ニュース

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』新予告・日本版ポスターが公開!

投稿日:

クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンがW主演を演じた、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。

今夏に全国公開される本作の新予告と日本版ポスターが公開されました。

予告動画

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』とは

ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関“メン・イン・ブラック(MIB)”。

「メン・イン・ブラックシリーズ」は1997年からウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのW主演で3作品が制作・公開されています。

本作はその活躍を描いた同名の映画シリーズの最新作。

制作総指揮をスティーヴン・スピルバーグ。

監督は『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。

脚本は、『アイアンマン』や『トランスフォーマー/最後の騎士王』のマット・ホロウェイ&アート・マーカムが共同執筆します。

キャスト

最新作となる本作でチームを組むのは、

『マイティ・ソー』のソー役で人気を博した、エージェントH役のクリス・ヘムズワース。

ロッキーシリーズの「クリード」のビアンカ役で、ムズワースとは『マイティ・ソー バトルロイヤル』以来の再共演となる、新人エージェントM役のテッサ・トンプソン。

それに加え、MIBのロンドンオフィスのエージェント役でリーアム・ニーソン。
『日の名残り』『いつか晴れた日に』のエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じます

また、『ミッション:インポッシブル』シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露したレベッカ・ファーガソンも出演します。

日本版ポスター&新予告について

公開された日本版ポスターには、「なんでもアリで地球を守れ!」という言葉が添えられ、3人のエージェントが映し出されています。

エージェントHとMの後ろで腕を組んでいるのは、『96 時間』シリーズのリーアム・ニーソンが演じる“MIB”ロンドンオフィスのエージェント。

予告編では、ニューヨーク本部のエージェントMがロンドンオフィスへ向かう経緯。

エージェントHとの出会いが映し出されています。

おまけに、Hを演じるヘムズワースが『マイティ・ソー』シリーズに出演していることを意識したギャグも盛り込まれていて、クスッと笑えるコメディ要素も含まれていることを予想されます。

海外ポスターとの比較

大きな違いは、

  • カタカナのタイトルが加わっていること。
  • 下に「なんでもアリで地球を守れ」という言葉が添えられていること。

タイトルにカタカナ表記が加わるとなんだか迫力が減ってしまっているように思えますね。

そして、下の言葉が絶妙なダサさ…。

多くの年代にも内容が分かりやすくするためだとは思いますが、やはり海外版のスタイリッシュさには敵いませんね。

とはいうものの、大きな変化はなくそこまでダサくは無いのかなと思います。

最後に

本日、新予告&日本版ポスター公開された『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、今年の夏公開。

人気シリーズの最新作とあり、期待も大きいです。

この映画への期待を持ちながら、今後の動向を待ちましょう。

-ニュース

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.