dTVのラインナップは本当に充実してる?ジャンル別に他サービスと比較

ある動画配信サービスの中で、どれを使うかは「観たい動画が充実してるか」が一番大きいですよね。

  • コナンやルパンといった子供と一緒に見られるアニメをたくさん観たい
  • 友達と学校で盛り上がれるような人気の最新映画を見たい

などなど好みは人それぞれ。

そこで、まずは公式サイトで配信作品のラインナップを確かめると思います。

でも、ズラーっと配信作品が出てきて、見たいジャンルの動画が充実してるかイマイチわかりません。

これじゃ契約するか、他のサービスにするか迷っちゃいますね。

そこで本記事では、dTVのラインナップ及び、どのジャンルが強いのか他の動画配信サービスと比較しながらご紹介します。

今まで観たいと思っていた動画が全然配信されていなく、イライラしていたあなたもdTVなら配信されているかもしれません。

ですからまずはdTVのラインナップを確かめ、好きな動画を十分に楽しめるサービスなのかを見極めましょう。

『dTV』ラインナップ充実度チェック!ジャンルごとに他社と比較

  dTV Hulu U-NEXT

追加料金(課金要素)

有料作品あり なし(全て見放題) 有料作品あり
ジャンル 海外ドラマ 約200作品 約320作品 約550作品
韓/華ドラマ 約300作品 約60作品 約750作品
国内ドラマ 約220作品 約930作品 約580作品
洋画 約800作品 約500作品 約3,900作品
邦画 約410作品 約1,200作品 約2,700作品
アニメ 約430作品 約840作品 約2,200作品
キッズ 約360作品 約500作品 約1,300作品
バラエティ 約50作品 約140作品 約2,100作品

※作品数は有料のレンタル動画を除く、見放題動画のみとなっています。

「動画配信サービスで観たい動画が全然ない!」

なんてことがあるのは、その動画配信サービスの特徴があなたの好みにマッチしていないからです。

そこでdTVはどんな人に見ているのか、ジャンルごとのランナップを他社と比較しながら見て行きましょう。

映画のラインナップ「洋画が充実」

せっかくdTVを利用するなら、やっぱり映画は見ておきたいですよね。

他サービスと比較しても月額500円はやっぱり破格です。

しかし、果たしてラインナップはどうなのでしょうか?

洋画と邦画ごとに見て行きます。

洋画

主な配信作品

バック・トゥ・ザ・フューチャー、ミニオンズ、アイアンマン、ジュラシック・ワールド、メン・イン・ブラック、ウォークラフト

dTVで配信されている洋画のタイトル数は約800本!

Huluの500作品を大きく上回っています。

そして作品名を見ても「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など昔懐かし名作から、比較的新しい映画まで揃っているんです。

ですから洋画をメインに観るなら、dTVはコスパ最強の配信サービスと言えます。

邦画

主な配信作品

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル、ユリゴコロ、ひるなかの流星、舟を編む、聖の青春

続いてdTVの邦画を見てみると、他社のサービスと比べて作品数が少ないのが気になりました。

Huluの約1,200作品と比べると約3分の1しかありません。

ただ配信されているラインナップを見てみると、人気作品はそれなりに抑えている印象です。

ですから人気作品だけ観られればいいという方にはいいかもしれません。

逆にマイナー作品まで満遍なく見たいなら、HuluやU-NEXTをおすすめします。

ドラマのラインナップ「海外、特に韓国ドラマが充実」

うっかり見逃してしまったドラマや、ハラハラドキドキの展開がたまらない海外ドラマなどdTVではドラマも大人気です。

そこで海外ドラマと国内ドラマのラインナップを見て行きましょう。

海外ドラマ

主な配信作品

海外ドラマ:ウォーキング・デッド、リーサル・ウェポン、SUITS/スーツ、シカゴ P.D.

ゴシップガール

韓・華流ドラマ:オクニョ 運命の女、野獣の美女コンシム、冬のソナタ、アテンションLOVE、華麗なる玉子様~スイート・リベンジ

dTVの海外ドラマの配信作品数は

  • 海外ドラマ:約200作品
  • 韓・華流ドラマ:約300作品

です。

充実度で言えば海外ドラマが若干少なめ、対して韓流・華流ドラマは非常に充実しています。

またdTVは過去にウォーキング・デッドなどが配信されているFOXチャンネルのリアル視聴が出来ましたが、現在は出来ません。

ですから海外ドラマを見るならdTVよりも配信数が多く、FOXチャンネルも見れる「Hulu」か「U-NEXT」がおすすめです。

ただし、韓国、中国のドラマを見るならdTVの方をおすすめします。

Huluでは韓・華流ドラマが60作品しか配信されていないので、dTVの方が圧倒的に充実したラインナップとなっているんです。

冬のソナタのような昔懐かしのドラマから、イケメン韓流スターが出演する最新のドラマまで揃っています。

国内ドラマ

主な配信作品

SPECシリーズ、民王、勇者ヨシヒコと魔王の城、今日から俺は!!、孤独のグルメ

毎週欠かさず見ている好きなドラマって1本くらいはありますよね。

それなのに仕事疲れなどでうっかり見逃しちゃったときのショックときたら…

そんな時にdTVのような配信サイトが非常に便利です。

それでdTVの国内ドラマのラインナップはというと、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

「SPEC」など人気作品はありますが、「逃げるは恥だが役に立つ」のように過去作であっても人気のものは有料動画が目立ちます。

ですから国内ドラマを中心に見る予定でしたら、見たいドラマがdTVで配信されているか事前にチェックしましょう。

アニメのラインナップ「アニメ見るならdアニメ」

主な配信作品

名探偵コナン、進撃の巨人、アンパンマン、キングダム、かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

dTVでアニメを見るおつもりならハッキリ言っておすすめしません。

というのも配信作品が約430作品しかなく、「Hulu」840作品、「U-NEXT 」2,200作品と比べると圧倒的に少ないからです。

それにdTVやHulu、U-NEXTよりも、アニメに特化したおすすめのサービスがあります。

それが「dアニメ」です。

dアニメは月額400円とdTVよりも安く、約2,800作品ものアニメを見ることが出来ますよ。

dTVのラインナップ充実度まとめ
★邦画に弱いが、洋画がメッチャ充実♪

★海外ドラマ・国内ドラマは微妙…韓・華流ドラマを見るには最適♪

★アニメ見るならdアニメが断然お得!キッズアニメならdTVでも可

dTVなら契約前でも配信ラインナップを確認できる♪

dTVがだいたいどのジャンルの動画が充実しているのか分かりました。

でも具体的にどんな作品が配信されているのかも気になりますよね。

そこでdTVで配信されている作品ラインナップを確認する方法をお伝えしましょう。

もちろん、契約前の方でもご確認いただけるので安心して下さい。

dTV公式サイトに進んだら、スマホ・パソコンのお好きな方からラインナップを確認しましょう。

スマホから配信作品を確認する

ステップ1.メニューを開く

dTV公式サイトを開いたら、画面右上にある3本のラインを押してください。

するとメニューガジェットが開きます。

ステップ2.ジャンル好きなジャンルを選択

メニューの中にジャンルという項目があります。

そして下のリストに海外ドラマなど様々なジャンルがあるので、ラインナップが気になるジャンルを押しましょう。

ステップ3.全ての動画を表示し、見放題に絞る

次に「すべて見る」を押すことでそのジャンルの動画一覧を表示することが可能です。

ただし、この段階だとお金がかかる有料動画も混ざっています。

追加料金が掛からない見放題動画だけ確認したい場合は、「見放題」というところにだけチェックを入れましょう。

これであなたが観たいジャンルに動画は、どんな作品があるのか確認することが出来ます。

パソコンから配信作品を確認する

ステップ1.上部にある「ジャンル」を選択

まずは画面上部にある「ジャンル」にカーソルを合わせてください。

ステップ2.好きなジャンルをクリック

するとズラッとジャンルのリストが現れるので、お好きなジャンルをクリックしましょう。

ステップ3.全ての動画を表示し、見放題に絞る

続いて「すべて見る」をクリックしてそのジャンルの動画を全て表示させることが出来ます。

さらに追加料金が発生しない見放題動画だけに絞るには、画面上部の「見放題」だけにチェックを入れましょう。

これでパソコンからでも簡単に好きなジャンルのラインナップを確認できます。

dTVで観れるおすすめ作品のラインナップはこちら

最後にdTVで観ることが出来るおすすめの作品をご紹介しましょう。

特に“dTVでしか”見られない「dTVオリジナル」作品に注目です!

インセプション

あらすじ

ドム・コブは人が夢を見ているときに潜在意識に潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという驚きの技術を持つ犯罪者である。

そしてその技術は陰謀渦巻く企業スパイの世界で引っ張りだこ。

しかしそれが原因で最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。

そんな不幸を覆し、幸せな人生を取り戻すため、彼は“インセプション”と呼ばれる災難殿ミッションに挑むことに…

ハイレベルな頭脳戦

この作品の面白さはなんと言っても複雑怪奇な設定です。

物語を理解するためには、頭の中で設定を反復しておく必要があります。

しかし、それ上に登用人物の行動理由など理解できたときに面白さが倍増するんです。

ネタバレになるので細かい設定には触れませんが、この映画の本質的なテーマ「自分が何をしたいのか」という点に注目してみてください。

この複雑な設定は一度見ると癖になってしまう、非常によくできた映画です。

帝一の國

あらすじ

全国屈指の優秀な学生800人が通う日本一の名門校・海帝高校。

そんなエリート校に入学した赤場帝一の夢は、総理大臣になり自分の国を作ること。

なぜなら海帝高校の生徒会長になれば将来の内閣入りが確約されると言われているからだ。

帝一は野望を実現させるためにどんな汚いことも辞さない覚悟だったが、想像を絶する罠と試練が待ち構えていた。

優等生が生み出す笑いと感動

ジャンル的にはコメディ映画と言える作品なのですが、最後には感動もあってドラマとしても面白いです。

ジャンプスクエアで連載されていた人気漫画が原作だけあって、キャラも濃くて見ていて飽きが来ません。

そして、ときおり笑いを誘いながらも、登場人物全員が強い信念のもとブレない心を持っています。

不思議とキャラに心奪われる作品です。

銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-(dTVオリジナル)

あらすじ

原作でも特に人気の高い3つのギャグ回を映像化!

眠れないループに入った神楽が「眠れないアル」を連呼しながら、銀時を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」。

禁煙ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、土方が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」。

銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」。

腹筋崩壊の神回

シリアスとギャグがカオスに入り乱れた世界感こそが銀魂という作品の魅力です。

そんな銀魂ですが今回は100%ギャグに振り切っちゃいました。

中でもおすすめは「土方禁煙篇」。

原作ファンも納得する再現度に爆笑していると、宇宙へ向かう車内で無駄にクォリティの高い「銀河鉄道999」のメーテル出現。

こちら原作にはないdTVオリジナルならではの攻めた禁断のパロディキャラです。

そこからは原作ファンですら予想不可能な展開に笑いが止まりません。

花にけだもの(dTVオリジナル)

あらすじ

超純粋な“久実”が転校先で出会ったのは“けだもの男子”たちでした…

王子様の仮面を被った超プレイボーイの“豹”。

何を考えているのか分からない無口でクールな“千隼”。

誠実で心優しく太陽みたいな“竜生” 。

タイプの違うS級イケメン男子たちとの危険なラブで、久実の学校生活はどうなっちゃうの??

顔面偏差値高すぎぃ!!

今作の見どころは何といっても3人のイケメンキャラにそれを演じるイケメン俳優です。

何をやっても許しちゃうほど、超絶イケメン“豹”を演じる「杉野遥亮」。

末っ子で心優しく、豹と恋のライバル同士になる純白美男子、“千隼”演じる「松尾太陽」。

常に無弱で可愛らしい笑顔を振りまいてくれる“竜生”を演じる「甲斐翔真」。

まるで自分がイケメンにちやほやされているかのような妄想にどっぷり浸かっちゃってください♪

パパ活(dTVオリジナル)

あらすじ

ごく普通の女子大生・杏里(20)は、母親に恋人ができたことで家から追い出される。

交際中の彼氏にも見放され、ネットカフェを転々とする日々。

そんなあるとき、友人から「パパ活」の存在を聞く。

最初は乗り気じゃなかった杏里だが、生活費を稼ぐためにパパ活サイトを通じて航(45)という男性と出会い、その日は彼が契約するマンションの一室で1人で眠ることに。

数日ぶりの眠りに安堵する杏里だが、翌朝思わぬ形で航と再会する…

昼ドラ以上!?奇妙なドロドロ関係

昼ドラに良くある不倫をテーマにしたドロドロ展開。

しかしこのドラマはそれ以上に奇妙な関係に…

渡部篤郎演じる航と、飯豊まりえ演じる女子大生 杏里がパパ活によって出会い、偽の親子関係を築いていく。

そして、徐々に互いに親子の関係を超えた感情を持ち始めてしまうのです。

最後まで全く読めないドキドキハラハラの展開をお楽しみください。

まとめ

dTVと契約しようか迷っていた方々。

自分が観たいと思った動画ラインナップは充実していたでしょうか?

dTVは月額500円という圧倒的な安さが魅力ですが、それゆえに配信されているラインナップには偏りがあります。

  • 邦画に弱く、洋画に強い
  • 韓・華ドラマに強い
  • アニメに弱い

この3つの特徴をとらえた上で、あなたに合っているかどうか見極めてみてください。

もし見たい動画があったなら、dTVは最高にコスパのいい動画配信サービスと言えるでしょう。