『映画刀剣乱舞』感想 ネタバレ厳禁!? 衝撃と感動に打ちのめされる

公開規模は小さいながら大ヒットを記録している『映画刀剣乱舞』

この衝撃と感動は、ぜったいにネタバレなしで観ていただきたい・・・!

※もちろん、ネタバレなしの感想です!

作品概要

原案は、刀剣を擬人化した「刀剣男士」を率い歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞 ONLINE」。

今までに、アニメ、ミュージカル、舞台など数多くのメディアミックスを成功させてきた大人気コンテンツが、ついに初の実写映画としてスクリーンに登場する。

監督は、映像美に定評がある気鋭・耶雲哉治。脚本は『進撃の巨人』などを手掛ける小林靖子が担当。

あらすじ

天正十年六月二日 京・本能寺。

織田信長を本能寺の変から逃し、歴史の流れを変えようと企む時間遡行軍の企みを阻止したはずの刀剣男士たち。

ところが、帰還した彼らのもとに「織田信長生存」の一報が届いた。

本来の歴史を取り戻すため、刀剣男士たちは再び過去へと出陣するが、信長生存の影には怪しい影がうごめき、時間遡行軍も立て続けに歴史に介入してくる。

やがて、彼らの本当の狙いに気付いた三日月宗近は……。

2.5次元の世界観

正直、私は2.5次元作品を今までまともに見たことがありませんでした。

特に苦手意識があったわけではないのですが、なんとなく視野に入ってこなかったんです。

ただ、今回『映画刀剣乱舞』を見て思いました。

めちゃくちゃかっこいい・・・!

まるで、ゲームの世界から飛び出してきたかのような刀剣男士たち。

これが2.5次元というものか・・・と感動すら覚えました。

 

美青年が素敵な衣装を着てアクションをしていれば、そりゃかっこいいに決まってます。当たり前です。

でも、この作品に登場する刀剣男士たちは決してビジュアルがいいだけではありません。

喋り方、所作、表情…全てにおいて、それぞれのキャラクターへの愛が伝わってくるのです。

キャラクターにアプローチするために、並々ならぬ努力をしてきたのだと思います。

それが垣間見えるようなクオリティーの高さでした。見事です!

圧巻のアクションシーン

本作の見どころの1つでもある殺陣も素晴らしかったです。

スピーディーで迫力があり、刀の美しさもしっかりと際立つ仕上がり。

まるで時代劇のような雰囲気のアクションシーンでした。

後から知りましたが、キャスト陣は舞台版にも出演している俳優さんなんですね。

納得の身のこなし。

ほとんど予備知識がない状態で鑑賞した私は、ただひたすら圧倒されてしまいました。

脚本の素晴らしさ

本作の脚本を担当したのは、『進撃の巨人』『仮面ライダー電王』など数々のアニメ作品や特撮テレビドラマ作品を手掛ける小林靖子さん。

本当にもう…最高の脚本でした!

心がザワザワとするような不穏な展開、からの見事な伏線回収。

小林靖子さんの素晴らしさ全開!といった感じのシナリオです。

もちろんオリジナルの設定はそのままですが、丁寧に説明も入るので原作を知らない方も十分楽しめるかと思います。

西川貴教×布袋寅泰の豪華コラボ

私がこの作品を観たきっかけは、単純にストーリーが面白そうだと感じたことと、予告で流れていた主題歌です。

これがとにかくかっこいい!

ボーカルは西川貴教さん。そして、作曲とギターを布袋寅泰さんが担当しています。

なんて豪華なコラボレーションなのでしょう。

タイトルは「UNBROKEN(feat.布袋寅泰)」

まさに『映画刀剣乱舞』の世界観を表現したかのような、艶やかさと切れ味のよさが魅力的。

この楽曲が刀剣男士たちのスピーディーなアクションと合わさったとき、鳥肌が立つほどの圧倒的な世界観に思わずのみ込まれてしまうはずです。

『映画刀剣乱舞』の魅力に酔いしれましょう

2.5次元の世界観にあまり興味がない方、原作を知らない方にも自信をもっておすすめできる作品です。

ネタバレなしでは魅力が伝えきれず、もどかしい・・・。

ぜひ、衝撃と感動がつまったストーリーと美しい世界観を劇場で味わってみてください!

関連記事一覧