人気沸騰中!俳優・横浜流星のプロフィール&出演作まとめ

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』やドラマ『初めて恋をした日に読む話』の出演で人気沸騰中の俳優・横浜流星さん。

まるで少女漫画の世界から飛び出してきたかのような端正なルックスと爽やかさで、数多くの女性を魅了している今大注目の若手俳優さんです。

そんな横浜流星さん、実は極真空手の世界チャンピオンだった・・・?

気になるプロフィールと主な出演作をまとめました!

横浜流星

プロフィール

  • 生年月日:1996年9月16日(22歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:174cm
  • 血液型:O型
  • 事務所:スターダストプロモーション

略歴

小学6年生のとき、家族と一緒に初めて行った原宿でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属する。

ファッション雑誌「ニコプチ」のメンズモデルを務めた後、公開オーディションを経て2011年より「nicola」のメンズモデルに。メンモ人気投票1位を獲得し、メンモとして初の誌上連載を持った。また、同年に『仮面ライダーフォーゼ』で初のテレビドラマ出演を果たす。

2015年3月に「nicola」のメンズモデルを卒業。

2017年、「GReeeeN映画プロジェクト」の第1弾映画『キセキ -あの日のソビト-』で演じたグリーンボーイズ名義でCDデビュー。

さらにその翌年には、『今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)』でソロデビューを果たした。

「空手」世界一の実力

横浜流星さんが小学1年生の時に習い始めたのが「空手」。

極真空手の初段を持っています。

そして、中学3年生の時に出場した「第7回国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部」で優勝!素晴らしい経歴です!

 

世界一に輝いた実力を持っていながら、スカウトされたことがきっかけとなり俳優の道に進むことを選んだ横浜さん。

ここからは、過去に出演した映画の中から特におすすめの作品をご紹介していきます!

『全員、片思い/イブの贈り物』(2016年)

ある日、美里(橋本マナミ)が介護士として勤務する介護施設に、見習いとして穣(横浜流星)がやってきた。

心優しい彼はあっという間に施設の人々の心をつかむ。そして、頑固者として有名な入所者・静(星由里子)も穣にだけは心を許したのだった。

美里は、穣と仲むつまじく過ごす静の最期の日々を見守りながら、自身も穣への思いを募らせていく・・・。

「片思い」がテーマの短編作品を集めたオムニバス『全員、片思い』。

ラジオパーソナリティの三崎遥(加藤雅也)が7週連続切ない片思いの特集をするという設定で、計8作の物語が描かれています。

 

横浜流星さんが出演するのは第7週目の物語『イブの贈り物』。橋本マナミさんとW主演を務めます。

横浜さん演じる穣は、一人で生きる寂しさを知っているからこそ、施設にいる人たちを家族の様に思う優しさがある青年。

介護士になりきる彼の好演ぶりと、初挑戦したというフランス語での会話が注目のポイントです。

『キセキ -あの日のソビト-』(2017年)

厳格な父親の下を飛び出して音楽の道に進んだジン(松坂桃李)だったが、なかなか思うようにいかない。

あるとき、父の期待に応え歯科医を目指していた弟のヒデ(菅田将暉)と仲間に音楽の才能があることに気付き、彼らに自分の夢を託すことを決める。

そして、歯科医を目指しつつ音楽も諦めたくないということを父親に言い出せないジンとヒデは、顔を出さずにCDデビューしようと考えるが……。

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の映画プロジェクト第1弾。

名曲「キセキ」の誕生秘話を描く青春ドラマです。

 

GReeeeNのメンバー、ナビを演じる横浜流星さん。

もともと歌は苦手だったということですが、2ヶ月間にも及ぶボイストレーニングによって克服。劇中では高音の伸びやかな歌声を披露しています。

ライブシーンでのソロパート、そして「グリーンボーイズ」のメンバーと楽しそうに歌う横浜さんの姿に注目です。

『天使のいる図書館』(2017年)

葛城地域の図書館に、大学を卒業したばかりの新人女性司書・さくら(小芝風花)が赴任してくる。

初めての職場や慣れない環境に戸惑うばかりの彼女だったが、ある老婦人の探しものを手伝うために葛城地域を巡るようになり、地域の歴史や文化を再発見していく。

さらに、おおらかで純朴な地元の人々との出会いを通して様々なことに気づき、人間的に成長していく。

奈良県葛城に実在する図書館を舞台に描くハートフルな人間ドラマです。

 

横浜流星さんが演じるのは、なんと “ストーカー”役!

主人公のさくらをつけまわす謎の男・幸介を演じています。

何気ない目線や行動が独特で絶妙に気持ち悪い・・・その“ストーカー”っぷりは見事。

 

また、悠久の歴史を刻む里の、春夏秋冬の美しい風景も見どころです。

『honey』(2018年)

小心者で不良が大の苦手な小暮奈緒(平祐奈)は、高校の入学式の当日に上級生と新入生のケンカに遭遇してしまう。

真っ赤な髪で鋭い目つきをした新入生は、超不良として誰もが恐れる鬼瀬大雅(平野紫耀)だった。

ある日の放課後、鬼瀬からの突然の呼び出しに奈緒が体育館裏へと向かうと、鬼瀬の口から飛び出したのは、奈緒との結婚を前提にしたプロポーズ。鬼瀬の怖さに負けて断ることができない奈緒は鬼瀬と付き合うことに。

最初は鬼瀬の一挙一動に震え上がっていた奈緒だったが、見かけや噂と異なり、鬼瀬が人一倍やさしく純粋であることを知った奈緒の中に徐々に鬼瀬への思いが芽生えていく。

目黒あむの同名コミックを実写映画化した青春ラブストーリー。

 

横浜流星さんは、主人公・鬼瀬のクラスメイト・三咲渉を演じています。

髪の毛はくるくるで前髪を下ろし、声は高め。言動も子供っぽく、とにかくかわいいキャラクターの横浜さんが新鮮で魅力的です。

素直になれず、いつも自分の想いとは違う行動をとってしまう“天邪鬼”男子の横浜さん。特にファンの方は必見!

少しずつ移り変わっていく三咲の心情も注目のポイントです。

『兄友』(2018年)

イケメンでありながら女性には超がつくほど奥手な西野壮太(横浜流星)は、友人である七瀬雪紘(古川毅)の妹・七瀬まい(松風理咲)と出会い、胸をときめかせる。

壮太が雪紘に思わず言ってしまった「妹さん……かわいいな」の会話を隣の部屋で耳にしてしまったまいは、壮太を意識するようになる。

恋愛にウブな2人はなんとか気持ちを伝え、ぎこちない交際がスタートするが、壮太のいとこの加賀樹(松岡広大)もまいのことを好きになってしまい、まさかの三角関係へと突入してしまう。

赤瓦もどむの人気コミックを映画化した青春ラブストーリー。

 

名前を呼べない、手もつなげないというウブな2人のやり取りが、もどかしくもキュンとしてしまいます。

横浜流星さんのオーバー気味な演技が、コミカルさを際立たせていてわかりやすい。

爽やかな気持ちで観られる、ピュアで初々しい作品です。

 

9年ぶりの実写映画出演を果たしている人気声優の福山潤さんにも注目!

『虹色デイズ』(2018年)

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなまっつん(中川大志)、物静かで超マイペースな秀才つよぽん(高杉真宙)、いつも笑顔だけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)は、いつも一緒につるんでいる親友同士。

4人はにぎやかで楽しい高校生活を送っていたが、恋に奥手ななっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片思いしたことから、彼らの日常に変化が起こりはじめる。

集英社「別冊マーガレット」に連載された水野美波原作の人気少女コミックを実写映画化した青春ドラマ。

性格も趣味もバラバラなイケメン男子高校生4人組の友情と恋を描いた作品です。

 

人気の若手俳優4人が集結。

全員が主役であり、それぞれにドラマがあるので見ごたえはたっぷり。4人のリアルなやり取り、空気感がとても魅力的です。

横浜流星さん演じる恵ちゃんは、4人でいる時の雰囲気と「モテる男」としての一面のギャップが見どころ。

みんなの恋を見守る優しさに癒されます。

 

学校のプール、縁日、夏休み、試験・・・といった高校生ならではのイベント。そして迎える最後の文化祭。

溢れるほどの青春が詰まった物語に胸がときめくこと間違いなしです。

『青の帰り道』(2018年)

2008年、東京近郊のある町。

高校卒業を目前に控えた7人の若者たち。歌手を夢見て上京する者、家族とうまくいかずに実家を出る者、受験に失敗して地元に残り浪人生活を送る者、できちゃった婚で結婚を決めた者……それぞれがさまざまな思いを胸に、新しい未来へと進んでいった。

そして、3年の時が過ぎ、7人が再びあの場所に戻ってきた。

3年という時間には、7人それぞれのさまざまな人生模様があった。

群馬県前橋市と東京を舞台に、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇。

 

横浜流星さんが演じるのは、漠然とでかいことをやると粋がるリョウ。

高校卒業後に大工として働き始めるものの非行に走りクビに。しかし、仲間の中では誰よりも熱く仲間思いという役柄です。

 

若者たちが直面する苦悩や葛藤が、変にドラマチックではなくリアルに描かれているのが素晴らしい。

心が痛くなるシーンも多いのですが、それでもかすかな光を見出して前に進む彼らの姿に救われます。

『愛唄 -約束のナクヒト-』が大ヒット公開中!

現在、大ヒット公開中の『愛唄 -約束のナクヒト-』で主演を務める横浜流星さん。

今年はさらに映画2本の出演も決まっているという人気ぶり!

これからの、さらなる活躍が楽しみな俳優さんです。

 

【関連記事】

『キセキ あの日のソビト』 菅田将暉さんの歌声が爽やかに響き渡るキセキの物語

関連記事一覧