『マスカレード・ホテル』刑事&ホテルマンの木村拓哉はやっぱり最強だった

大ヒット公開中の映画『マスカレード・ホテル』

初の刑事役を演じる木村拓哉さんとヒロイン・長澤まさみさんがダブル主演を演じています。

※ネタバレなし!

作品概要

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化したミステリードラマ。

『HERO』シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、『ライアーゲーム』シリーズの岡田道尚が脚本を担当。

連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテルを舞台に、エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追う。

あらすじ

現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。

警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。

だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。

優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。

利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。

木村拓哉のスター性

映画を観終わって1番最初に思ったこと・・・やっぱ、キムタクかっこいいわ!

私は特別、木村拓哉さんのファンというわけではありません。

それでも印象に残る木村さんの圧倒的な存在感。やっぱり、すごい。

本作で木村さんが演じるのは、ホテルマンとして潜入捜査をする刑事の役。

2つの顔が見られるんですから、ファンの方にとってはたまらないですね。

今まで数多くの作品で様々な職業を演じてきた木村さんですが、意外にも刑事役は初めてとのこと。

ゆるふわでボリュームのある髪型に口髭というワイルドな刑事の姿、かなり素敵。かなり好み。(個人的意見です)

決してだらしない雰囲気にならないところは、木村さんの端正なお顔だからこそですね。

一方、ホテルマンになりきっている時は、全く違うビジュアルに変わります。

七三に分けてサイドを刈り上げた、スッキリとした髪型。口髭はありません。

七三って昔は“ザ・おじさん”のイメージがありましたが、こんなにかっこよくなるんですね~。しみじみ。

 

渋さも増して、とにかくかっこいい木村拓哉。もうこれだけで相当満足できるとは…、木村さんのスター性を改めて実感しました。

みんなが怪しい

木村拓哉さんだけで満足できる…と言いましたが、映画の内容が薄いというわけでは決してありませんよ!

そこは東野圭吾・原作ですからね。見ごたえは間違いないです。

注目すべきは、ホテルに現れる登場人物たち。

悲しみを抱え、憎悪でかき乱す生瀬勝久さんのようなキャラクターもいれば、幸せに満ち溢れた前田敦子さんのようなキャラクターもいます。

そんな個性豊かな登場人物たちを演じるキャストの演技力がそれぞれ際立っているので「この人が犯人?」「いや、この人も怪しい」と、観る者は惑わされてしまうのです。

 

誰が犯人なのかわからない。でも、確実にこの中に犯人がいる。

このワクワク感が、本作のおもしろいところ。ラストシーンまで目が離せません!

豪華セット

映画の舞台は、一流ホテル「ホテル・コルテシア東京」。

これが東宝スタジオに建てられた美術セットだなんて、まったく信じられません。

まるで自分が一流ホテルの中にいるかのようなリアリティ。

贅沢な気分になれる豪華さです。なんだかありがたい。

ホテルの作りがシンメトリーなのは、鈴木監督ならではですね。

まだ作品を観ていない方は、セットの細かい部分にも注目してみてください!

世界観に酔いしれましょう!

豪華絢爛なセットと、翻弄させられるミステリー。

そして、主演を務める木村拓哉さんのぶれないかっこよさ。

この圧倒的な世界観に引き込まれること間違いなしです。

ちなみに、劇中には明石家さんまさんが特別出演していますので、そこにも注目してみてくださいね。(私は見つけられませんでした…)

【関連記事】

一番カッコいい『木村拓哉』作品は何だ? ~映画編~

名作揃い!木村拓哉のドラマおすすめランキングTOP10!