• HOME
  • おすすめ作品
  • 半沢直樹が好きなら絶対興奮する!『七つの会議』は働くものを奮い立たせる名作となるか?

半沢直樹が好きなら絶対興奮する!『七つの会議』は働くものを奮い立たせる名作となるか?

2019年2月1日に公開された映画『七つの会議』。

池井戸潤の同名小説を、歌舞伎役者の野村萬斎を主演に向かえて実写化した作品です。

実はテレビドラマ化もされており、2度目の実写化となりました。

今作は、日本の中堅メーカーに起きた企業犯罪をテーマに、働く人の悩みや葛藤、企業の矛盾など描いた、痛快な王道エンターテインメント映画です。

物語もさることながら、出演している俳優陣がとにかく豪華!

野村萬斎や香川照之をはじめとした、とにかくカッコいいおっさん俳優陣が名を連ねています。

ベテラン俳優が名を連ねた豪華俳優陣!

『七つの会議』の出演俳優はとにかく豪華!

野村萬斎・香川照之・及川光博
片岡愛之助・音尾琢真・藤森慎吾
朝倉あき・岡田浩暉・木下ほうか
吉田羊・土屋太鳳・小泉孝太郎
溝端淳平・春風亭昇太・立川談春
勝村正信・世良公則・鹿賀丈史
橋爪功・北大路欣也

見ての通り、渋すぎる豪華なベテラン俳優ばかりが主演しています。

出演者を見ただけでもこの映画への期待が高まりますよね!

そして、名前を見て分かるようにほとんどが池井戸潤原作の映画やドラマに出演されていた人ばかり。

おなじみの役者が揃ったと言っても良いでしょうね(笑)

”個性的”かつ”情熱的”な演技が光る!

これだけの俳優陣が揃っているので、それぞれの演技合戦も楽しかったです。

まずは野村萬斎と香川照之などの歌舞伎役者の演技。

歌舞伎特有の”ゆったり”というか”ネットリ”とした口調や勝負所で見せるド迫力の演技には言葉も出ません。

さらに野村萬斎が演じる八角民夫は、表面では「ぐうたら社員」。
しかし、信念を貫ける強い心を持っているサラリーマン役。

いささかカッコよすぎる気もしますが、癖のある役を完璧に演じてくれたと思っています。

ちなみに、香川照之の顔芸もあるのでぜひ劇場の大画面で見て頂きたい…(笑)

もちろんその他の俳優陣も、ベテランならではの染みるような演技を見せてくれました。

それぞれの表情は物語の緊迫感を増幅させましたし、爆発しないまでも沸々と湧き上がる情熱的なセリフのテンポなど、若手俳優では出すことができない味がありました。

2時間と短い時間でそれぞれのキャラクターが確立したというのは、やはり演者の力があってこそ。

この映画は、実力のある俳優陣でなければ、成立しないものだったのかもしれませんね。

半沢直樹、下町ロケットが好きなら必ず楽しめる物語!

池井戸潤原作の作品といえば、ドラマ好きなら見ていない人がいないほどの有名作ばかり。

その反響も素晴らしく、半沢直樹では社会的なブームを作り出し、下町ロケットはシーズン2まで制作され、ラストは正月の特別ドラマで放送されました。

これらのドラマが好きだという人も多いのではないでしょうか?

そんな池井戸潤原作ドラマが好きな方、特に「半沢直樹」が好きな方には「七つの会議」は非常におすすめ。

本作は、古くから存在する会社という組織の中での、不正や隠蔽を繰り返す悪しき企業と戦う物語。

そして池井戸潤作品といったらこれ!という展開が今回も繰り広げられます!

池井戸潤作品といったらこの展開は外せない!

池井戸潤作品の良さは、正義が悪を打ち負かすという痛快なストーリー!

悪役はどこまでいっても悪役。

正義はどこまで言っても正義。

企業の不正という重い題材ですが、こういった単純明快な大筋があるおかげで誰しもが楽しめて、ラストは清々しい気持ちになれます。

しかし、「あいつが黒幕だろ」という展開を裏切ってきたり、「ラストはこうなるのか…」といった驚きもあるので、池井戸潤作品は面白い。

さらに今までとは違い、約2時間ほどの映画のため”上手く行き過ぎ感”は否めませんが、テンポが良く飽きさせない作りになっているので単純に物語を楽しめる作品になっていますよ!

作品概要

あらすじ

都内にある中堅メーカー・東京建電。
営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)は会議中に居眠りをしてしまうほどの“ぐうたら社員”。
トップセールスマンである課長・坂戸(片岡愛之助)からはその態度や職務怠慢に叱責されるが、最低限ノルマを果たすだけで、定例の営業会議では傍観するだけ。
絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める”結果主義”の方針の元で社員が死に物狂いで働く中、諦観とした日々を送っていた。

そんな日常が進んでいたある日、突然社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。 そして、下された異動処分。
訴えた当事者は年上の部下、八角だった。
北川の信頼も厚いエース・坂戸に対する、会社の不可解な裁定に揺れる社員たち。

そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として着任する。
会社の“顔”である営業一課で、成果を奮わせることができず、場違いすら感じていた原島。
誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
しかし、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

出演者

八角民夫:野村萬斎
北川誠 :香川照之
原島万二:及川光博
坂戸宜彦:片岡愛之助

スタッフ

原作:池井戸潤
監督:福澤克雄

予告動画


関連記事一覧