Netflix ニュース

衝撃のドキュメンタリー『殺人者への道』が凄い

投稿日:

Netflixが誇る独自コンテンツの中でも一際異彩を放ち、人気を誇っているのが「殺人者への道」です。著者も本作には多大な影響と衝撃を受けました。

内容

なんと制作に10年もかけた本作のテーマは「いかにして殺人犯がでっち上げられるか」というもの。この時点で中々の衝撃です。そして本作で追求された実際の事件がこちら

1985年、アメリカのウィスコンシン州でスティーブン・エイブリーという男性が婦女暴行罪で逮捕された。無実の罪を着せられた彼は18年間も服役。
2003年にようやくDNA鑑定によって無実が証明され、自由の身になった。

そして彼は、ずさんな捜査を行った保安局を相手に、3600万ドル(当時の為替で約47億円)の損害賠償を求める訴えを起こす。しかし、2005年にテレサ・ハルバッチさんという女性が殺害されると、同じ街に住んでいたスティーブンに容疑がかけられ再逮捕されてしまう。

それだけではなく、彼の甥で当時16歳だったブレンダン・ダッシーが警察に罪を自白。共犯者として逮捕された。裁判の結果、スティーブンは仮釈放なしの終身刑、ブレンダンは2048年まで仮釈放なしの終身刑が言い渡されてしまったのだ。

書いてるだけで眉間に皺が寄ってしまうような、どこか浮世離れした事件。
1人であることがどれだけ無力か。そして絶対に抗えない存在への恐怖など様々な感情が視聴中に巻き起こってきます。

保安局にハメられた…?

違法な家宅捜索や事情聴取、そして何度も捜査した場所から突然出てくる「スティーブンに不利な証拠」
どう考えても、メンツをつぶされた保安局にハメられたとしか思えないです。この騒動は大統領をも巻き込む一大事へと膨らんでいきます。

傑作ドキュメンタリーである理由

このドキュメンタリーの凄いところは、罪にかけられた2人を完全に冤罪だという描き方をしているところ。一点の曇りもなく冤罪事件として扱っています。凄いなネトフリは
きっと監督、スタッフには確固たる自信と証拠があるのかもしれません。さらに、国民の生活を裏でコントロールする権力者への抵抗なのかも…。

最後まで観てもモヤモヤが残りますし、何が本当で何が嘘なのか全く分からなくなってきます。現実はフィクションより怖いものです。

シーズン2が配信

こんな衝撃作である「殺人者への道」ですが2018年10月19日よりシーズン2が配信されます。一体どんな展開になるのか想像もつかない…。ちょっと怖いですが要チェックです!

見たことがない人はぜひフィクションより生々しくてゾッとする世界へ…

-Netflix, ニュース

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.