全ての女性に愛される?『プラダを着た悪魔』はただのオシャレ映画ではない

2006年に公開されたアメリカ映画『プラダを着た悪魔』。

おしゃれでキラキラした、女性のサクセスストーリー?なんて最初は思っていました。

“全ての女性に愛される映画”とも言われていますしね。

でも実際は、ただのオシャレ映画ではないんです!

今回は、何度も見返したくなる名作『プラダを着た悪魔』の素晴らしさについて語りたいと思います。

大学卒業後、ジャーナリストを目指してNYにやってきたアンディ。

田舎育ちでオシャレに興味のない彼女が手にした仕事は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダのアシスタントだった。

悪魔的にハイレベルな要求を突きつけるミランダ。

めちゃくちゃになっていく私生活。

煌びやかな世界でもがき苦しみながら成長するアンディが最後にたどり着く幸せとは…?

編集長ミランダの強烈なインパクト

 

もうとにかく、メリル・ストリープが演じるミランダのキャラが強烈なんです!

特に映画の冒頭でミランダが登場するシーンはベタだけど好きですね~。

ミランダが出社する瞬間、急に慌ただしくなる社内。

急いで靴をヒールに履き替えたり、口紅をチェックしたり、食べていたサラダを捨てたり…

って、どれだけの緊張感!?(笑) なんて思っているとミランダ様が登場します。

ハイセンスでゴージャスな服装、少しの隙もない圧倒的な雰囲気。

周りの社員が絶対服従しているのも納得のオーラです。

アンディ役のアン・ハサウェイが美しすぎる

この映画のアン・ハサウェイはとてつもなく綺麗です。

野暮ったい田舎娘アンディがどんどん美しくなっていく様子は見ていて楽しいですね。

まあ、個人的には最初の地味なパーカー姿も好きですが。

ファッションは外見のイメージを変えるだけでなく、内面の自信や魅力も高めてくれるツールなんだなと思い知らされました。

愛のある悪魔

この映画の面白さは、鬼編集長ミランダ VS 新人アシスタント アンディの構図。

ミランダの理不尽な要求に必死で応えようとするアンディの姿はどこか共感できる部分もあり、「頑張れー!」とエールを送りたくなってしまいます。

絶対こんな上司嫌だ!!

そう思いつつも、ここで気づいたことがありました。

一見悪魔のようなミランダですが、実はアンディへの愛が隠されているのかも…と。

彼女のわがままぶりは多少デフォルメされてるものの、よく考えてみるとジャーナリストとして働くためにはプラスになることばかり。

あくまでも“仕事への貢献”でアンディを判断しているんです。

ミランダはただの意地悪上司なんかじゃない!

作品の後半、スッピンで離婚した話をしている時なんかは「ああ、本当はきっと孤独なんだ…」と涙が出そうになってしまいました。

でもやっぱり上司にはしたくないけど(笑)

仕事と私生活のバランス

アンディが仕事をバリバリこなすようになり、美しく成長していく一方で恋人との関係は悪化。

恋人のネイト的には、素朴な服を着て仕事の愚痴を言ってた昔のアンディの方がよかったと。

このシーン、仕事と私生活のバランスに悩んでいる方にはグサッとくるのではないかと思います。

確かに変わったことを受け入れられないネイトの気持ちもわかりますが。

いい意味で変わったはずなのに…とても複雑な気持ちになってしまいますね。

ラストシーンで思うこと

ミランダは新ブランドの新規ポストを与えられて喜んでいる部下から、その新しいポジションを奪いました。

アンディは、そのやり方に納得できずミランダのもとから去ってしまうのです。

最終的には大手新聞社に転職したアンディ。

夢への新たな一歩を踏み出せた彼女を街で見かけたミランダが小さく微笑んで物語は終わります。

正直に言って、私はこのラストシーンスッキリしません。

きっとこれは「本当にやりたいこと」に気づいた女性の物語。

でも、貴重なポジションでこれからもっと成長できるチャンスを、「部下を裏切ってひどい」という理由で手放してしまうなんて。

ちょっと青臭く感じてしまうんですよね。

もしかしたら新しいポストを失った部下には、それ以上のポジションが与えられるかもしれないのに、と思うとアンディの決断は少し残念かな。

もう少し年を重ねてから見ると、感じ方が変わっているかもしれません。

きっと、置かれている環境や人間関係によって捉え方や発見することも違う作品だと思います。

だから何度でも見たくなってしまうんですよね。