『ボヘミアン・ラプソディ』全米初登場1位!音楽伝記映画としては驚異的!

11月2日に全米公開された、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』早くも大ヒットを記録!

全米での週末3日間の興行収入は約5,000万ドル(約56億円)を超え、初登場1位を記録。
これは音楽伝記映画としては“史上2番目”の大記録という事で注目を浴びています。(1位は『ストレイト・アウタ・コンプトン』)の約6,020万ドル)

『ボヘミアン・ラプソディ』は米国以外でも公開されており、全世界合わせて売り上げのトータル額は1億4100万ドル(約159億円)に到達するという絶好調のスタート!

作品解説

「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。華々しい軌跡の裏の知られざる真実を映す。『X-MEN』シリーズなどのブライアン・シンガーが監督を務めた。ドラマシリーズ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」などのラミ・マレック、『ジュラシック・パーク』シリーズなどのジョセフ・マッゼロらが出演。フレディにふんしたラミが熱演を見せる。

日本での公開日は11月9日!本当に待ちきれない!

関連記事:大注目作『ボヘミアン・ラプソディー』海外の評論家はどう見た?

関連記事一覧