レビュー

『劇場版 幼女戦記』は劇場で観てこそ、意味がある!

投稿日:

2019年2月8日に公開された『劇場版 幼女戦記』。

この作品は、現代のサラリーマンが幼女に転生し、架空のドイツ軍人として世界大戦を戦い抜くという設定の物語。

この映画を楽しむうえでアニメ版の内容は知っておいた方が良いのですが、映画内でもその補足や説明はほぼありません。

そのため、アニメ版の予習は必須といってよいでしょう。

ここで、簡単に『劇場版 幼女戦記』の感想を言うと、

戦略パート、戦闘パート、多少のコメディ要素などを上手く織り交ぜ、緩急の付け方がとてもテンポよく仕上がっていました。

そして何より、戦闘シーンの描写・音響が素晴らしかったです。

作品概要

あらすじ

統一暦1926年。
ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる、帝国軍第二〇三航空魔導大隊は、南方大陸にて共和国軍残党を相手取る戦役を征す。

凱旋休暇を期待していた彼らだが、本国で待ち受けていたのは、参謀本部の特命であった。
曰く、『連邦国境付近にて、大規模動員の兆しあり』。
新たな巨人の目覚めを前に、なりふり構わぬ帝国軍は、自ずと戦火を拡大してゆく……

時を同じく、連邦内部に連合王国主導の多国籍義勇軍が足を踏み入れる。
敵の敵は、親愛なる友。
国家理性に導かれ、数奇な運命をたどる彼らの中には、一人の少女がいた。

メアリー・スー准尉。
父を殺した帝国に対する正義を求め、彼女は銃を取る。

スタッフ

原作:カルロ・ゼン キャラクター原案:篠月 しのぶ

監督:上村 泰 キャラデザ・総作画監督:細越 裕治

脚本:猪原 健太 アニメ制作:NUT

キャスト

ターニャ:悠木 碧 ヴィーシャ:早見 沙織

レルゲン:三木 眞一郎 ルーデルドルフ:玄田 哲章

ゼートゥーア:大塚 芳忠

ウィリアム・ドレイク:森川 智之 メアリー:戸松 遥

口コミ・評判

『劇場版 幼女戦記』の口コミ・評価はこちら

何よりも音響の迫力が凄すぎる

まず、この映画を語る上で外せないのが、音響。

戦争アニメという事で、銃撃や爆撃などによる戦闘シーンが多いです。

その音響の迫力が半端ない。

ライフルを連射している独特の音や、単純な爆発音ではなく、破裂するかのように広がる爆発音。

迫力の中にも繊細な音が聞こえてきて、戦闘シーンにぐっと引き込まれます。

さらに重火器の音と魔導士の移動音との振れ幅や、着弾から音が響くまでのラグなど、迫力だけでなく細かな所にも工夫が施されているように感じました。

この映画を観れば「これは音に力を入れてるな」と分かるほどの出来。

大迫力の音響は映画館でしか楽しめません。

『劇場版 幼女戦記』は、鑑賞後に「映画館で観てよかった」と、必ず思える映画です。

ぜひ、劇場に足を運んでこの大迫力且つ繊細な音響をお楽しみください!

アニメからの違和感なく繋がるストーリー

今作のように、TVアニメ→劇場版という流れだと、劇場版の物語にはちょっとした違和感や設定に変更が加えられている場合があります。

アニメ版にはいない人物が自然に加わっていたり、総集編などの場合には違う人物が死んだり、死ななかったりと矛盾が出ることもしばしば。

しかし、幼女戦記にはそのようなことが一切ありませんでした。

幼女戦記のTVアニメの物語に合わせて忠実に物語が進行しているので、違和感なく映画作品を楽しむことができますよ。

ターニャとメアリーの立場と性格を対比した構図など、物語に引き込まれた要素が多かったですね。

TVアニメ版より質が数段上がった戦闘シーン

最初の音響のお話と通じる部分はありますが、『劇場版 幼女戦記』の戦闘シーンが素晴らしかったです。

アニメ版の戦闘シーンも悪いというわけではなかったですが、本作の戦闘シーンは段違いに質が良い。

質の高い描写の中でも特筆すべきなのは、空中戦の描写でしょう。

魔導隊と航空機部隊との戦闘シーンでの、破片が飛び散る中を高速で飛び駆け戦闘し続ける”スピード感”は、本作で一番の迫力を感じられるシーンの1つでしたね!

このように、TVアニメ版とは格が違う派手で繊細な戦闘シーンに加え、劇場でしか味わえない大迫力の音響。

『劇場版 幼女戦記』は、映画館で観てこそ真価が表れる作品なので、幼女戦記ファンの方はぜひ劇場でご覧ください!

最後に

『劇場版 幼女戦記』はアニメ版予習必須!と言っても良いほどの作品。

幼女戦記という作品特有の皮肉の効いた言い回しや言葉遣いなど作風は一切変わらず、作画や音響などは数段レベルアップ。

完全新作のストーリーなど、『劇場版 幼女戦記』はTVアニメファンに向けた映画です。

ラストの展開も続編を期待させるものでしたし、TVアニメの2期、その後の劇場版など今後の動きに期待ですね!

-レビュー

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.