おすすめ映画

『キャプテン・マーベル』 絶対に見逃せない!アベンジャーズ“最後”の前に明かされる「エピソード0」

投稿日:

3月15日より公開される映画『キャプテン・マーベル』。
ファンの方はもちろん、ビギナーの方も見逃せない本作の見どころをご紹介していきます!

作品概要

「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の一作で、MCUでは始めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメント。
アベンジャーズ結成前の1990年代を舞台に、過去の記憶を失った女性ヒーロー、キャプテン・マーベルの戦いを描く。
主人公:キャプテン・マーベルを演じるのは、『ルーム』でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。
そのほか、サミュエル・L・ジャクソン、ジュード・ロウらが共演。
マーベル映画では初の女性監督となるアンナ・ボーデンと、ボーデンとともに『ハーフネルソン』などでコンビを組んできたライアン・フレックが監督を務める。

あらすじ

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から落ちてくる。
彼女は驚異的なパワーを持っていたが、身に覚えのない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。
やがて、その記憶に隠された秘密を狙って正体不明の敵が姿を現し、彼女は後にアベンジャーズを結成するニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に戦いに身を投じることになる。

初の女性ヒーロー単独主演

主人公は、過去の記憶を失った女性ヒーロー【キャプテン・マーベル】。
女性ヒーローが単独主演を務めるのは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)“初”のことです。

これまで数々のスーパーヒーローが登場してきましたが、その中でもキャプテン・マーベルは「マーベル史上最強のヒーロー」との呼び声も高く、その超人的な強さに注目が集まっています。

キャプテン・マーベルの能力

原作コミックにおけるキャプテン・マーベルは、超人的な筋力やスピード、スタミナ、耐久力ほか、飛行能力も備えています。
さらに、“第七感”と呼ばれる予知能力も…!
彼女が持つ、いくつもの驚異的な能力がどのように映像化されているのか…、期待が高まります。

また、本作では「フォトンブラスト」という手から光線を出す技が彼女の必殺技となっています。
予告映像には、ニック・フューリーとの会話中に突然フォントンブラストを発射してみせ、驚くニックを横目にドヤ顔を浮かべる彼女の姿が。

最強の必殺技を持つキャプテン・マーベルですが、“本当の自分”を知らず精神的に未熟なため、フォトンブラストを完璧にコントロールすることができません。
最終的に彼女はこの技を使いこなせるようになるのでしょうか…?

ブリー・ラーソン

キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンは、史上最強とも言われる女性ヒーローを演じるにあたって驚異の肉体改造をしたことが明らかになっています。

ボクシング、キックボクシング、柔道、レスリング、柔術など5種目のトレーニングを1日2~4時間、週5日実施。
最終的には、ジープを自力で引っ張ることができるようになったといい、リアルヒーローと言っても過言ではない状態で撮影に挑んだとのこと。

彼女の鍛え上げられた肉体を駆使した大迫力のアクションに心奪われること間違いなしです!

誰が敵かわからないサスペンス要素

本作では、キャプテン・マーベルに襲い掛かる敵が人間に擬態することができるというのも大きな見どころとなっています。

庶民に見える人が本当は敵かもしれない…。
もしかしたら仲間だと思っていたあの人も……?という緊張感が、観る者を『キャプテン・マーベル』の世界観にグッと引き込みます。

周囲の誰が敵なのかわからないというサスペンス要素を存分に楽しみましょう。

ビギナーにもおすすめ

物語の舞台は、アベンジャーズ結成前の1995年。
つまり本作は、「エピソード0」を描いているということになります。

興味はあるけど、これまでのシリーズを見ていないから…という方にもおすすめ!
4月公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』を前に、本作から観始めてみるのもいいのではないでしょうか。

日本語吹替版も豪華!

本作は、日本語吹替版も豪華キャストとなっています。

主人公のキャプテン・マーベル役を務めたのは、声優としてだけなく、歌手やナレーターとしても活動する水樹奈々さん
オーディションでこの役を射止めた水樹さんは、キャプテン・マーベルを演じるブリー・ラーソンさんと同じように腹筋をして体を作り吹き替えに挑んだそうです。

ジュード・ロウ演じるスターフォースの司令官役は、『ズートピア』のニック役や『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のダンブルドアの声を務めた森川智之さん
チームの有能なスナイパーで、妖艶な美貌を持つ部下ミン・エルヴァ役は、『けいおん!』の秋山澪役などで知られる日笠陽子さんが担当。
さらに、キャプテン・マーベルの失われた記憶に潜む“秘密”を狙う宿敵・タロス役を『忍たま 乱太郎』の土井先生役で知られる関俊彦さんが務めます。

そして、若き日のニック・フューリー役は俳優の竹中直人さんが続投…と、とにかく豪華!
ご紹介した以外にも様々な有名声優さんが参加しているので、特に声優ファンの方はぜひ日本語吹替版もチェックしてみてくださいね!

まとめ

記憶を失ったキャプテン・マーベルの過去、人間に擬態した敵…、とにかく分からないことだらけの本作。

全貌を目の当たりにした時、どんな感動が待ち受けているのか。
そして、4月公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』にどうつながっていくのか。

これは見逃さないわけにはいきません!
ファンの方はもちろん、これまでシリーズを見たことがない方もぜひ劇場へ!

-おすすめ映画

Copyright© ザ・シネマプレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.