『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第4話 感想|VS史上最高のスリ・銀次!終わり方にう~ん・・・?

【第4話 あらすじ】

都内で開催される一大コミフェスを狙い全国のスリ集団が集結するという情報が寄せられる。警視庁の威信をかけ、三課ではイベントに向けて係ごとの検挙数を競い合うことに。三課内でもバカにされている13係では、鯨岡(稲森いずみ)が「最底辺のど根性を見せよう」と張り切るが、もはやお荷物集団であることを隠さない空気にメンバーはどんより。そんな中“異例の大抜擢”でモサ(=スリ専門の刑事)の左門(板尾創路)とコンビを組むことになった班目(中島健人)は、ひたすら歩き回ってモサの基本を叩き込まれる。初日から疲れ果て、早速バーで愚痴をこぼす斑目に煙鴉(遠藤憲一)は、スリとモサはお互いに厳しい修練を必要とする職人の世界の真剣勝負だと説くが…。

翌日。左門は、痴漢、万引き、そしてスリにはそれぞれ独特の“眼”があるのだと語り、中でも“スリ眼”を見抜くには最低3年かかると聞き絶句する斑目だが、左門は目の前でスリ眼を見抜き現行犯逮捕をしてみせる。左門の鮮やかな腕に驚く斑目だが、その一部始終を見ながらニヤリと笑っていた“指に傷のある男”に気づき…。

斑目の話を聞いた左門は、史上最高のスリ“機械屋銀次”こと大文銀次(杉本哲太)が現れたと血相を変える!!特殊なカミソリ刃を使い中身を盗んでも、決して人は傷つけないという信条を持つ銀次は5年前に引退したはずなのだが…。

再び姿を現した銀次は、斑目と左門の目の前で一瞬の神業でスリをして見せる。慌てて確保する斑目だが、一枚上をいく銀次にあしらわれ、逮捕は失敗。斑目を見た銀次は左門に「30年前のお前よりひどい」と話し、イベント当日は選りすぐりのスリが集まると忠告を残す…。
スリから足を洗ったはずの銀次が戻ってきた本当の理由とは一体何なのか…!?
泥棒vs刑事の真剣勝負が始まる!

※ネタバレ有

罰ゲーム

モサの左門とバディーを組むことになった班目。

異例の大抜擢!と思いきや、これは仕事を疎かにした左門への罰ゲームであることが判明。

13係の中で1番きついこと=班目と組むこと

ひどい(笑)

結構、犯人逮捕に貢献してると思うんですけどね~、まだお荷物扱いのようです。

修羅場!?

煙鴉と班目がいつものバーで飲んでいるところにやってきた皇子山。

「あなたが煙鴉ですね」

え!突然の危機的状況!?

真剣な皇子山に対して「知らなかったの?」と普通に応えちゃう班目。

どういうつもりで言ってるのだろうか…(笑)

しかし、皇子山は「あいつが、ああ言うってことは違うのか・・・ちくしょう!!」と。

信用なさすぎだよ、班目くん。

江口さんのコスプレ!!

コミフェス当日。

電車内ではスリ軍団が協力し合って大量の財布を盗んでした。

なかなか現場を押さえられない中、班目は即効で13係を招集。

若者ならではの“超高速メール打ち”役立ちましたね~!

そして、江口さん(宝塚役)のコスプレ強烈!!

キャラ濃すぎです!(笑)

結果的にOK?

班目と左門はおじいさんの財布を盗った銀次を取り押さえた。

しかし、抜かれていたのは財布の中身だけ。

銀次は、例え自分のポケットにお札が入っていても、盗んだお札である照明はできないと言う。

すると、班目は「そのお札には孫が描いた落書きがあった」と。

実はこれはただのハッタリだったのだが、銀次はそれをわかった上で罪を認めた。

うーん・・・、銀次を捕まえることができたし、心温まるような終わり方だったのでいい雰囲気ではあったのですが

結局、ハッタリで逮捕っていうのが若干引っかかってしまいました。

「スリは現行犯が基本」って左門が言い続けていたので、心理戦ではなく、最後はビシッと現行犯で取り押さえてほしかったな~。

Twitterの反応

https://twitter.com/axx0xy4/status/1058713265973288960

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第1話 感想|イケメンなチャラ刑事×強面の大泥棒!初回から大どんでん返しの展開

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第2話 感想|冷えピタケンティー可愛さ爆発!「とんびに揚げ出し豆腐さらわれた気分」!?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第3話 感想|感動の友情物語?中村倫也のキャラがなかなか良い