俺が選ぶ『ガッキーが輝いてる作品トップ3』~映画編~

新ドラマ「獣になれない私たち」を見てから、私の中の「ガッキー熱」が燃え上がってきました。

ということで寝る間も惜しんでガッキーが出演する映画を見漁りましたよ…。
果たしてガッキーが一番輝いてる作品はどれなのか!私が決めました!

第3位『くちびるに歌を』(2015年)

あらすじ

産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。
住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に…。

青春ベタ合唱映画


前半部分はよくある「青春ベタベタ映画」です。あー、こんな感じねと思っていたのですが、後半はもう怒涛の展開。泣き所をピンポイントで突いてくるんだから困っちゃいました。

アンジェラ・アキの名曲「手紙」を題材にしているって時点で号泣するのが確定しているようなもんなんですが、それでも良い演出をしてました。
誰もがクライマックスに「手紙」を歌って感動させると思ってるでしょうがね、違うんですよねぇこれが!グッとくる箇所が沢山ですので是非見てほしい

「お涙頂戴のご都合主義映画だ」と言われれば、その通りだとしか言いようがないんですが、それで何の問題があるのでしょう?
たまには綺麗すぎるほど純粋な物語を見て心を浄化しないとね‥。

グッときたガッキー

…こんな教師いたら毎日がスペシャルだよ

第2位『恋するマドリ』(2007年)

あらすじ

姉とのケンカが原因で一人暮らしをすることになった美大生のユイ(新垣結衣)だったが、期待と不安がいっぱいの初めての一人暮らしは好調なスタートとはいかなかった。そんなユイに、元の部屋の新しい住人アツコ(菊地凛子)や、バイト先で知り合った物静かなタカシ(松田龍平)らとの出会いが訪れる。

ほっこりしたい貴方に


間違いなく「女子向けの映画」だと思います。ちょっと緩い雰囲気と何だかオシャレな空気感…。きちんと笑い、泣き、切なさを織り込んでいる良い映画です。
私が本作で気に入ったのが「空気感」なんですよね。とにかくオシャレ!
インテリアやファッションの要素が散りばめられているのですが、いい具合に抑えてる!自己主張し過ぎてない点がグッドでした。

あくまでも軸となるのは、主要キャスト3人の人間関係。これがホントしっかりしてたのが好印象に繋がったのだと思います。

初々しいガッキー


何と言ってもブレイク仕立てのガッキーが可愛いのなんのって!
でもアイドル的ポジションとして扱ってないんですよ。きちんと映画のキャラとして、言い方は悪いですが「素材」として新垣結衣という女優を扱っているんです。
本作が作られたときはガッキーが世間に認知され始めたくらいの時期だったので、いわゆるアイドル映画として制作することも出来たはずなのに、あえてしなかったスタッフ陣に拍手したい。
何の気なしで見たら泣いちゃったよ。的な感想が出てきそうな良作です!

グッときたガッキー

ひたすらに可愛い。

第1位『ミックス』(2017年)

あらすじ

幼いころには天才卓球少女として名をはせた富田多満子(新垣結衣)は、恋愛と仕事に挫折して帰郷する。亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、活気もなく部員もさえない面々ばかり。しかし多満子は、クラブを再建し自分を捨てた元恋人ペアを倒すため、元プロボクサーの萩原久(瑛太)とペアを組み、全日本卓球選手権の混合ダブルス部門に出場することを目指す。

喜怒哀楽が詰まってる


始めに言っておくと、本作は映画的じゃないです。どちらかと言うとテレビっぽいというか、スケール感や空気感がこじんまりしてます。
ではなぜ1位なのか!その理由はシンプルで「喜怒哀楽がギュッと詰まっている」から
良い意味で軽く見れますし、テンポも良いので飽きずに鑑賞出来ました。

この映画は「ここで泣いて!」みたいなBGMも無ければ、殴りたくなるほどイラつく敵キャラも出てきません。至って平和なコメディなのです!
それが逆に「映画的でない」とか「評価される意味が分からない」と言われる原因にもなってるようですが、そんなの全部気にししてもしょうがないです!

コミカルで可愛いガッキー


ドラマ『リーガルハイ』や『逃げ恥』でも感じたんですが、ガッキーはコメディエンヌに向いてると思うんですよね。どんな表情しても可愛いですし、それでもってちゃんと笑っちゃう…。凄いよガッキー

本作でも、奇声を上げたり、ぬいぐるみに話しかけたり、ガングロになったりとやりたい放題です。もちろんちゃんと笑える!それは全力で演じる新垣結衣という女優が魅力的すぎるからなんです。
内面からキラキラしてるのが伝わるんですよね。見てる私も「うわー、ガッキー楽しそう」なんて考えながらニヤニヤしてました。
ガッキー世代の私からすれば感無量の想いです…。ドラゴン桜の時はあんなに下手くそな演技だったのに…すげえよガッキー!

グッときたガッキー

ショートカットの方好きかもしれない。いや何でも可愛い。

最後に

ガッキーと同じ時代に生まれたことに感謝してます。ありがとう神様
いつか新垣結衣さんにインタビュー出来ることを願って、頑張ろうと思います。
ドラマも皆で見ようね!
⇒関連記事:新垣結衣さん主演『獣になれない私たち』 第1話 感想

関連記事一覧