ディズニーの映像配信サービス『Disney+』11月12日から米国で開始が決定!

アメリカの「The Walt Disney Company」は現地時間の11日、映像配信サービス「Disney+」を米国で11月12日より開始することを発表しました。

このサービスでは、以下の番組が視聴できます。

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スターウォーズ
  • ナショナルジオグラフィック

現時点ではアメリカ以外でのサービス開始は発表されていません。

しかし、『2年以内に世界のほぼすべての主要地域で展開予定』だという事を新たに明かしました。

ちなみに月額料金は6.99ドル(約:800円)となっています。

『Disney+』とは

『Disney+』では映画作品やテレビ番組を配信する定額サービス。

HuluやNetflixと同じ動画配信のサブスクリプションです。

配信される作品は、最初にお話したシリーズに加えて

  • 25作品以上のオリジナルシリーズ
  • 10作品以上のオリジナル映画/ドキュメンタリ―

などをラインナップしています。

オリジナル作品として配信予定なのは以下のシリーズ。

【マーベル】

実写シリーズ
「The Falcon and The Winter Soldier」

アニメシリーズ
「What If…?」

【ディズニー】

ドキュメンタリーシリーズ
「Into the Unknown: Making Frozen 2」

アニメ映画
「The Phineas and Ferb Movie(仮題)」

ミュージカルシリーズ
「High School Musical」

スター・ウォーズシリーズの実写映画
「The Mandalorian」

スターウォーズ新シーズン
「Star Wars: The Clone Wars」

【ピクサー】

トイ・ストーリーをベースにした
「Forky Asks a Question」

ショートフィルム
「Lamp Life」

【ナショナルジオグラフィック】

ドキュメンタリー
「The World According to Jeff Goldblum」
「Magic of the Animal Kingdom」

この他にFOX作品もラインナップ。

  • 「The Simpsons」全30シーズン
  • 「The Sound of Music」
  • 「The Princess Bride and Malcolm in the Middle」

などを含めた7,500以上のテレビ番組と500本の映画作品が2019年以降に見られるようになります。

『Disney+』では大人気のマーベル作品や、ディズニーなどを抱える非常に大きな動画配信プラットフォームになります。

現在の動画配信サービスでは、「Netflix」が一歩抜き出ているイメージがありますが、『Disney+』の開始により勢力図がガラリと変化するはず。

また、日本ではNTTドコモが

  • ディズニー
  • ピクサー
  • スター・ウォーズ
  • マーベル

以上4ブランドの映像コンテンツが見放題となる映像配信サービス「Disney DELUXE」を3月26日に開始しています。

『Disney+』の日本配信がいつどのようになるかはいまだ未定ですが、どのような展開をしていくのか期待が膨らみますね!