レビュー

『翔んで埼玉』感想 まさかのキスシーンにドキドキ!?

投稿日:

埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画を原作とする映画『翔んで埼玉』。
大・茶番劇を真面目に演じる姿に気持ちよく笑わせてもらいました!
でも1番印象的だったのは、まさかのキスシーン……!?

あらすじ

婚約者との結納のため、東京に向かうOLの菅原愛海(島崎遥香)。
両親が運転する車のラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める――。

その昔、埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできないため、埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。

東京にある超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子で生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。

麗は実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。
その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。

2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線の一員であり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。
東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、百美と麗は東京に立ち向かう。
果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

※多少ネタバレ含みます!

想像以上のディスりっぷり

「埼玉県民は通行手形がないと東京に出入りすらできず強制送還されてしまう…」

そんなナレーションと共に映し出された“かつて”の埼玉は……
いやいやいやいや、いつの時代だよ!と思わずツッコミたくなるくらいの過疎地。

元・埼玉県人が集められた白鵬堂学院・Z組の生徒たちは、東京都民の校舎とは別の古びた小屋で、椅子もなく地べたに座って勉強します。
生徒たちの服はボロボロだし、顔にはうっすら汚れが…

一方、東京都民の生徒たちは宝塚歌劇団ばりのゴージャスな衣装!
想像以上にギャップが激しすぎる…!これはすごい。

ふざけたことを真面目にやる面白さ

“今世紀最大の茶番劇”というだけあって、劇中にはくだらないネタが随所に散りばめられていました。

例えば「東京テイスティング」。

名前からしてシュール感がひしひしと伝わってきますが…
これは瓶に入った空気を吸い、東京都内のどこの空気か当てる催しです。

麗に対抗意識を燃やす百美は、3本の瓶を用意して麗にテイスティングさせます。
冷静に考えると理解不能なその催しに、真剣に取り組むGACKT様。
あの、クールでかっこいいGACKT様が…!と思えば思うほど、おもしろくて仕方がありませんでした (笑)

さらに笑いをこらえることができなかったのは、「踏み絵」。

東京都民に紛れ込んだ埼玉県人を判別するときに行われる方法なのですが、ポイントは踏ませるものが埼玉県の特産品の「草加せんべい」であること。

埼玉県のシンボル・シラコバトが描かれた草加せんべいを、麗は踏めずに拒み続けます。
なんてシュールな映像なのでしょう。

何度もアップで映し出されるシラコバトの絵が、しばらく頭から離れませんでした。

まさかのキスシーン

麗に対して最初は対抗意識を燃やしていた百美。その感情は次第に恋へと変わっていきます。

百美は男子の役ですから、いわゆるボーイズラブですね。

この展開はあらすじなどを見た時点でわかっていたのですが、とにかく驚かされたのはGACKTさんと伊勢谷友介さんのキスシーン…!
しかも濃厚なやつとは…!!

実はこのシーン、予告でもちらっと映っているんですよね。気が付かなかった……。

2人とも端正な顔立ちなので、キスシーンはとっても美しかったです。
ドキッとしつつも、思わず見とれてしまいました。

豪華キャスト陣

今回、男子役で主演を務めた二階堂ふみさん。
振り切った抜群の演技力で百美になりきっていたのが見ていて気持ちよかったです。
喋り方も二次元っぽくて、作品の世界観にぴったりハマっていました。

二階堂ふみさんとともに主演を務めたGACKTさんは、前述した通り、くだらないシーンを真面目にやっていたのが最高に面白かったです。
麗の役がGACKTさんでよかった…と思えるほどのナイスキャスティングでした。

さらに、この作品は脇を固めるキャストも超豪華!

GACKTさんとのキスシーンが印象的だった伊勢谷友介さんをはじめ、京本政樹さんや

中尾彬さん、益若つばささん…といった個性的な役者人が続々と登場します。
また、現代パートのキャストには島崎遥香さんや成田凌さんといった人気若手俳優さんも…!

眺めているだけでも贅沢な気分になるような華やかさでした!

まとめ

すっごくくだらないことを真面目にやるキャスト陣の振り切った演技が魅力の茶番劇。
埼玉県のことをかなりディスっているようで、本当は埼玉愛に溢れた作品であると感じました。
自分が埼玉県民だったらもっと面白かったのか…、それともイラっとしたのか…(笑)少し気になるところです。
頭を空っぽにして笑える楽しい作品でした!気になる方はぜひ劇場へ…!

 

【関連記事】

『翔んで埼玉』 今世紀最大の茶番劇!その魅力とは…?

女優・二階堂ふみが出演するおすすめの映画7選!

-レビュー

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.