「自称映画通」のウザいところ・イタいところ

映画好きだからこそ分かるんです。自称映画通のウザさが
マウントを取るという表現は映画通のためにあるんじゃないかと思うこともしばしば…。
「こんな映画通は嫌だ!」という例を5つ選びました。当てはまってたら気を付けて!!

名作を語り過ぎる


名作映画を見ていない人に対して「あの映画観てないなんて、人生損してるよ」と言って来る人です。
冗談ぽく言うのなら全然問題はないんですけどね。しつこく鑑賞を要求してくる人は大体嫌われます。もしもこんな人に絡まれたら
「お前の損得を俺に押し付けるな。ブス」
こう言っとけば大丈夫!

謎の「洋画しか見ない」宣言


映画通って言っときながら邦画は見ないって時点で矛盾してます。
「洋画しか見ない」これを言う人はほぼ100%で邦画を見下している&洋画を楽しめる自分かっけー。と思ってる方がほとんど
可哀想な人なんです…。憐れんであげてください

メジャーな映画に批判的


とにかくメジャーな映画を批判する奴。
これも厄介ですね~。メジャーな映画というのは「メジャーになった理由」がある訳です。多くの人が気に入った確かな理由が!
でもこの人たちはそれを全否定してくるから困ったものです…。逆張りすれば簡単に評論家気分を味わえますからね。仕方ないのかも
でもいい大人がムキになってメジャーな作品を批判しているのはちょっと…。キモいです…

批判されるならば理論立てて、論破された方が気持ちいいもんですからね。見下したりしない批判を心がけてほしい。

ウンチクを言えばいいと思ってる


いや~、これも多いですよね。
「ロボコップのモデルは宇宙刑事ギャバンって知ってた?」とか「マトリックスって撮影のために本物の高速道路を約3kmも建設したんだぜ」とか、何かとウンチクを語っちゃう人。

確かに多くの人が知らないであろう知識を誰かに発信したくなる気持ちは分かるのですが、あの…別に語ってもカッコよくないよ…?
自慢げに言うんじゃなくて、サラっとウンチクを言える努力をしよう!

好きな映画を押し付けてくる


当たり前のことですが、価値観・感性は人それぞれ違います。
『自分が面白い=皆面白い』ではないし『自分が嫌い=皆つまらない』の訳もない
しかーし!いるんですよね、押し付けてくる人が。

しかもそういう人に限って、「ごめん興味ないから観たくない。」と正直に言うと拗ねるんです。いい年して拗ねるんです!
「これ観ないとか人生損してるよ」って言うんです!嗚呼恐ろしい!!

映画が好きなのか。それとも『映画が好きな自分が好き』なのか

すぐにマウントを取りたがる自称映画通のあなた!気を付けてね。

関連記事一覧