「3年A組」涙の最終回!柊先生の“教え”でHuluダウンにも応援の声が…!

菅田将暉さん主演ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』が3月10日夜、ついに最終回を迎えました。
菅田さんの迫真の演技、そして永野芽郁さんら生徒たちの涙に心を揺さぶられたファンも多かったはずです。
Huluではドラマのオリジナルストーリーを配信。一時、サイトに繋がりにくくなるという障害が発生しましたが、柊先生のメッセージを受け取った視聴者からは応援の声が寄せられました。

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』

卒業まで残り10日。
生徒たちの高校生活は平穏に幕を閉じる……はずだった。

3年A組の担当教師はその日、生徒29人を集めて突然こう告げた。

「今から皆さんは……僕の人質です」

鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。
この瞬間から教師と29人の人質生徒による、「最後の授業」が始まった。

Day–10

すべての真相が明らかになった最終回。

菅田さん演じる教師の柊一颯は、ネットで気軽に他人を批判したり、罵詈雑言を書き込む人に対して、
「自分の親や友達に面と向かって言えない言葉を、見ず知らずの他人にぶつけるな。おまえのストレスの発散で他人の心をえぐるな」
「つまんねえ生き方してんじゃねえぞ。見苦しいんだよ」
などと、カメラへの主観目線で熱く語りかけました。

10分以上にわたる、大迫力のセリフ回しは圧巻!
視聴者を感動の渦に巻き込みました。

オリジナルストーリー配信

最終回放送終了後から、ドラマのオリジナルストーリー『3年A組―今から皆さんだけの、卒業式です―』がHuluで配信開始されました。

物語は、柊が警察に連行され、3年A組の生徒たちが日常に戻るところからスタート。
生徒たちがその日は卒業式だったことを思い出した矢先に、柊のパソコンから「卒業式」と名付けられたファイルが見つかり、柊が29人の生徒に向けた「最後のメッセージ」が投げかけられる、というストーリーになっています。

同作は全2話で構成され、現在「前編」が配信中。
「後編」の配信は3月17日から開始される予定です。

Huluシステム障害にも応援の声が…!?

ドラマの反響が大きかったために、放送直後にはHuluへのアクセスが殺到。
そのことが原因で、一時サイトが繋がりにくくなるという障害が発生しました。

しかし、システム障害に対して批判が殺到することはなく、「仕方ない」「ゆっくり待ちます」といったおおらかな意見が。
柊先生の“教え”を早速実践した視聴者によって、SNSのコメント欄はあたたかい言葉でいっぱいとなりました。

もちろん、一部に罵詈雑言を書き込むユーザーも確認できます。
まさに、最終回のエンディングで学級委員・茅野さくら(永野芽郁)が言っていた「あの事件で世の中が大きくかわったんなんて、全然なくて」というセリフが頭をよぎるような状況となりました。

Huluでは、オリジナルストーリーの他に『3年A組―今から皆さんは、人質です―』全10話を配信中。
また、撮影のメイキングや甲斐役の片寄涼太さんがダンス指導した「朝礼体操」のスペシャルレッスンなどを盛り込んだ、『スペシャルメイキング&朝礼体操 教えて甲斐先生!』も配信されています。

「3年A組」ファンの方はもちろん、ドラマを見ていなかった方でも興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

関連記事一覧