• HOME
  • おすすめ作品
  • 映画『ダンボ』 リアルすぎるダンボが気になる…!作品・見どころ紹介

映画『ダンボ』 リアルすぎるダンボが気になる…!作品・見どころ紹介

ディズニー・アニメの名作「ダンボ」を実写映画化した映画『ダンボ』。
リアルすぎるダンボのビジュアルが話題にもなっていますね!
今回は、公開前に知っておきたい映画『ダンボ』の作品情報と見どころについてご紹介していきます!

作品概要

1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』の鬼才ティム・バートン監督が実写映画化。
大きな耳を持つダンボが、引き離された母親を助けるため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す姿を描く。
愛らしい表情や仕草を見せるダンボに加えて、コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デヴィートといった豪華キャストが出演。

あらすじ

サーカスに、愛らしい子象が誕生した。“大きすぎる耳”をもった子象は“ダンボ”と呼ばれ、ショーに出演しても観客から笑いものに。
ある日、ダンボの世話を任されたホルト(コリン・ファレル)の子供ミリー(ニコ・ーカー)とジョー(フィンリー・ホビンス)が、悲しむダンボを元気づけるため遊んでいると、ダンボがその“大きな耳”で飛べることを発見する。
“空を飛ぶ子象”の噂は瞬く間に広がり、ダンボを利用し金儲けを企む興行師によって、ダンボは愛する母象ジャンボと引き離されてしまう。母を想うダンボに心を動かされたホルトの家族とサーカス団の仲間は力をあわせ、ダンボの捕われた母を救い出す作戦がはじまる――!

監督は鬼才ティム・バートン

名作「ダンボ」を<新たな物語>として実写映画化したのは、鬼才ティム・バートン監督

監督として活躍する以前の彼は、ディズニースタジオでアニメーターとして多くのアニメーション映画に携わってきました。
そして監督となってからは、DCの大人気ヒーローを主役とした映画『バットマン』によって監督としての地位を確立。
その後、『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』など多くの話題作を手がけ、世界中でカルト的人気を誇る映画監督となりました。

「『ダンボ』がお気に入りのディズニー・アニメーション」と公言する監督が、「ダンボ」の世界観をファンタジックに描きます。
ベースはそのままで生まれ変わらせた、オリジナルの感動物語に注目です。

アニメーション版との違い

アニメ版ではネズミのティモシーがダンボの相棒となっていましたが、本作ではダンボの世話を任されたホルトの子供ミリーとジョーが相棒になります。

そのことについて、脚本を担当したアーレン・クルーガーは「私たちの映画でもティモシーは登場しますが、このキャラクターがダンボに話しかける場面はありません。その理由は、すでにそういった場面がアニメーション映画に存在するからです。その代わりに人間のキャラクターがダンボと交流する場面を作りました」と。
実写版ならではの設定で、より感情移入しやすいストーリーに仕上がっているようですね。

さらに、アニメ版ではお酒を飲んだことによって空を飛べることに気付いたダンボ。
それが今回の実写版では、鼻から羽根を吸い込みくしゃみをしたことがきっかけとなっています。

この他にも実写版オリジナルの設定が劇中に登場するので、アニメ版を観たことがある方は、その“違い”を探しながら観てみてくださいね!

ダンボのクオリティ

今回、ダンボのビジュアルが公開された時、きっと多くの人が思ったことでしょう。
ダンボ、リアルだな……と。

私も最初、その“リアル象”なダンボにかなり驚きました。
空を飛んでいる姿も、まるで本物の象が飛んでいるかのよう……。

もちろんダンボはCGなわけですが、リアリティだけではなく現実世界との融合も大きな見どころの1つ。
周囲の世界観に合わせるようにしてデザインされたクオリティの高さ……、圧巻です!

夢の世界にワクワクが止まらない!

『ダンボ』の世界観には、ティム・バートン監督らしいポイントが満載!
見ているだけでハッピーな気持ちになれる色づかい、衣装やメイクなどの細かいところにもバートン感が表れています。

そしてもちろん、ディズニー映画らしい映像の数々も期待を裏切りませんよ!
幻想的なサーカスのシーン、楽しそうな巨大テーマパーク…子供の頃に戻ったかのようなワクワク感を味わえること間違いなしです。

夢の世界に入り込んだ気持ちで、素敵な『ダンボ』ワールドを楽しんじゃいましょう♪

竹内まりやさんが歌うエンドソング

アニメ版「ダンボ」で印象的な劇中歌、「ベイビー・マイン」
アニメの中では、母親象のジャンボが“大きすぎる耳”を持つ子象ダンボへの溢れるほどの“愛情”を、美しいメロディに乗せて歌うシーンで流れる印象的な楽曲です。
アニメを観たことがなくても、聴いたことがあるという方は多いかもしれませんね。

今回の日本版ではエンドソングとして流れる「ベイビー・マイン」ですが、この曲を歌っているのは竹内まりやさん
さらに、竹内さんのパートナーで、日本を代表するトップアーティストである山下達郎さんもバッキングコーラスとして参加しているんです!

豪華アーティストの参加でさらに魅力的に仕上がった名曲が、感動のストーリーを際立たせます。
劇場で、優しく温かく響く「ベイビー・マイン」に癒されましょう。

吹替版キャストに西島秀俊さん

本作は、日本語吹替版のキャストも豪華!

まず注目すべきは、スター・ホルト(コリン・ファレル)の声を担当する西島秀俊さん
ナレーションなど声の仕事でも活躍する西島さんですが、実写ハリウッド映画の吹き替えは初体験とのこと。
子どもたちを見守る“父親”の演技に注目です。

また、サーカス“ドリームランド”の経営者ヴァンデヴァー(マイケル・キートン)役を井上和彦さん、空中ブランコの女王コレット(エヴァ・グリーン)役を沢城みゆきさん…と、その他のキャラクターの声優もゴージャス!

気になる方は、ぜひ日本語吹替版もチェックしてみてください!

まとめ

アニメ版「ダンボ」をベースに、ティム・バートン監督とディズニー映画の魅力がたっぷりつまった映画『ダンボ』。
感動の物語とワクワクする世界観に魅了されること間違いなしです!

映画『ダンボ』は、3月29日(金)より全国ロードショー

関連記事一覧