『十二人の死にたい子どもたち』は予告のイメージで観に行かない方がいい!

大ヒット上映中の話題作『十二人の死にたい子どもたち』

予告のイメージから、どんな衝撃的な展開が待っているのか…と思い、観に行ってきました!

結果、見事に想像を裏切られることに……!?

作品概要

原作は、「天地明察」などの時代小説やSF小説で人気の作家・冲方丁が、初めて現代を舞台に描いたミステリー小説。

『トリック』シリーズなど数々のヒット作を送り出してきた堤幸彦監督が映画化。

出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろう。

あらすじ

それぞれの理由で安楽死をするため、廃病院の密室に集まった12人の少年少女。

彼らはそこで13人目の少年の死体を見つける。

まさかこの12人の中に殺人鬼がいるのか・・・?

疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、それぞれの死にたい理由が生々しくえぐられていく。

彼らは安心して“死ねるのか”怯えながら“殺されるのか”

新感覚の密室サスペンスゲームの幕が上がる。

※核心には触れませんが若干ネタバレ含みます!

予想を裏切られるストーリー

「密室サスペンスゲーム」「この中には人殺しが・・・?」という予告から、勝手にサイコサスペンス系の内容を予想していたワタクシ。(原作は未読です)

『バトルロワイアル』的な怖さなのか……?と軽くビビりつつも、サスペンスのハラハラ感を期待して観に行きました。

……が、観たらびっくり。予想とは全く違う展開。

12人の子供たちが繰り広げるのは「殺人劇」ではなく「会話劇」だったのです。

まぁ、冷静に考えるとG指定(年齢制限なし)という時点で、刺激の強いホラー展開ではないということはわかるんですけどね…。

子どもたちの「死にたい」理由

登場人物が12人もいるので、1人1人のエピソードは少し薄く感じるかもしれません。

しかし、彼らの行動から人柄がうかがえる部分もたくさんありました。

12人の死にたい理由はさまざま。一見「なんでそんなことで…?」と感じるようなことがほとんどです。

しかし、それぞれの「自殺」に対する思い、そして「集団自殺」を選んだ理由を推察していくと、ラストの展開には納得できるものがありました。

未成年の彼らだからこそ抱える「死にたい理由」。

私が彼らと同じ年齢の頃にこの作品を観ていたら、また受け止め方も違ったのかな…と思います。

できることなら、多感な思春期を送っていた十代の自分に観せてあげたい。

今しか見られない演技

死にたい子どもたちを演じた12人の若手俳優さんたち。

キャラクターの描写が少しオーバー気味だったのですが、それが逆によかったです。

12人もいたら全員の人物設定覚えられないよ……なんていう心配は必要ありませんでした。

それぞれの個性をしっかり出す役づくりの力は見事。

エネルギッシュな情熱や絶妙な危うさを含んだ“若さ”が溢れ出ていて、まさに今しか見られない演技といった感じ。期待通りの演技合戦を堪能できました。

(みんな“子ども”にしては大人っぽすぎるという点には目を瞑りました)

いい意味で想像と違う作品

想像を裏切られた!と最初に言いましたが、内容にガッカリしたわけではありません。

推理の過程は楽しめましたし、死にたい子どもたちそれぞれのドラマや心理変化はとても見ごたえがありました。

作品に興味をお持ちの方は、予告のイメージを頭の中から消して鑑賞に臨むことをおすすめします!

関連記事一覧