おすすめ映画

イケメン俳優の豪華共演!『帝一の國』うざくてアツい男たちが最高すぎる!

投稿日:

2017年に公開された映画『帝一の國』
主演の菅田将暉さんをはじめ、今をときめく人気俳優たちの豪華共演が見どころとなっています。
でもこの作品、イケメン度全開のキラキラ映画じゃないんです……!

作品概要

古屋兎丸の同名コミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディ。
生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルを衝撃のギャグ満載で描く。
メガホンをとったのは『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』の永井聡監督。脚本は『ROOKIES』のいずみ吉紘が担当。

あらすじ

全国屈指のエリートたちが集まる超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持つこの学校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されるという。
主席入学を果たした1年生の赤場帝一(菅田将暉)は、総理大臣になって自分の国をつくるという夢を叶えるための第一歩として、生徒会長の座を狙っていた。
2年後の生徒会長選挙で優位に立つべく誰よりも早く行動を開始した帝一は、想像を絶する命がけの権力闘争の中へ身を投じていく。

イケメンぶりを堪能する映画ではない

主演、菅田将暉さん。共演には野村周平さん、竹内涼真さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、千葉雄大さん…と、今をときめく超人気俳優陣が見事に勢ぞろいしているこの作品。
これは女子がキャーキャー言いながらイケメン男子たちを堪能するヤツ……かと思いきや、見事に想像を裏切られます。

まず、俳優陣の演技の熱量がすごい。暑苦しいくらいに(笑)
思いっきりふざけてるシーンを全力で演じる姿勢が、本当に素晴らしいです。その本気度はもはや感動レベル!
おどけた感じは一切なく、真面目にバカなことをやってるからこその面白さがそこにはあります。

個性の強いキャラクターだらけなのにも関わらず、変にごちゃついていないのは主要キャストの実力が確かだからこそ。

1人1人がしっかりと際立っている分、ストーリーの面白さ、そして作品の世界観の魅力が最大限に引き出されていたと思います。

菅田将暉が放つ圧倒的な存在感

主人公・赤場帝一を演じる菅田将暉さん。
菅田さんといえば、若手からベテランまで数多くいる俳優たちの中でも、トップクラスの演技力を誇る実力派の俳優さんです。

そんな菅田さん。もちろん、この作品でも圧倒的な存在感を放っています。

まず、原作コミックからそのまま飛び出してきたかのような、帝一の端正な顔立ちが菅田さんと絶妙にマッチ。
以前、菅田さん自身が「原作を読んでいた頃から、この役は自分が演じるためにあるんじゃないかと感じていた」と語っていたのも納得です。

さらに、まっすぐすぎるほどの野心に突き動かされる帝一の姿を見事に表現した、少し狂気じみた演技力は流石のもの。
帝一を演じられるのは、菅田さんしかいない!何度観てもそう感じます。

吉田鋼太郎との親子バトル

劇中で、帝一の父・赤場譲介を演じる吉田鋼太郎さん。
この親子役2人の共演シーンは必見です!

特に、帝一がライバルに勝つために外部入試試験問題を解き、その採点結果を父・譲介と読み上げていくシーンは見どころ。
「理科ァァア」「95テェェェェエン!」などと、なぜか叫び合う2人。
帝一も譲介も一切ふざけておらず、本気なのが逆に笑いを誘います。

なぜ採点結果を確認するだけなのに、そんなエネルギーを使うのか(笑)
理解不能ですが、個人的に1番好きなシーンです。

アツすぎる男祭り

出演者の男女比は、なんと100:1以上…!
イケメン俳優が勢ぞろいしているとはいえ、かなり男くさーい世界観のこの作品。

特にその“男くささ”を感じる注目のシーンは、海帝祭開会式での「ふんどし太鼓」を行うシーンでしょう。
生徒会メンバーがふんどし一丁になり、汗だくになりながら和太鼓を打ち鳴らすという原作でも人気のエピソードを、劇中でも見事に再現しています。

手の皮が剥けるほど練習に練習を重ね、本番の撮影に挑んだというその演奏はまさに圧巻!
気合の入った演技から原作へのリスペクト心を感じるとともに、男らしいカッコよさに惹き込まれるシーンとなっています。

個性爆発のキャラクターたち

生徒会長を目指す帝一の前には、野村周平さん演じる「謀略の男」東郷菊馬や、間宮祥太朗さん演じる「支配の男」氷室ローランドといった個性的なメンバーがライバルとして立ちはだかります。

特に注目なのは、「戦術の男」森園億人を演じる千葉雄大さんの制服姿!
え、そこ……?と思われてしまいそうですが(笑)
当時27歳頃という年齢でありながら、違和感のない学ランの着こなしは本当に見事です。

また、他人の足を引っ張り合うドロドロとした戦いの中で、圧倒的な爽やかさを誇るのが竹内涼真さん演じる「正義の男」大鷹弾
成績と運動神経はエリート校のなかでもトップクラス。さらに性格もいいというパーフェクトイケメンぶり!
生徒会長選にも興味がない彼は1人だけ違うベクトルをもっており、その純粋なカッコよさにキュンとしてしまうこと間違いなしでしょう。

また、“違うベクトル”つながりで言うと、志尊淳さんが演じる「補佐の男」榊原光明も魅力的。
優秀な参謀役の光明は、様々な発明で野心溢れる帝一をサポートし、静かに寄り添います。
そんな従順な姿と、中性的なルックスの可愛さには心奪われるファンが続出!
帝一との禁断の関係(!?)にも注目です。

紅一点!永野芽郁の可愛らしさ

アツい男たちの中、唯一の女子として出演しているのが、美美子役を演じる永野芽郁さん。
美美子は帝一と小さい頃からの幼馴染みで恋人関係にありますが、海帝高校には“男女交際禁止”の校則が…!
よって、2人は辺りが寝静まった夜に、まさかの糸電話で会話を楽しみます(笑)

美美子の男らしいセリフと、エンドロールに注目です。本編が終わっても観続けてみてくださいね!

まとめ

イケメン俳優達の、振り切った演技を存分に楽しめる作品となっています。
笑えるシーンは盛りだくさんですが、夢に向かって全力で生きる帝一たちの姿は心に響くこと間違いなしです!
原作を知らない方はもちろん、原作ファンの方も満足して頂けるはずですので、まだ観ていない方はぜひ1度観てみてくださいね!

【関連記事】

菅田将暉が出演するおすすめの映画10選!

“かわいい”だけじゃない!俳優・千葉雄大が出演するおすすめ映画8選!

-おすすめ映画

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.