『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第2話 感想|冷えピタケンティー可愛さ爆発!「とんびに揚げ出し豆腐さらわれた気分」!?

「13係」として集められたメンバー。

個性的なチームがどのように動き出すのか…?

※ネタバレ有

【第2話】

異動早々大物の泥棒を捕まえたことで、精鋭を集めた捜査三課の新設部署『13係』に選ばれたと張り切る班目(中島健人)。しかしその実体は、お荷物刑事の寄せ集めだと知り出鼻をくじかれる。そんな中、係長・鯨岡(稲森いずみ)によって発表された最初の事件は、住人が寝静まった家で盗みを働く“ノビ”という忍び込みの泥棒による事件。手口捜査のプロだが極度の人見知りの細面(野間口徹)は、わざと痕跡を残す独特の犯行手口から、ノビの大物・通称“黒蛇”こと大堂吾郎(笹野高史)の犯行と推測。大堂という名前を聞いた勝手田(丸山智己)はなぜか怒りに震えて…。

一同は早速大堂の“ヤサ”(=家)を見つけ出そうと手分けして捜査を始める。斑目は大堂がかつてよく現れた沿線で皇子山(中村倫也)と共に張り込むが、元捜査一課でプライドの高い皇子山は「こんなの俺がやる仕事じゃねえ」と帰ってしまい…。諦めモードで駅前に張り込んでいた斑目の前に煙鴉(遠藤憲一)が現れ、13係の面々のやる気のなさを愚痴る斑目に、煙鴉は行き交う人の中で必死に大堂を捜している勝手田の姿を見せる。

勝手田に合流する斑目だが、斑目が目を離した隙に勝手田の前に大堂が自ら姿を現わして…!急遽、大堂を尾行することになる斑目だったが、凡ミスにより大堂を追えず大目玉をくらう。

煙鴉のサポートで、13係の捜査は急展開。全員総出で行動確認のための張り込みが行われる。しかし、いよいよ大堂が次の犯行に動き出したその時、13係の前に立ちはだかったのは意外な相手!!捜査はまさかの中止の危機に!?追う者と追われる者、執念のバトルを前に煙鴉が斑目にかけたのは「俺が……お前を悪にしてやる」という言葉だった…。

ほぼ悪口のあだ名

係長の鯨岡が13係のメンバーにつけたあだ名

  • 皇子山(中村倫也)→変態
  • 小平(石橋杏奈)→巫女さん
  • 左門(板尾創路)→佃煮
  • 勝手田(丸山智己)→デカ
  • 細面(野間口徹)→冷や麦
  • 宝塚(江口のりこ)→むかし美人

いや、ほぼ悪口(笑)

個人的には左門の“佃煮”と細面の“冷や麦”が好きですね~。

泥棒の気持ち

大堂を尾行していた神奈川県警たち。

男がある家に侵入したのを見て、家の前で待ち構えていたが…出てきたのは違う泥棒だった!

大堂は神奈川県警を騙すために自分の身代わりを用意していたんですね。

笹野さん、やりよる。

一方、本物の“黒蛇”・大堂は以前から目を付けていた家に侵入。

しかし、その家のベッドで待ち構えていたのは…

冷えピタケンティー!!

班目はこの家のちょっとした異変に気付いており、部屋の中で張り込みをしていたのです。

煙鴉が班目に言った「俺が……お前を悪にしてやる」の意味。

え、なにごと!?と思ったんですが、“泥棒の気持ちになれば、犯人がどこに侵入するかわかる”という意味でした。

最終的には、大堂に因縁があった勝手田が逮捕!

班目くんナイス活躍でした♪

ケンティーのかわいさ爆発

バーで「ケムちゃんだー!ケムケム」と煙鴉に絡む酔っ払いケンティー。

班目「鳶に揚げ出し豆腐さらわれた気分なんスよね~」

煙鴉「鳶に油揚げな!さらいにくいだろ!揚げ出し豆腐、つぶれちゃって」

この2人のやり取り最高か(笑)

かわいい甘ったれケンティーと強面だけど優しいエンケンさんのコンビ、ちょっとハマる。

タクシー運転手の正体は…?

ケンティーが大堂を追いかけるシーン。

急いで乗り込んだタクシーの運転手さん…どこかで見たことあるな~と思ってたら、ゴールデンボンバーの喜矢武豊さんでした!

いつもみたいにメイクしてなかったから誰かわからなかった(笑)

Twitterの反応

https://twitter.com/momowsz/status/1053729250505744384

今回は防犯の勉強にもなった回でした!

泥棒は目をつけた家の家族構成まで把握してる。

怖いですね~!気をつけないと!

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第1話 感想|イケメンなチャラ刑事×強面の大泥棒!初回から大どんでん返しの展開