おすすめ映画 俳優

KAT-TUN・亀梨和也が出演するおすすめのドラマ10選!

投稿日:

歌手としてだけではなく、俳優やキャスターなどマルチに活躍する「KAT-TUN」の亀梨和也さん。
俳優としては1999年に連続ドラマ初出演を果たして以来、数々の話題作に出演してきました。
今回は、そんな亀梨さんの魅力が輝くおすすめのドラマを10作品ピックアップしてご紹介していきます!

『ごくせん 第2シリーズ』(2005年)

あらすじ

かつて勤めていた白金学院閉校後、大江戸一家三代目・黒田龍一郎(宇津井健)の孫娘であるヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵)は実家が任侠一家であることを知られてしまっために、採用してくれる学校がなくなっていた。
ところが、書類の手違いのおかげでかつての天敵・猿渡(生瀬勝久)が再び教頭を勤める優良男子校・黒銀学院に赴任することになる。
ヤンクミが担任を任されたのは、問題児ばかりが集められた不良の巣窟である3年D組。リーダーの矢吹隼人(赤西仁)を筆頭に、悪ガキたちはヤンクミの言うことにはことごとく反抗する。
与えられた任期は卒業までの3ヶ月、まずヤンクミは不登校で悪い仲間と付き合っている小田切竜(亀梨和也)に対して学校に来るよう説得するのだが……。

大人気シリーズのメイン生徒役

仲間由紀恵さん演じる型破りな女教師・ヤンクミと生徒の交流を描く人気学園ドラマの第2シリーズ。

亀梨和也さんのほか、赤西仁さん、小池徹平さん、速水もこみちさん…といった、豪華イケメン俳優陣が生徒役として出演しています。
その中で亀梨さんは、基本的にクールな性格の小田切竜役。
浮かれている仲間やヤンクミへの冷静なツッコミが見どころの1つでもあります。

大きな人気を集めた本作は、関東地区で全話25%以上の視聴率を記録。
毎回ヤンクミが悪を倒し、生徒たちとの絆を深めていく…というお決まりのパターンではありますが、その抜群の爽快感には何度見ても飽きないほどの魅力がありました。

『野ブタ。をプロデュース』(2005年)

あらすじ

私立隅田川高校2年B組の桐谷修二(亀梨和也)はノリのいい自らを演じることによって、クラスでの人気者のポジションを確立している。
そんな修二にとって、とことんウザイ存在としてクラスでも浮きまくっている草野彰(山下智久)には調子を狂わされっぱなしだが、彰は修二のことを親友だと思い込んでいる。
そんなある日、小谷信子(堀北真希)という転校生がやって来た。
暗くて不気味な信子は早々不良グループからイジメられることに。
見かねた修二は彰とともに、イジメられっ子から人気者へと生まれ変わらせるべく、信子をプロデュースすることを引き受ける。

亀梨和也×山下智久

ベストセラー小説をドラマ化した捻りの利いた異色の青春群像劇。
亀梨和也さん×山下智久さんという人気アイドル2人の共演が話題となった作品です。

クラスという小さな社会で周囲と表面的な付き合いをしている修二と、自由に生きる少し変わり者の彰の掛け合いが面白く、とても魅力的でした。
また、堀北真希さんの美しく爽やかなイメージからは想像もできないような、信子の陰湿キャラも新鮮で目を奪われます。

人気者の自分を演じて生きていた修二が、彰や信子と触れ合うことで“本当の自分”を取り戻していく過程が見どころ。

大ヒットを記録した主題歌「青春アミーゴ」と合わさって、素敵な青春ドラマとなっています。

『たったひとつの恋』(2006年)

あらすじ

弘人(亀梨和也)、甲(田中聖)、亜裕太(平岡祐太)の3人は、港で釣った魚を料亭に売りに行く途中、走ってきた菜緒(綾瀬はるか)、裕子(戸田恵梨香)にぶつかり、不幸にも、バケツの中の魚をかけられてしまった奈緒の買ったばかりの洋服は台無しに…。
その日の夜、大学同士の親睦を深めるパーティーにもぐりこみ、菜緒たちに再会した弘人たち3人だが、思わず自分たちは慶応大学の学生だと偽ってしまう。
そして、ひょんなことから弘人とパーティー会場のプールに落ちてしまった菜緒は、次第に弘人のことが気になり始めて…。

爽やかなラブストーリー

有名ジュエリーショップ店の娘・ナオ(綾瀬はるか)と、経営が低迷する町工場の息子・ヒロト(亀梨和也)との恋愛物語。

一見クールだが温かい心を秘めた青年というヒロトの役柄に、亀梨さんがぴったりハマっていて好印象でした。
生まれた環境や家族との関係など、いくつもの違いを乗り越えていく2人の姿が見どころ。
王道のラブストーリーなので、キュンキュンしたい方には特におすすめの作品です。

『1ポンドの福音』(2008年)

あらすじ

減量嫌いの根性なしボクサー、畑中耕作(亀梨和也)。抜群の才能を持っているのにその根性なしの性格から、試合は連戦連負。
しかしジムの会長・向田聖子(小林聡美)から最後の試合のチャンスを与えられた耕作は、必死に減量に取り組み、練習に励むがロードワーク中に倒れてしまう。
そんな耕作が、かすむ視界の中出会ったのは、まるでマリア様のようなシスターアンジェラ(黒木メイサ)だった。
耕作は、アンジェラの「頑張って下さい」の言葉を励みに試合に望むのだが・・・・。

ちょっと頼りないボクサー

高橋留美子原作の人気コミックを、亀梨和也さん主演でドラマ化した青春ラブコメディ。
減量に耐えられない意志の弱さだけがネックのボクサーと、彼が思いを寄せる若いシスターとの恋愛模様を描きます。

これまでクールな役柄が多かった亀梨さんが、頼りない青年を演じている姿が新鮮!
ボクサーらしからぬ言動や、アンジェラに重すぎる愛を捧げる姿にはクスッとさせられます。
母性本能をくすぐるような可愛らしさのあるキャラクターなので、特に亀梨さんファンの方は必見です!

『ヤマトナデシコ七変化』(2010年)

あらすじ

ホラー少女であるスナコ(大政絢)を「“レディー”に変身させてくれれば下宿代はタダ!」という提案に乗った万年金欠の恭平(亀梨和也)は、雪之丞(手越祐也)、武長(内博貴)、蘭丸(宮尾俊太郎)という超美形の3人の同居人たちとスナコ改造計画に乗り出す…。
ある出来事がきっかけで“ブス”である自分を嫌い、ホラーの世界に一人閉じこもってしまったスナコ。
一方、カッコよすぎるが故に様々な迷惑を被ってきた恭平も、自分がイケメンでなかったら何の価値もない人間なのではないかという不安を持っていた。
外見に惑わされずに本当の自分を見てくれる人はこの世に存在するのか?
自分に自信の持てない恭平とスナコは、合わせ鏡のようなお互いの存在をきっかけにして自分自身と向き合い、成長していく。

イケメン大集結

累計800万部を売り上げているはやかわともこの人気コミック「ヤマトナデシコ七変化 」を実写ドラマ化。
とある下宿に住む恭平(亀梨和也)と自分の容姿にコンプレックスを抱えて生きる内気な少女・スナコ(大政絢)によるラブコメディです。

亀梨さんが演じる恭平は、心に傷を負った超イケメンという設定。
美しい容姿と裏腹に、超短気でケンカ最強の乱暴者。媚びと作り笑いが死ぬほどキライ…というクセの強い役を見事に演じ切っています。

この作品では、内博貴さん、手越祐也さん、宮尾俊太郎さんといったイケメンが集結しているのも見どころの1つ。
王子様系のイケメンが好きな方には特におすすめの作品です!

『妖怪人間ベム』(2011年)

あらすじ

ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)は妖怪人間。
普段は人間の姿に化け、家族として生活しているが、怒りや悲しみなど気持ちが高ぶると醜い妖怪の姿に戻ってしまう。
彼らは正義感から人間を助けては、恐れ嫌われる暮らしを数百年も続け、「はやく人間になりたい」と願っていた。
ある夜ベムは男を助け、刑事・夏目(北村一輝)と知り合う。
夏目家の夕食に招かれたベムは、偶然ある写真を目にする。
そこにはベムたちが人間になるヒントを持っているかもしれない人物が写っていた。

実写版・妖怪人間

「早く人間になりたい」と願う妖怪人間の運命を描いた名作アニメを、亀梨和也さん主演で実写化。
妖怪人間の3人組「ベム」「ベラ」「ベロ」が人々から迫害を受けながらも悪と立ち向かい、人間になる日を夢見て生きていく物語です。

亀梨さんは、寡黙で無愛想ながらも優しい心をもつ妖怪人間「ベム」を演じています。
シルバーの髪に黒のハット姿がよく似合っていて印象的。
「ベラ」役の杏さん、「ベロ」役の鈴木福くんとの妖怪ならではのやり取りには、ついつい笑ってしまう面白さがありました。

ちょっと切なくも心温まるストーリーです。

『セカンド・ラブ』(2015年)

あらすじ

十分すぎるほど実力はあるものの、チャンスに恵まれないコンテンポラリーダンサー・平慶(亀梨和也)。
慶は海外のカンパニーから不合格を言い渡され、絶望の淵にいた。
そんな彼の目を突如奪ったのは、名門女子高で教鞭を取る西原結唯(深田恭子)。
人知れず、妻子持ちの同僚教員・高柳太郎(生瀬勝久)と不毛な不倫関係を続け、煮え切らない思いを抱えている結唯は、若い教え子たちの輝きに敗北感を覚える毎日を過ごしている。
しかし、慶は偶然見かけた結唯の姿にまるで吸い込まれるかのように、心を奪われて…。

濃厚なラブシーンが話題に

亀梨和也さんと深田恭子さんの共演による、危険な大人の恋を描いたラブストーリー。

2人の濃厚なラブシーンが話題にもなりました。
ファンの方の中には、思わず騒然としてしまった方もいらっしゃったのではないでしょうか?
私は驚きつつも目が離せませんでした(笑)
ドッキドキのシーンがすごく印象的。

キュンとするような亀梨さんのセリフにも注目です。

『怪盗 山猫』(2016年)

あらすじ

山猫(亀梨和也)は、地域も場所も難易度もお構いなしに現れ、華麗に盗みを働いていく天才怪盗。罪を犯しながらもターゲットの悪を暴くその姿は、強烈なカリスマ性を発揮し、世の中には彼を支持する声も多数上がっている。
自らを「天才」と称し、王様のように生意気かつ無邪気な言動を繰り返す山猫。しかし、時折見せる冷たい表情には、彼の心の闇が見て取れる。
さまざまな謎を抱えながら、夜ごと、山猫は盗みを働き、人間の深淵に潜む“表”と“裏”、“倫理”と“信念”を華麗に切り刻んでいく。

神出鬼没の天才怪盗

人気作家・神永学の原作を亀梨和也さん主演でTVドラマ化。
鮮やかな手口で大金を盗み出し、盗みの対象の悪事も暴く神出鬼没の天才怪盗・山猫の活躍を描きます。

亀梨さん演じる怪盗山猫は、生意気な言動と大胆不敵な行動が特徴的な役柄。
全くつかみどころのないキャラクターに、惹き込まれてしまいます。

二転三転するストーリーと、華麗なアクションシーンが見どころの1つ。

謎は多いものの、かっこいい山猫の姿は必見です!

『ボク、運命の人です。』(2017年)

あらすじ

なぜか訳アリな彼女とばかり恋愛をしてしまう会社員・正木誠(亀梨和也)の元に、突如「神様」と自称する男(山下智久)が現れる。
彼は隣の会社にいる湖月晴子(木村文乃)が運命の人だと話し、2人の仲をくっけようと画策。
誠はライバルの出現にもめげず、男の言う通りに晴子へアピールを続けていく……。

12年ぶりの再共演

亀梨和也さんと山下智久さんが12年ぶりに共演したラブコメディ。
『野ブタ。をプロデュース』を見ていた方にとっては、嬉しい再共演です!

運命の女性と結婚をする使命を課せられるという独特な設定が面白いポイント。
晴子に猛アピールを続ける誠の想いは実を結ぶのか……?その展開から目が離せません!

主題歌は、亀梨さんと山下さんが担当。
木村文乃さんも含めた3人で「ぼく運ダンス」を踊る、可愛らしいエンディングにも注目です。

『FINAL CUT』(2018年)

あらすじ

12年前に起きた女児殺害事件によるマスコミの過熱な報道により、犯人扱いされ自殺した母親を持つ警察官の中村慶介(亀梨和也)。
母親の無念を晴らそうとする慶介は、自身が管理人を務めるサイトで情報を集めながら事件の関係者へ復讐を企てるとともに、当時現場で目撃された小河原翔太を追う。

軽やかなアクションシーン

母親の命を奪ったマスコミと真犯人とされる人物への復讐に燃える主人公の姿を描いたサスペンスドラマ。

12年前の事件に関わった人々の過去が明かされていく展開、そして復讐のターゲットであった女性との恋愛模様から目が離せません。

また、本作は亀梨さんのアクロバチックなパフォーマンスも見どころの1つ。

道具を使わずに障害物を越えて移動する「パルクール」の動きに見惚れてしまうこと間違いなしですよ!

まとめ

今回は、KAT-TUNの亀梨和也さんが出演するおすすめのドラマを10作品ご紹介しました。
今年4月からは、二階堂ふみさんとW主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』が放送予定です。
どんな亀梨さんを見られるのか……放送を楽しみに待ちたいと思います!

-おすすめ映画, 俳優

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.