松坂桃李主演『居眠り磐音』本予告編公開! MISIAが歌う主題歌に感動

俳優・松坂桃李が時代劇初主演を務める映画『居眠り磐音』の主題歌が、MISIAの「LOVED」に決定。
あわせて、同曲が流れる本予告編も公開された。

『居眠り磐音』

原作は、“平成で最も売れている時代小説シリーズ”として人気を集める作家・佐伯泰英氏の時代小説。
『空飛ぶタイヤ』『超高速!参勤交代』シリーズの本木克英監督が実写映画化した。

江戸で浪人暮らしを送りながら、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く坂崎磐音が、下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る物語が描かれる。

“時代劇史上最も優しく強い主人公”である磐音を演じるのは、本作が時代劇初主演作となる松坂桃李。
また、木村文乃が磐音に好意を寄せるおこん役、芳根京子が悲しい過去を背負う許嫁・奈緒役を演じ、ダブルヒロインを務める。

主題歌「LOVED」

本作の主題歌に決定した「LOVED」はMISIAの最新アルバム「Life is going on and on」の収録曲で、作詞作曲はアーティストの米倉利紀が手がけた。
「あなたを好きになれて良かった」「それぞれ今を生きてゆくよ」という歌詞が、磐根と奈緒の悲しい別れの恋模様とリンクした、切ないバラードとなっている。

同曲についてMISIAは「“恋愛”をし“失恋“をし“愛”だけを心に残した人の歌です。大切に大切に歌いました」という思いを明かし、
「これから映画をご覧になる皆さんはきっと、松坂桃李さん演じる磐音、またこの物語に登場する人々の悲しみや切なさ、愛、そして狂おしい願いのようなものを感じられると思います。そのとき歌で、この素晴らしい映画の世界観を伝えるお手伝いを出来ていたら幸いです」とメッセージを残した。

また、楽曲を聴いた松坂は「歌詞の言葉一つ一つが『居眠り磐音』の世界観と寄り添っており感動しました。この曲を聴きながら撮影に臨みたかったくらいです。繰り返し聴いて、この作品を伝えていく上での養分としていきたいと思います」と称賛している。

映画『居眠り磐音』は5月17日より全国ロードショー。

関連記事一覧