『シンプル・フェイバー』感想 おしゃれすぎるドロドロ劇に惹き込まれていく

アナ・ケンドリックとブレイク・ライブリーが主演を務める映画『シンプル・フェイバー』。
オシャレなビジュアルとドロドロ展開のギャップがなんだか癖になりそうな作品でした。

作品概要

ダーシー・ベルの小説「ささやかな頼み」を映画化したサスペンスムービー。
アナ・ケンドリックとブレイク・ライブリーという人気女優が共演。
突如失踪した女性の行方を追ううちに、うごめく嫉妬や羨望、女の友情と利害、秘密と過去などが徐々に浮かび上がっていく様を描きます。
監督は『ゴーストバスターズ』などのポール・フェイグ。

あらすじ

ニューヨーク郊外に住むシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)は、同じクラスに息子を通わせるエミリー(ブレイク・ライブリー)と親しくなる。
事故で夫を失い、保険金を切り崩しながら子育てをしている朗らかで気立ての良いステファニーと、スランプに陥っている作家の夫・ショーン(ヘンリー・ゴールディング)との仲もむつまじく、華やかなファッション業界で働くどこか気だるくミステリアスなエミリー。
2人は何もかも対照的だったが、お互いの秘密を打ち解けあうほど親密な仲になっていく。

そんなある日、ステファニーは息子を学校に迎えに行ってほしいとエミリーから依頼されるも、その後エミリーは息子を引き取りには現れず、失踪。
親友を助けたいと思ったステファニーは、残されたエミリーの息子とショーンの身の回りの世話も買って出て、彼女の行方を追う。
やがてミシガン州でエミリーを目撃したという情報が入るが……。

※多少ネタバレあり

コミカルな雰囲気の序盤

数日前に失踪したエミリーについて、ステファニーがその経緯を語り始めるところから物語は幕を開けます。

そこから描かれていくのは、何もかも対照的なステファニーとエミリーの出会い。そして、お互いの秘密を明かすことで仲を深めていく姿…。
陽光が降り注ぐ郊外の町を舞台に、心地よいフレンチポップスが流れるなか展開していく2人の会話劇は、ずっと見ていたくなるほどオシャレな雰囲気。

この時点では、ステファニーもエミリーもとっても魅力的で、うっとりと見惚れてしまいました。

ステファニー(アナ・ケンドリック)

亡き夫の保険金とブログの運営で慎ましく暮らすシングルマザーのステファニーを演じるのは、『ピッチ・パーフェクト』シリーズで主演を務めたアナ・ケンドリック。
小柄で可愛らしく、花柄のワンピースやカラフルな衣装がとてもよく似合っています。

彼女が演じるステファニーは、朗らかな笑顔が印象的な女性。
息子の学校行事にも積極的に顔を出し、常に明るく振る舞う活発なママといった感じ。
逆に気立てが良すぎて、なんだかちょっと怖いくらいです。

エミリー(ブレイク・ライブリー)

ベストセラー作家だった夫と豪邸で暮らすエミリー役は、「ゴシップガール」で大ブレイクを果たしたブレイク・ライブリー。

人気のアパレル会社に勤務するエミリーは、ステファニーとは対照的にあまり生活感のないママ。
タイトなスーツにハット姿で登場するファーストカットは圧巻です。

びっくりするくらい豪華な家で、彼女は昼からマティーニを楽しみます。
「周りにこんな人いるよね」と思えるステファニーに対し、エミリーは「絶対こんな人いない!」と感じるキャラクター。
それでも、セクシーでどこかミステリアスな雰囲気の彼女には、思わず惹かれてしまう魅力がありました。

お互いの秘密

ステファニーとエミリーは、お互いの秘密を打ち明けることで距離を縮めていきます。

最初にエミリーが自分の秘密を話すのですが、これがなかなかクレイジー。
しかし、そのあとにステファニーが打ち明けた秘密は、私からするとエミリーよりもっとクレイジーでちょっと驚きました。

きっと、ステファニーはエミリーと仲良くなりたいという思いが強かった分、本当に誰にも言えないような大きな秘密を話したのだと思います。
それに対してエミリーはどうだったのか?おそらく、もっと大きな秘密を持っていたはず。
この時点からすでに騙し合いは始まっていたのかもしれません。

サスペンスモードへ展開

ステファニーに息子のお迎えを頼んだエミリーがそのまま失踪したところから、物語は一気にサスペンス要素が強くなっていきます。

親友を救うため、ステファニーはエミリーのオフィスに忍び込んでヒントになりそうなものを探したり、自分が運営するブログで情報を呼び掛けたり…。
その間もずっとエミリーの息子とショーンの世話を焼き続けているうち、ステファニーとショーンの間には何かが芽生え始めます。

やがてミシガン州でエミリーの遺体が発見され、落ち込むショーンをステファニーが励ましていくうち自然と深い関係に……。

このあたりはサスペンスとしてなかなか面白かったです。
ゴージャスな生活を手に入れるために、ステファニーがエミリーを殺したのではないか?
どこか正体のつかめないショーンにはなにか隠していることがあるのではないか?
それとも……?と、いろんな想像を膨らましていましたが、ここから物語は意外な展開を見せます。

ドロドロの騙し合い

意外にも、エミリーが死体で見つかった謎はすぐに解き明かされます。
ではそこから、どんな展開になっていくのか…?

結果、ラストはサスペンスというより、騙し合い勃発のドロドロドラマとして見ごたえがあったように感じます。
サスペンスとしてはちょっと物足りなく感じますが、謎を明かした後の魅せ方が面白く、見事。

いい意味で予想を裏切られる展開に、最後の最後まで楽しませていただきました。

まとめ

映画『シンプル・フェイバー』をご紹介しました。

内容はドロドロしていますが、ファッションや音楽などによって全体的にオシャレな雰囲気が漂っているので、あまり重たく感じず楽しむことができました。

主演2人の魅力と、予想外の展開にきっと惚れ惚れしてしまうはずです!
気になる方はぜひ観てみてくださいね!

関連記事一覧