松坂桃李・主演『娼年』が想像をはるかに上回る衝撃作だった

2017年に公開された、松坂桃李さん主演の話題作『娼年』。

「ヤバすぎる」という噂を聞いたので、勇気を出して実際に観てみましたよ!

結果・・・いろんな意味で想像以上。「事件」と言っても過言ではない衝撃作でした。

※ややネタバレあり

作品概要

石田衣良の同名小説を監督・三浦大輔×主演・松坂桃李のコンビで映画化。

退屈な生活を送っていた主人公が「娼夫」として成長していく姿を描く。

あらすじ

大学での生活も退屈し、バイトに明け暮れ無気力な毎日を送っているリョウ(松坂桃李)。

ホストクラブで働く中学の同級生シンヤ(小柳友)がリョウのバイト先のバーに連れてきたホストクラブの客、御堂静香(真飛聖)。彼女は秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせ、リョウは静香の店で働くこととなる。

「娼夫」という仕事に最初は戸惑うリョウだったが、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていく。

リョウは彼を買った女性たちの欲望を引き出し、そして彼女たちは自分自身を解放していった。

衝撃的すぎる松坂桃李

まず、1番の衝撃だったのは、主演・松坂桃李さんの脱ぎっぷり。そして、濃厚すぎる濡れ場の数々。

セクシーなシーンが結構多いんだろうな・・・なんて想像は、物語が始まってすぐに打ち砕かれました。

“セクシー”なんて可愛いものじゃない。“結構多い”なんてレベルじゃない。

びっくりするくらい過激で生々しいシーンが、全編にわたって繰り広げられます。

R18+だし、公開当時はかなり話題になっていたので、ある程度心の準備はしていたはずなのですが・・・衝撃的すぎて思わずフリーズしてしまいました。

 

この作品のラブシーンについて「アダルトビデオを見て研究した」と語っていた松坂桃李さん。

観て納得。半端ではない“覚悟”が画面を通してひしひしと伝わってきます。

美しすぎる裸体も見事。艶めかしさも見事。

クリームシチューのCMに出演している、あの純朴そうな青年と同一人物であることが信じられません!

特に熱烈なファンというわけではない私でさえ心臓バクバクなのですから、ファンの方は耐えきれないのではないでしょうか?反応が気になるところです。

溢れ出す欲望と苦悩

この作品には、松坂桃李さん演じるリョウをお金で買う数多くの女性が登場します。

抱える事情、悩みは人それぞれ。

抑えきれない欲望をリョウにぶつける女性たちの心の痛みが伝わってきて、胸が苦しくなりました。

 

例えば、いつもバーでリョウにお酒をご馳走になっている白崎恵(桜井ユキ)。

彼女は大学の同級生であるリョウに恋心を抱いています。

でも、リョウが娼夫をしていることを知って怒り悲しむ恵。

「最低!クソ野郎!」なんて言ってたのに、結果的に彼女はリョウを指名するのです。

大好きな人をお金で手に入れてしまった悲しさ。

痛くて、苦しくて、思わず泣きたくなってしまいました。

 

さらに、リョウを指名したのが70歳の老女(江波杏子)だった時は衝撃が走りました。

上品な老女が見せる女の顔。

女は何歳になっても女なのか・・・同じ女性としてはなんだか考えさせられるエピソードです。

唯一の男性が1番ハードだった件

劇中でリョウが相手をしたのは、女性だけではありません。

クラブ「パッション」のNo.1であるアズマ(猪塚健太)といきなりのBL展開になります。

しかも、アズマはなかなかの変態。

痛いのが大好きとのことで、リョウに「小指の骨を折ってほしい」とリクエスト。これまた衝撃的です。

痛いシーンがかなり苦手の私。ここだけは見られませんでした・・・。

幻想的な映像美

前述したように、この作品はほとんどのシーンが濡れ場です。感覚としてはおよそ8割。

生々しくて過激。しかし、どのシーンにも美しさがあるのです。

 

濡れ場の撮影には“今までになかった”手法が用いられています。

それは、すべてのシーンで画コンテを作成するという途方もないもの。

さらに照明などを調整するためにビデオコンテを制作。リハーサルには4~5日もの時間が費やされました。

本番の撮影では、感情と肉体同士の会話を重視。

松坂桃李さんと女性の感情を拾うために、狙っているシーンの少し前から撮影するという作業を何度も繰り返したと言います。

実際の映像は、まさに三浦大輔監督が「性描写に一切妥協せず」と明言していた通りのものになっていました。

リアルなのに幻想的。まるで夢の世界にいるかのような美しい世界観にのみ込まれます。

衝撃の裏にあるドラマ

衝撃な性描写ばかりが取り上げられがちのこの作品。

しかし、松坂桃李さんが演じるリョウの心の動きや、女性たちが抱えるそれぞれの欲望と苦悩に焦点を当てると、すごく考えさせられるものがあります。

ちなみに、私は2回目の鑑賞でこの作品の人間ドラマや美しさに気づくことができました。1回目は衝撃の方が勝ってしまったので…。

ぜひ、みなさんにもリピートして観ていただきたい!

そして、『娼年』の決して“エロい”だけではない世界観に酔いしれていただきたいです。

【関連記事】

俳優・松坂桃李の個性が輝くおすすめ映画10選!