。

このようにジブリファンを多く獲得した後の作品だったことが、大ヒットの要因の1つと考えられます。

次に挙げられるのが宣伝の量。

『千と千尋の神隠し』の宣伝では、これまで行っていなかったコンビニとのタイアップで本格的なキャンペーンを展開し、32万枚の前売り券を売り上げることに成功。

さらに地方の小さな町にまでジブリの宣伝チームが訪れたり、広く大きな宣伝を行った事が大ヒットに繋がりました。

このように前作の「もののけ姫」よりも宣伝の量を倍にしたことも要因の1つでしょう。

さらに、シネコンなど大規模な映画館が増えてきて、気軽に映画を観に行ける環境になったことも要因に挙げられると思います。

以上のように、公開のタイミング良く、広告の方法・量が多かったため大ヒットしました。

最後に

大ヒットした作品は『千と千尋の神隠し』にも「君の名は。」などいろいろな作品があります。

そして、大ヒットした理由は作品が良かったからという理由もありますが、それ以外にも多くの要因が重なって大ヒットに繋がっている事が多いんです。

作品を楽しむことは映画の醍醐味ですが、ヒットの理由や作品の背景やテーマを深く知ることでその映画がもっと楽しくなりますし、その作品へのリスペクトにもなるでしょう。

自分が好きな作品について様々な方向から調べてみてもきっと楽しいですよ。

-映画のあれやこれ

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.