『町田くんの世界』新予告&岩田剛典のシーンカット公開!

安藤ゆき氏の人気漫画を石井裕也監督のメガホンで実写映画化する映画『町田くんの世界』より、新予告と場面写真が公開された。

『町田くんの世界』

本作は、「別冊マーガレット」で連載されていた安藤ゆき氏による同名コミックを実写化した青春映画。
運動も勉強も不得意だが、持ち前の真面目さと優しさで周囲の人々を惹き付けていく高校生・町田一の物語を描く。

メガホンをとるのは、『舟を編む』の石井裕也監督。

1000人以上が参加したオーディションを勝ち抜いた新人俳優の細田佳央太が主人公・町田くんを、関水渚がヒロイン・猪原さんを演じ、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子ら豪華キャストが脇を固める。

新予告&シーンカット公開

このたび公開された新予告は、前田や岩田、池松らが「町田くん」の名前を口にする場面から始まり、涙を流すさくら(高畑)に町田くんが「さくらさんは大切な人だよ」と励ます様子などを収録。
場面写真では岩田演じる氷室雄が町田くんの胸ぐらを掴むシーンが切り取られている。

また、新人俳優の細田と関水からのコメントも到着した。

細田佳央太(町田くん役)

「町田くんのキャラクターに悩んでいた僕に、石井監督は『全人類を家族だと思う子は、この世に町田くんしかいない。困った時は、神様のような子だと考えてみなさい』と声をかけて下さいました。それくらい彼は唯一無二で、素敵な子だと。その言葉をいただいてからは、町田くんという役に少し近づけた気がします」

関水渚(猪原さん役)

「猪原さんは、感情豊かなキャラクターだと思います。怒るシーンなどは『リミッターを外して振り切った演技をするように』と石井監督が指導してくださいました。振り切るということが難しくて、とても悩みましたが、それを意識して猪原さんを演じました」

映画『町田くんの世界』は6月7日より全国ロードショー。