dTVは最強の音楽コンテンツだった!?人気曲からライブ映像まで楽しめる

もはや音楽はあなたの生活の一部となっているはずです。

  • 疲れた時に観ると元気になる大好きなアーティストが躍るライブ映像
  • 通勤・通学中、ただただやる事がないときに聴く音楽
  • 彼女を傍らに風が吹き抜けるドライブ中に流れるBGM

いまやどこでも聞くことが出来る音楽。さらに、ライブ映像やミュージックビデオなど音楽を目で楽しむコンテンツもたくさんあります。

そんな“音楽の世界”をコスパ良くどこでも楽しめる最高のサービスがdTV

dTVにはエグザイルなど人気のアーティストの楽曲はもちろんのこと、ライブ映像もたくさん配信されています。

心が音楽を求めているとき、ポケットからそっとスマホを取り出すのです。

そこから流れてくる音楽はあなたの心を癒し、元気を与え、涙を流させてくれるでしょう。

dTVこそ最強の音楽コンテンツである!その強みは?

音楽を楽しむ方法は様々あります。

TSUTAYAでCDを借りるもよし、パソコンからウォークマンに曲を入れるもよし。

ですが、その中でも音楽を楽しむならdTVが一番だという理由をこれからお伝えしましょう。

他を圧倒する音楽コンテンツの量!

最近ではdTVのように音楽配信サービスを利用する人が増えました。

しかし、数ある動画配信サービスの中でもdTVは音楽コンテンツの量がトップクラスなんです。

それは他の人気動画配信サービスと比べると明らか。

配信されている音楽動画の数

dTV U-NEXT Hulu
約100.000本 150本 100本

このように比較にならない程、圧倒的な本数の差があります。

ちなみにdTVでは主に「ミュージックビデオ」「ライブ映像」「カラオケ動画」の3種の音楽動画が収録されているんです。

特にdTVを利用するなら、ライブ映像をおすすめします。

現場の熱狂がビシビシと伝わり、まるで自分もその場にいるような気分になれるんです。

月500円というトップクラスの安さ!

dTVは動画配信サービスの中でも月500円という安さが魅力です。

考えてみてください。

もしTSUTAYAで音楽CDを当日レンタルしたら1枚100円なので約5枚しか借りられません。

これがdTVならいくらでも見放題聞き放題です。

また、チケット代が1万円を超えるような人気アーティストのライブもdTVで観ることが出来ます。

このようにコスパの面でもdTVは音楽を楽しむうえで最強なんです。

オフライン対応で外でも楽しめる!

今の時代、自宅で優雅に音楽を楽しむより、外出先でイヤホンで聴くことの方が多いですよね。

そのためスマホから外で音楽を聴く場合、通信料が気になります。

しかし安心して下さい。

dTVは事前にダウンロードすればオフラインで音楽を楽しめるんです。

これなら通信料も気にすることはありません。

ただし、アカウント認証の時に一瞬だけオンラインにする必要があるので、そこだけご了承ください。

dTV配信!人気ミュージシャン別おすすめ楽曲

dTVが音楽を楽しむのに優れたコンテンツというのはわかって貰えたと思います。

では実際にどのような音楽が配信されているのか、人気アーティストごとに見てみてみましょう。

ゆず

主な配信曲

栄光の架橋、マスカット、夏色、うたエール、桜木町、Hey和、虹、サヨナラバス、春風、イロトリドリなど

dTVではゆずのライブ映像も含め、名曲が多数収録されています。

中でも「栄光の架橋」は皆さんも聞いたことがあるはずです。

そう、アテネオリンピックの公式テーマソングになった曲。

あの熱かったオリンピックの情景がこの曲を聴くだけで思い出されますね。

 

三浦大知

主な配信曲

EXCITE、Blizzard、DIVE!、普通の今夜のことを – let tonight be forever remembered -、U、Darkest Before Dawn、Cry & Fight、SING OUT LOUDなど

三浦大知の曲の中でもおすすめなのが「EXCITE」です。

21stシングルであり、仮面ライダー生誕45周年記念作品『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌として制作された曲です。

ですから小さいお子さんには馴染みのあるメロディでしょう。

また仮面ライダーを知らない人が聞いても、心に残るいい曲となっています。

 

SKE48

Stand by you、それを青春と呼ぶ日、Darkness [セブンダンサーズ]、チョコの奴隷、バイクとサイドカー、キスだって左利き、アイシテラブル!、片想いFinally、オキドキ、パレオはエメラルド

dTVでは大人気アイドルグループSKE48の曲も多数収録されてます。

中でもおすすめなのが「Stand by you」です。

SKE48の24作目のシングル及び、平成に発売された最後のシングル作品でもあります。

センターを務めるのは松井珠理奈。

冬をイメージした曲で、メロディが耳に心地よく残ります。

特にサビ後半の、

「ドラマティックなことなんて何も起こらなくても君ともう出会ってる いつだってStand by you」。

グッときますね。

 

あいみょん

主な配信曲

ハルノヒ、GOOD NIGHT BABY、夢追いベンガル、今夜このまま、マリーゴールド、満月の夜なら、漂白、ふたりの世界、君はロックを聴かない、愛を伝えたいだとか、生きていたんだよな

2015年にデビューし、ここ数年で一気に人気が出たアーティストです。

中でもおすすめ曲が「君はロックを聴かない」。

男性目線の恋の歌であり、あいみょんが作り上げる独特な表現が恋の甘酸っぱさを際立てています。

恋する学生さんにぜひ聞いて欲しい歌です。

 

福山雅治

主な配信曲

「甲子園」Special Trailer 、聖域 Music Clip (short ver.)+メイキング、「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)、トモエ学園、「福の音」Music Clip Collection

絶世の歌声で老若男女問わず人気の歌手「福山雅治」。

そんな彼の配信曲のでもおすすめなのが“「甲子園」Special Trailer ”です。

タイトルを見た通り、NHK高校野球のテーマソングとなってます。

実は中学時代に吹奏楽部で部長を務めていたという福山雅治が「アルプススタンドでブラスバンド部の学生達と共に撮影したい」と提案し企画された曲です。

熱く燃えるメロディ、まさに甲子園にピッタリ!

 

DA PUMP

主な配信曲

桜、if…、ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~、U.S.A.、New Position、Can’t get your love、SUMMER RIDER、U.S.A. (CYBERJAPAN DANCERS ガヤ Remix)

皆さんご存知、ISSA がリーダーを務める男性ボーカルメンバー「DA PUMP」。

彼らの人気曲と言ったらやっぱりこれでしょう。

そう、「U.S.A.」です。

もう難し話なしに、この曲を聞いたら老若男女問わずノルしかありません!

 

サカナクション

主な配信曲

アイデンティティ、アルクアラウンド、サンプル、白波トップウォーター、新宝島、セントレイ、ナイトフィッシングイズグッド、ネイティブダンサー、『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』、僕の花

2005年に結成された日本のロックバンド「サカナクション」。

もう名前がなんかロックですね。

そんな彼らのおすすめの配信曲は「ミュージック」です。

2013年発売の8thシングルで、ドラマ『dinner』の主題歌となっています。

また、紅白歌合戦でも披露した曲なので記憶にある人もいるでしょう。

大興奮間違いなしのサビに注目です。

 

荻野目洋子

主な配信曲

コーヒー・ルンバ、心のままに ~I’m just a lady~、さよならから始まる物語、さよならの果実たち、SCANDAL、STEAL YOUR LOVE、ストレンジャーtonight、ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)、Dance Beatは夜明けまで

80年代アイドルとして活躍した「荻野目洋子」。

そんな彼女の懐かしの歌がdTVに詰まっています。

おすすめの曲を挙げるなら「ダンシング・ヒーロー」でしょうか。

イギリスの歌手アンジー・ゴールドが原曲の歌で、この曲で「日本テレビアイドル賞」「全日本歌謡音楽祭:最優秀アイドル賞」「日本有線大賞:有線音楽賞」を獲得しています。

まさに荻野目洋子を代表するヒット曲です。

 

ももいろクローバーZ

主な配信曲

クローバーとダイヤモンド、笑一笑 ~シャオイーシャオ!~、境界のペンデュラム、Survival of the Fittest -interlude-、BLAST!、ザ・ゴールデン・ヒストリー、DECORATION、WE ARE BORN、白金の夜明け

大人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の楽曲もDtvには多数収録されています。

見ているだけでこっちが明るくなる彼女たちですが、もっと明るくしてくれる名曲が「走れ!」です。

恋愛の曲ですが、ポジティブな歌詞で聞いていると元気が出ます。

恋愛に限らず、仕事など何か頑張りたいときに聴いてみてください。

 

ウルフルズ

主な配信曲

ガッツだぜ!!、あーだこーだそーだ!、愛がなくちゃ、暴れだす、いい女、ええねん、大阪ストラット、かわいいひと、借金大王、情熱 A Go-Go

日本が誇るロックバンド「ウルフルズ」。

世代が違えど、誰もが口ずさんだことのあるフレーズばかりです。

それだけ彼らの歌の影響力は凄まじいものがあります。

そんな中でも聞いて欲しい一曲が「ガッツだぜ!!」です。

この曲こそ、日本国民なら誰しもが聞いたことがあるでしょう。

パワフル溢れるフレーズで一度聴いたら頭から離れません。

 

dTVならなんとライブ音楽も楽しめる!

最後にdTVで配信されているライブ映像の中からおすすめの作品を紹介しましょう。

Mai Kuraki Symphonic Live(Selection)

日本のシンガーで台湾や中国などアジアでも人気の倉木麻衣。

その彼女が2012年に東京芸術劇場で開催されたライブ映像になります。

「儚さ」「冷たい海」などが収録され、彼女の透明感のある歌声にきっと魅了されることでしょう。

 

SKE48 LIVE in LAGUNA dTVスペシャル版

大人気アイドルグループ「SKE48」が2018年に愛知県で行ったライブ映像をdTVが得Bつ編集したものです。

「チョコの行方」「ここで一発」など多数収録されており、ライブに行けなかったSKE48ファン必見のライブ動画となっています。

 

大塚 愛~dTV BEST LIVE SELECTION~

「さくらんぼ」や「プラネタリウム」で一躍人気となったシンガーソングライター大塚愛のライブ映像です。

内容は全国各地で行われたライブの名場面をdTVが切り抜いたもので、ある意味dTVでしか見られない大塚 愛のライブ映像となっています。

ですからどんな曲が流れるかは見てのお楽しみです。

 

東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~

日本でも人気の韓国出身の男性デュオです。

ライブの内容は2012年に東京で行われた様子が収録されています。

「Before U Go」「BREAK OUT!」などが収録され、30万人を動員した東方神起史上最大の全国ツアーの熱気を感じることが出来ます。

 

AAA C.A.L After Party 2018 Digest

男女6人組音楽グループ「AAA」が2018年に行ったライブのダイジェストバージョンです。

ライブパフォーマンスに加え、メンバーの素顔を見ることが出来るゲームコーナーも収録されています。

業かなプレミアムイベントの様子をぜひご堪能下さい。

 

BEGIN LIVE うたの日コンサート2018 in 嘉手納

沖縄県石垣市出身の3人からなるバンドメンバー「BEGIN」が毎年行っている「うたの日コンサート」。

その2018年の映像が収録されています。

BEGINの心落ち着く歌声、情熱あふれる曲、BEGINの全てがこの動画にギュッと凝縮!

 

三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”

女性に大人気の男性ユニット「三代目 J Soul Brothers」が2016年から2017年に行ったライブ映像を収録。

「J.S.B. DREAM」「花火」などの熱い名曲に、彼らのカッコイイダンスにドキドキが止まりません。

ぜひライブの熱狂を一緒にお楽しみください。

 

Toshl DINE&CONCERT 2015 at The New Otani

世界的大人気ロックバンドX JAPANのボーカリストを務めるToshlが2015年にホテルニューオータニで行ったライブを映像化。

当時、チケット入手困難で残念ながらいけなかった人もいることでしょう。

そんな方もこの動画で少しは気持ちが上がるはず。

空間に響き渡るToshlの歌声は震えが止まりません!

 

LIVE DA PUMP 2016-2017 “RED ~ live 20th ~”(Digest)

「DA PUMP」が2016年から2017年までにかけて行ったデビュー20周年ライブをダイジェストで映像化!

dTV独占配信なので、貴重なデビュー20周年ライブを見れるのはここだけです。

ノッてノって乗りまくる彼ら歌とダンスをご覧ください。

 

E-girls LIVE TOUR 2016 ~E.G. SMILE~ in さいたまスーパーアリーナ

ガールズダンス&ボーカルグループ「E-girls」による2016年にさいたまスーパーアリーナで行われたライブ映像です。

きらびやかなステージに彼女たちのハツラツとしたダンス。

本来ライブでしか味わえない感動と熱気をこの1本で味わうことが出来ちゃいます。

 

まとめ

家で外でと常に音楽が欠かせないあなた。

dTVがあればきっと今まで以上に音楽が手放せなくなることでしょう。

そしてdTVなら歌だけでなく、ライブなど映像としても音楽を楽しむことが出来ちゃいます。

これまで以上に歌の力で心を熱くなることでしょう。