『進撃の巨人』ハリウッドで実写化!! 意外と期待値は高め!?

「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の大人気漫画『進撃の巨人』(作:諌山創)がハリウッドで実写映画化される事が決定いたしました!

公式サイトにて発表。制作陣は?

実写映画化は「進撃の巨人」公式サイトにて発表されました。
製作・配給はワーナー・ブラザーズ。制作は『ハリー・ポッター』シリーズのヘイデイ・フィルムズに決定しています。

また監督は『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ氏。
プロデューサーは『ハリー・ポッター』シリーズのデイビッド・ヘイマン氏、『HEROS』の出演者でも知られるマシ・オカ、監督の姉であるバルバラ・ムスキエティ氏の3名がプロデューサーを務めます。

Twitterの反応


https://twitter.com/ringo__1228/status/1057064011206819840

漫画自体が大きいスケールだからかもしれませんが、期待する声が思ったより大きい印象です。
『進撃の巨人』の実写版と言えば、邦画バージョンもありましたが、そちらの方の評判は……。やめておきましょう。
「漫画の実写版=期待できない。駄作が多い」という風潮を巻き返せるか!?