『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第3話 感想|感動の友情物語?中村倫也のキャラがなかなか良い

【第3話 あらすじ】

犯人逮捕に貢献して以来、勝手田(丸山智己)から一方的に“後継者”と認められ熱血指導を受けるはめになった班目(中島健人)。お茶汲みや掃除など一見捜査と関係のない無駄な雑務をさせられウンザリする。一方、皇子山(中村倫也)の下についた美希(石橋杏奈)は「流行りの店に行かないと流行りの泥棒は捕まえられない」という謎の名目で連日フレンチの会食に連れ回され、げんなり。

そんな中、高度なハッキング技術で電子キーの金庫を破る金塊強奪事件が発生する。相当計画的な犯行と見た鯨岡(稲森いずみ)は13係の手に負えない事件は早々に諦めて検挙率の上げやすい自転車泥棒で数を稼ごうと最初から諦めモード。斑目は『精鋭部隊』とは程遠い13係からの異動を願い出るが相手にされず…。

一方、金塊を盗んだ窃盗団の事務所では、本業のオレオレ詐欺の業績が先細っていることで、金庫の暗号解析アプリの開発で窃盗団のボスから期待を寄せられる『タナカ』こと河原順平(寛一郎)が人知れず自分の仕事に息苦しさと不満を感じていた…。
その夜、いつものバーで仕事の不満を爆発させる斑目を諭そうとする煙鴉(遠藤憲一)だが、斑目は聞く耳を持たず…。憂さ晴らしに煙鴉に渡されたクーポン券を持ってゲーセンにやってきた斑目は、対戦ゲームで対決した男とゲームの話で意気投合し、職業を偽りつつ仕事の愚痴をこぼす。IT系の仕事をしていると話す男は斑目に気を許し、「会社を手伝わないか?」と持ちかけるが、実はこの男こそ窃盗団の順平で…!!順平の正体を知り、最初から煙鴉が仕組んでいたと気づいた斑目は慌ててバーに戻るが、煙鴉は“潜入捜査”で手柄を上げろとけしかける!

人として気の合う順平を潜入捜査で欺くことに心を痛める斑目だが、窃盗団による次の犯行日が近づいていた。そして現行犯逮捕を狙う当日…。13係が張り込む中、前代未聞のトラブルと大ピンチが斑目を襲う!

※ネタバレ有

変態キャラ

中村倫也演じる皇子山の変態キャラ、いいですね~(笑)

元エリートでシュッとしたイケメンなのに、時折見せる変態感がいいアクセント。

なぜ煙鴉に執着するのかも気になります。

今回はバーで煙鴉にかまをかけるシーンも!

相当怪しんでますね…。

順平にだまされた

順平役を演じた寛一郎さんは佐藤浩市さんの息子さんとのこと!

知らなかったです~

実は悪いヤツで、班目を裏切ったりするのでは!?なんて思いながら見ていましたが…

結果、普通にいい人でした。(笑)

心から班目を信じて、本当の友情が生まれていたんですね…。

うーん…今回はどんでん返し要素少なめ?

ケンティー大ピンチ!

潜入捜査中、他の窃盗メンバーに怪しまれて閉じ込められた班目と、班目を助けようとした順平。

4時間しか空気が持たないという絶体絶命のピンチ!

お先真っ暗だと話す順平に対して、「そんなことない、今も少し楽しい」と言う班目。

スーパーポジティブ!!

普段は頼りなくてダメダメな班目だけど、こんな極限の状態で前向きなこと言えるあたり、すごい!と思います。

13係×煙鴉

班目を助けるために動き出す13係。

皇子山は煙鴉に助けを求めに急いでバーに行った。

班目の命を助けるため、次々に金庫の鍵を開けていく煙鴉。

ケムさん、本当プロだね…!

しかし、全て開けてしまうと“なぜ金庫破りを覚えているのか?”と警察に連れて行ってしまう。

そんな中、ダイヤルのパスワードを知っている副支店長が到着!

地方にいて連絡がつかなかったため、勝手田が直接行って連れてきたのだ。

無事に班目と順平は救出。

簡単には捕まらない

班目は大金星!順平は現行犯逮捕!

のはずだったが、「何も見ていない。順平はアプリを開発しただけ。」と言う班目。

順平との出会いに心動かされた班目は、罪を軽くするための証言をしたのだ。

そして、金庫の鍵の開錠を1つ残した状態で副支店長に代わった煙鴉。

副支店長は1からダイヤルを開けなおしたため、煙鴉が鍵を開けた証拠はなく皇子山は捕まえることができなかった。

Twitterの反応

https://twitter.com/arkn_39oO/status/1056207595852070912

今回は班目と順平の友情物語でした。

刑事ドラマとして見てしまうと、ちょっと物足りない気も…。

ただ、煙鴉VS皇子山の戦いがちょっと面白くなってきたかな~

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第1話 感想|イケメンなチャラ刑事×強面の大泥棒!初回から大どんでん返しの展開

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第2話 感想|冷えピタケンティー可愛さ爆発!「とんびに揚げ出し豆腐さらわれた気分」!?