話題作であり問題作?『麻雀放浪記2020』作品・見どころ紹介!

公開前から多くの注目を集めてきた映画『麻雀放浪記2020』が、4月5日いよいよ公開となります。
ぶっ飛んだ内容と濃厚すぎる登場人物たち…、まさに平成最後の問題作!?
今回は、その作品概要と見どころについてご紹介していきます!

作品概要

1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也氏のベストセラー小説「麻雀放浪記」を再映画化。
『孤狼の血』などの白石和彌が監督、俳優・斎藤工が主演を務める。

あらすじ

新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止となった2020年の東京。
人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。
そんな荒廃した東京に、坊や哲(斎藤工)が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。
坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世界だった。
坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。

原作:阿佐田哲也「麻雀放浪記」

原作は、阿佐田哲也氏による昭和の大傑作「麻雀放浪記」。

賭博としての麻雀を題材としており、1969年「週刊大衆」に最初のシリーズが連載されると、昭和40年代の麻雀ブームの火付け役として人気を博しました。

1972年までに「青春編」、「風雲編」、「激闘編」、「番外編」の計4シリーズが連載。
1984年、和田誠監督によって映画化されたほか、漫画化もされています。

監督・白石和彌

メガホンをとったのは、『孤狼の血』でブルーリボン賞、日本アカデミー賞など数々の映画賞を総ナメにした白石和彌監督。

10年前から本作の構想を温めてきたという斎藤工さんとタッグを組むことにより、主人公が1945年から2020年にタイムスリップするという大胆なアレンジが完成。
予測不能の“ぶっ飛んだ”世界が繰り広げられます。

濃厚な登場人物たち

並みならぬ熱量でこのプロジェクトを発信してきた斎藤工さんが演じるのは、主人公・坊や哲
敗戦直後の東京の片隅でひたすら麻雀を打ち続け、様々な勝負師との出会いを経て、人生について学んでいく若者を体現します。

ふんどし一丁で麻雀を打つ姿も、ねっとりとしたラブシーンもとにかく濃い
圧倒されるような迫真の演技には爆笑&感動間違いなしです!!

さらに強烈なのは、驚きの設定で作品を盛り上げる個性的な登場人物たち。

坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を、歌とアコーディオンの

姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・ももさんが、その地下アイドルたちを抱える芸能プロダクションの社長で、ドテ子の部屋に転がり混むクソ丸を竹中直人さんが演じます。

ももさん演じるドテ子に関しては、劇中でシマウマと“いたしてしまう”シーンがある…とのこと。
衝撃的にオカシなシーンの数々は必見ですよ!

さらに、坊や哲がいた元の時代で麻雀クラブ「オックス」のママをしているゆき役には、タレントでモデルのベッキーさんが抜擢。
ベッキーさんは、なぜか未来に現れるAI搭載アンドロイドの役も演じており、不可思議な2役を兼任しています。

ほかにも的場浩司さん、小松政夫さんといった実力派俳優から、映画初出演となるミュージシャン・岡崎体育さん、さらには総費用2億円以上の全身整形を施したことでも知られるタレントのヴァニラさんまで登場!

濃厚すぎる登場人物たちは一体なにをやらかすのか!?期待が高まります!

全編iPhone撮影

本作は、邦画で初の試みとなる常時20台のiPhoneを駆使し、全編撮影されています。

全編iPhoneで撮影された「タンジェリン」に感銘を受けたプロデューサーと、以前からiPhoneでの映画制作を切望していた白石監督の思いが合わさって実現した今回の撮影方法。
ビデオカメラアプリ「FiLMiC Pro」をメーカー協力のもとチューンナップし、新たな制作スタイルを生み出しました。

いつも観ている映画とはテイストの違う映像が、作品の世界観とどうマッチしているのか?とても気になるところ。
これは劇場で確認してみる価値ありですね!

平成最後の問題作

公開まで全ての関係者も含め一切鑑賞できないという、前代未聞の“試写会やらない”作品としても話題を集めていた本作。

性や暴力の過激描写、物語の背景設定など反逆的な場面が多いことから、マカオ国際映画祭への出品は中止に。
そして、出演者のピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕…と、公開までの間にさまざまな苦難もありました。

映画関係者、作品を待ちわびている観客…たくさんの人のさまざまな想いが込められた『麻雀放浪記2020』、4月5日に無事公開を迎えます!
平成最後の最も危険な【センセーショナル・コメディ】気になる方はぜひ劇場へ!