映画『まく子』 感想 優しく不思議な世界観に癒される

直木賞作家・西加奈子さんの同名小説を映画化した『まく子』が、3月15日より全国公開されました。
描かれていたのは、ファンタジーとリアリティが入り混じった不思議な物語。
ホッと一息つきたい時におすすめの感動作です…!

あらすじ

ひなびた温泉街の旅館の息子サトシ(山崎光)は、小学5年生。自分の体の変化に悩み、女好きの父親(草彅剛)に反感を抱いていた。
ある日、美しい少女コズエ(新音)が転入してくる。
言動がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に魅せられていく。そして「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けられる。
枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエが、やがて町の人々みんなにまいたものとは…。

ノスタルジックで不思議な世界観

「少年の成長物語」というのはさまざまなジャンルの映画で描かれていますが、この作品はなんとも不思議な世界観で物語が紡がれていきます。

ひなびた温泉街、思春期の少年、「ある星からきた」という謎の転校生…と、まるで絵本の中の世界にいるかのような空気感。
どこか懐かしさを感じるのは、子供たちが携帯電話を持っていないからでしょうか。
大人なのに子供たちとばかり一緒にいる風変わりな青年・ドノ(しずる・村上純)のことも、不登校の少年・ルイ(内川蓮生)のことも、ごく普通のことのように受け止められる優しさがそこにはありました。

そんな独特の世界観をつくり出している最も大きな要因は、やはりコズエの存在だと思います。

枯葉や紙の花を楽しそうに撒く不思議な転入生・コズエ。まるで妖精のような雰囲気の彼女には、見ていて自然と惹き込まれてしまう魅力がありました。
キャラクター設定が個性的であることにプラスして、コズエを演じる新音さん自身がとにかく美しくミステリアス。
彼女にとって本作は2度目の映画出演ということですが、今後の女優としての活躍が楽しみでなりません。

大人になりたくない少年

小学5年生というと、心はまだ子供なのに体は少しずつ変化し始める微妙なお年頃。
「このままでいい」という思いと、ちょっと大人に憧れる気持ち…、「大人になるって何だろう」というサトシの葛藤には、かつての自分を重ね合わせて思わず共感してしまいました。

また、サトシのコズエに対する恋心も胸がキュッとなるポイント。
“興味”が“恋”に移り変わる様が丁寧に描かれていたので、子供の頃の初恋を思い出して、なんだか温かい気持ちになりました。

本作で主人公のサトシを演じているのは山崎光さん。
個人的には映画『真夏の方程式』(2013)での少年役が印象深かったので、彼自身の成長ぶりにもちょっと驚かされてしまいました。
大人に一歩近づこうする繊細な演技が素晴らしかったです。

草彅剛さんのダメ親父っぷり

サトシの父親・光一を演じた草彅剛さん。
普段のイメージとは全く違う雰囲気の役を、とても魅力的に演じていたのが見事でした。

家族を愛しているのに浮気してしまうダメダメっぷり。
でも、なんだか色気があって…いつもフニャッとしている感じが憎めなくて……これはモテる!となぜか納得してしまっている自分がいました(笑)

すれ違っていた光一とサトシ。ラストの親子のやり取りは圧巻!
自分が思春期の頃にこの作品を観ていたら、どう感じたのだろう…?とも思わされました。
お子さんのいる方は、ぜひご家族で一緒に観てみていただきたいです。

まとめ

決して派手さはありませんが、心が少し軽くなるような感動を与えてくれる作品です。
何かと忙しいこの時期だからこそ観ていただきたい!
気になる方はぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!