『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第5話 感想|皇子山が色眼鏡を外すとき…。切ない逮捕

【第5話 あらすじ】

13係でいまだに非協力的な皇子山(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡(稲森いずみ)は、その心中を探るため、班目(中島健人)を使うことに。同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だとおだてられ、すっかりその気になった斑目が早速バーで煙鴉(遠藤憲一)に報告していると、ちょうど皇子山がやってくる。相変わらず煙鴉の身辺を嗅ぎ回る皇子山だが、煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」と言い残して…。泥酔した斑目を残し、煙鴉を尾行していた皇子山は、その途中一軒家で老人が殺されているのを発見する!

翌日。13係ではどのネタ(=事件)を扱うかを鯨岡に一人一人がプレゼン。鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、斑目がプレゼンした空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠”こと東村洋介(三遊亭好楽)のネタがなぜかあっさりと選ばれる。さらに鯨岡から現場の汚れ仕事よりも皇子山の事を優先するようにと言われた斑目はますます調子に乗り…。

優秀な刑事だった皇子山が捜査一課から三課に来た理由について様々な噂が飛び交う中、斑目は皇子山に直球で質問を投げる。ある男を追っていたら突然異動になったと話す皇子山は、煙鴉は人を殺していると言い…。そんな時、皇子山の携帯に煙鴉から電話がかかり、ある住所を告げられる。そして、向かった先で発見したのは、なんと、また女性の死体で…。

一方、動きのない東村のアパートを張り込んでいた瑤子(江口のりこ)と美希(石橋杏奈)は高齢の東村を見て空き巣に入れるわけがないと判断。斑目は張り込み部屋の撤収を命じられる。意気消沈して部屋を片付ける斑目だが、東村が自宅で怯えながら一心不乱に祈っている姿が気にかかっていた…。
そして、ひょんなことから東村に気に入られアパートに入り浸るようになった斑目は、東村が一人になると祈る理由がどうしてもひっかかっていて…。斑目と皇子山、二人の刑事が近づくことで事件は意外な展開を見せて行く…。

※ネタバレ有

容疑者と仲良くなる班目

東村に気に入られた班目。

部屋の中で他愛のない話をしている姿は、まるでおじいちゃんと孫。

生きてても死んでても同じ、と悲しい老人の日常を語る東村の姿が切ない…。

煙鴉が殺人…?

「色眼鏡で世の中見てちゃ、何も見えない」と言うことを皇子山に告げる煙鴉。

それを示すために皇子山が殺人現場に居合わせるように仕向ける。

しかし、皇子山は煙鴉が事件に関係してると判断し、今まで以上に煙鴉の捜査に力を入れる。

なぜ、そこまでして煙鴉に執着するのか?

皇子山は「大切な人を煙鴉に殺されたから」だと言う。

この真相はいまだわからず。

ケムさん、人は殺さないような気がしますが・・・。

実は“皇子山の勘違いだった”という展開になったりするのかな?なんて勝手に予想。

ストッキングを盗んだ犯人捜し

一方、13係内では美希がバッグに入れていた古いストッキングが盗まれるという事件が発生。

脚フェチの皇子山が一線を越えたのではないかと噂になる。

皇子山が懸命に事件を追っている時に…かわいそう(笑)

こっそり捜査を進める瑤子・美希・細面の3人だったが、証拠が見つからず。

結局、盗まれたと思った美希の古いストッキングは、掃除に使って自分で捨てただけだった。

美希ちゃん、班目君以上に天然ちゃんかも(笑)

東村の真実

東村の行動などがニオうと感じていた班目。

煙鴉に「その勘を信じろ」とアドバイスをもらい、そのまま独自で調査を進めると、あることが発覚。

その時、ようやく色眼鏡を外して真相にたどり着いた皇子山から連絡がくる。

夜遅く、殺人事件が起きた家に忍び込み、盗みを働く東村の姿が。

すでに目をつけていた班目と皇子山はその場で東村を現行犯逮捕。

取調室で東村は「出所したがまだ生きていた。これしかできることがなかった」と語った。

そんな東村に、手書きのカレンダーをプレゼントする班目。

「また、出所して、出てきたら話そう」と。

犯罪者と言う立場を超えて、こんな優しい心づかいができる班目君。

いつまでもその気持ちを無くさないでほしいです!(なぜか親心)

Twitterの反応

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第1話 感想|イケメンなチャラ刑事×強面の大泥棒!初回から大どんでん返しの展開

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第2話 感想|冷えピタケンティー可愛さ爆発!「とんびに揚げ出し豆腐さらわれた気分」!?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第3話 感想|感動の友情物語?中村倫也のキャラがなかなか良い

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第4話 感想|VS史上最高のスリ・銀次!終わり方にう~ん・・・?