【2019最新版】U-NEXTおすすめ映画30作品!観るべき映画、教えます

休日をダラダラ過ごすよりも、U-NEXTで映画を楽しみたいと思っているあなた。

いざ映画を見ようと思っても、どれを見ようか迷いますよね。

「ターミネーターのようなSF系がいいなぁ」という曖昧な希望はあっても、

「この監督のこの映画が見たい!」という情熱的な思いまではない。

それに気になる作品を見つけ、いちいちネットの評価を確かめるのも面倒くさい・・・

そんなあなたに、

「つまらなかったとは言わせない」おすすめの映画を私がズバッとご提示しましょう。

自分で映画を探す面倒な手間も、退屈な映画で時間を無駄にすることもありません。

30作品から面白そうと思った映画をバンバン見まくってください。

きっと寝るのも、もったいないくらいにどハマリする映画に出会えることでしょう。

Contents

U-NEXTで観れるおすすめ映画トップ15【洋画編】

まずはおすすめの洋画からご紹介します。

CGを使ったド迫力な演出など、洋画ならではの演出を堪能下さい。

15位 グランドイリュージョン(2013年)

あらすじ

4人の天才イリュージョニストによって結成されたチーム“フォーホースメン”はラスベガスでショーをしながら遠く離れた地、パリの銀行から金を奪う。

FBIとインターポールから追われる身となった彼らだが、見つめる先は誰よりも遠くを見ていた。

痛快、爽快イリュージョン!

奇想天外なマジックを駆使してお金を盗み出す犯罪マジシャン集団。

この設定だけでも「面白そう!」と思ってしまいますね。

実際に見てみても一つ一つのイリュージョンに目を奪われ、どんでん返しに次ぐどんでん返しの展開に最後まで飽きることがありません。

映画自体が一つのマジックとも言える今作品、見なきゃ絶対に損です!

14位 きみがぼくを見つけた日(2009年)

あらすじ

6歳の時、タイムトラベラーの宿命を背負ったヘンリーとクレアは運命的な出会いを果たす。

以来、幾度となく現れるヘンリーに心惹かれていった彼女は、20歳のある日、図書館で“リアルタイム”のヘンリーと出会う。

ふたりはたちまち恋に落ちるが…。

時空を超える感動ラブストーリー

オードリー・ニッフェネガーの世界的ベストセラー小説が原作のラブストーリーです。

恋愛映画の醍醐味と言えば、恋人たちの意思だけではどうにもならない障害があることですよね。

「時間と時空」それが今作の恋の障害となっています。

病気や距離ではない、少しファンタジックな壁です。

ヘンリー自身、どこに行くかはコントロールできないため、自分の意志で彼女との距離を縮められない切なさがあります。

そんな時空を超える愛の運命に打ち勝とうとする2人の姿に感動を呼ぶ珠玉のラブストーリーです。

13位 ジュリエットからの手紙(2010年)

あらすじ

ある日、ロンドンに暮らすクレアの下に1通の手紙が届いた。

それは50年前にクレアがジュリエットに送った恋の悩みへの返事だった。

長い時を経て、思いがけずに届いた手紙に後押しされ、クレアはロレンツォとの再会を果たすため、イタリアへ向かう決意をする。

1通の手紙が運命を動かす

シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア・ベローナ。

この地で行われている、世界中から届く恋愛相談の手紙に「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性が返信をする“ジュリエットレター”を題材とした恋愛物語です。

「ロミオとジュリエット」では悲劇的な結末を迎えるラブストーリーとして有名ですが、本作では50年前の恋人探しの成就というハッピーエンドとなっています。

さらに、もうひとつのハッピーエンドが・・・

二重のラブストーリーを楽しめるというのがこの映画の魅力です。

12位 X-MEN(2000年)

あらすじ

突然変異による特殊能力を持つミュータント集団“X-MEN”。

彼らは、世界征服を企む別のミュータント集団ブラザーフッドと対立していた。

そんな中、ブラザーフッドを率いるマグニートーの恐るべき策略が明らかになる…。

悪、そして苦悩との闘い

ビームに再生能力、パイロキネシスなど魅力的な能力をもつキャラクターがたくさん登場し、敵味方関係なく見ていてワクワクが止まりません。

しかしX-MENの本当の魅力は超人的な能力でなく、人間の苦悩が繊細に描かれている点です。

悪も正義もミュータントであるがゆえ、人との違いに苦悩しながら戦っています。

何が正義で何が悪なのか深く考えさせられるX-MENシリーズの始まりの作品です。

11位 プラダを着た悪魔(2006年)

あらすじ

ジャーナリスト志望のアンドレアが就職したのは、一流ファッション誌の編集部。

業界の誰もが恐れる編集長ミランダの無理難題を見事にこなし、自身もファッショナブルに変身していく。

しかし仕事を頑張れば頑張るほど、彼氏や仲間との関係が崩れていくのだった…。

仕事に生きる女性にこの1本

鬼編集長ミランダは朝来るなり鞄とコートを机にぶん投げたりと、現実なら100%パワハラ案件の暴虐ぶりです。

それでもアンドレアはめげずに淡々と仕事をこなし、自分のやりたいことのために進んでいきます。

キラキラ輝いて変わっていく彼女は、まさに働く女性の憧れ。

しかし、同時に失っていくものもある・・・

果たして彼女は正しい道に進んでいるのか?

恋に仕事に頑張る女性に見て欲しい1本となっています。

10位 アイアンマン(2008年)

あらすじ

億万長者で発明家の軍需産業会社会長トニー・スタークは、視察に訪れた軍のキャンプでテロリストに襲われる。

テロリストに兵器開発の強制をされるが、自ら戦闘するためのパワースーツを作り、テロリストに立ち向かう。

戦う発明家の誕生

アイアンマンとして戦う男を描いたアクション超大作。

今やシリーズものとなった人気作ですが、まだ見たことがない人もいるでしょう。

そんな人は、この機会にぜひ見て欲しいのです。

今話題のアベンジャーズとしても出てくる彼の一番最初の雄姿がここにあります。

ヒーローでありながら人間くささが滲み出ているのが、アイアンマンの良いところです。

人間味あふれる私たちのヒーロー「アイアンマン」の始まりをご覧ください。

9位 エスター(2009年)

あらすじ

死産で赤ちゃんを失い、悲嘆に暮れるケイトとジョン夫婦。

表面だけでも普通の生活に戻そうと、養子を迎えることを決意する。

地元の孤児院を訪れた夫婦は、少女・エスターに惹きつけられ、引き取ることに。

だが、エスターの本性にケイトが気付き始める・・・

じわじわ沸き上がる恐怖

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦がその日以来、次々と奇妙な出来事に襲われる恐怖のホラー映画です。

幽霊でもないゾンビでもない怪奇現象でもない、そこにあるのはサイコパスが引き超す何とも形容しがたい恐怖。

一見、天使ように思える1人の少女「エスター」の狂気ぶり、時折見せるシリアスな表情は見るものを身震いさせます。

8位 恋人はゴースト(2005年)

あらすじ

サンフランシスコの病院に勤務する医師のエリザベスは帰宅途中、不幸にも交通事故で死亡する。

その後、彼女が住んでいたアパートをデヴィッドという男性が借りることに。

ところが、自分が死んだことを認められないエリザベスが、幽霊となってアパートに現れる…。

幽霊でも可愛ければいいのだ

コメディー×ファンタジー×ロマンスが詰め込まれた作品となっています。

事故に遭い、昏睡状態になったエリザベスのキャラクターがとてもチャーミング!

幽霊となって現れた彼女をデヴィットは除霊しようとしますが、いつのまにか2人の距離が・・・

もう、ニヤニヤが止まりません。

年齢的には大人のエリザベスとデビットですが、10代の恋愛のように初々しくて可愛らしい恋で私たちを幸せな気分にしてくれます。

ほのぼのとしたコメディー要素と甘酸っぱいロマンスに酔いしれるならこの作品で決まりです。

7位 第9地区(2009年)

あらすじ

南アフリカ上空に現れた謎の宇宙船。

エイリアンが地球を襲撃に・・・と思いきや実は、宇宙船の故障で漂着しただけだった。

その28年後、エイリアンと人間が暮らす共同居住区“第9地区”はスラムと化し…!?

一味違った宇宙人SF映画

宇宙人が地球に襲来!

となれば宇宙人(=悪)を地球人(=正義)がやっつける展開を想像すると思います。

しかし、この映画は違うのです。

醜い見た目のエイリアンですが、中身は人間よりも人間らしい心を持っていました。

そして物語が進むにつれて本当に醜いのは私たち人間だと思い知らされます。

これまでにない宇宙人SF映画の展開に、いつの間にか食い入るように見てしまうでしょう。

6位 メン・イン・ブラック(1997年)

あらすじ

舞台はニューヨーク。

刑事のジェームズは、犯罪者の追跡中、相手が人間でないことに気付く。

そして秘密機関MIBの黒服の男Kから、地球上に多数のエイリアンが人間に紛れて潜伏していることを明かされる。

そしてジェームズは過去を抹消し、秘密機関MIBのエージェントJとして生まれ変わる…。

傑作王道SF作品

「面白いSF映画はなんだ?」と問われたらまっさきに思い浮かぶ映画です。

個性的な見た目の宇宙人がたくさん登場し、人間社会で働くものもいます。

そして人間に害をなすような宇宙人は黒服姿のエージェントがアメリカンジョークを交えながら容赦なく、ぶっ飛ばすのです。

コミカルで、爽快で、迫力満点でSFの枠を超えた傑作映画をご覧あれ。

5位 アバター(2009年)

あらすじ

元海兵隊員のジェイクは、生命活動不可の衛星・パンドラで活動するための肉体“アバター”を使ったプロジェクトに参加。

そこで原住民族・ナヴィの娘・ネイティリと出会い恋に落ちるが、次第にパンドラの資源を搾取するアバター・プロジェクトに疑問を抱くようになる。

映画史に名を残した一作

3D映像による劇場公開が話題となり、爆発的大ヒットを記録した映画となっています。

最新のCG技術を用いた大自然の映像美に、SF要素満載のナヴィのビジュアルなどなど常に画面に目が釘付けです。

はたして先住民の娘と恋に落ちた主人公ジェイクがどうなってしまうのか、終盤からラストまでの衝撃的な展開にもご注目。

4位 MASK(1994年)

あらすじ

さえない銀行マン・スタンリーはある日、川で古ぼけたマスクを拾った。

家に持ち帰り、何気なくマスクを付けてみる。

その瞬間!マスクがゴムのように顔に吸いつき、竜巻が発生。

超スピードで回転したスタンリーは緑色の頭に黄色の派手なスーツを着た怪人に変貌していた。

何度見ても大爆笑

ジム・キャリー主演のSFコメディシリーズ「マスク」の1作目です。

主人公スタンリーの地味な行動から、マスクをつけた途端の大胆な行動のギャップがまさに見どころで、マスクを付けた後の行動が何をやっても面白い。

見ている人を楽しませるコミカルな動きで、見ているだけで自然とほほが緩みます。

難しいことは考えず、ただただ楽しく笑いたい人におすすめです。

3位 シックス・センス(1999年)

あらすじ

かつて担当していた患者に撃たれた小児精神科医のマルコムはリハビリを終え、他人に言えない秘密を抱える心を閉ざした8歳の少年・コールの治療に取り掛かる。

コールの秘密とは、死者を見ることができる“第6感”を持っていることだった。

衝撃の事実に呆然となる

非常に完成度の高いサスペンス映画です。

最後にあっと驚かせるサスペンスの本質を見事に表現されています。

そしてラストに繋がる散りばめられた伏線が回収されていく様はある種の芸術…。

それゆえにラストの衝撃的な事実にも、見たものの誰もが納得し、もう一度見返したくなるでしょう。

切なさと感動を生むストーリーが見たい人におすすめです。

2位 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年)

あらすじ

結婚式を2日後に控えたダグのため、フィル、ステュ、アランは高級ホテルでパーティを開催する。

だが翌朝、彼らの目の前に広がっていたのは荒れ果てた室内に赤ちゃんと虎、そしてダグの姿がない・・・。

二日酔いで昨夜の記憶がないフィルたちは、式までに必死にダグを探し始める。

最高の笑える馬鹿

トッド・フィリップス監督が手掛けたパワフルなコメディ映画です。

悪ふざけともいるアメリカンジョークが満載で、下品のネタもアメリカならでは。

この手の物でクスッと笑えるのが洋画のいいところですね。

男同士の悪ふざけを描いた今作は、特に男性におすすめします。

男性目線から描かれるスカッと来るストーリーは、見ていて嫌なことも全部吹っ飛んでしまうでしょう。

1位 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年)

あらすじ

1939年、英国がドイツに宣戦を布告し、第二次世界大戦が勃発する。

英国政府機関はドイツ軍が誇る暗号機「エニグマ」の解読に挑む。

暗号解読メンバーに招かれた天才数学者アラン・チューリングは他のメンバーとは離れ、一人で解読機の解読を始めるが…。

知られざる偉人の半生

実在した人物「アラン・チューリング」の半生を描いた伝記ドラマとなっています。

アランはコンピューターの基礎を作った「人工知能の父」と呼ばれている天才でした。

彼の功績によって終戦が2年も早められ、1,600万人以上の命が救われたとされています。

しかし、それほどまでの偉業を果たした彼がなぜ歴史に埋もれているのか?

その理由は、彼の悲しい半生にありました。

日の目を見ることのなかった彼の物語をぜひあなたの目でご確認ください。

続いては邦画のおすすめ作品トップ15!!