『下町ロケット』第1話 感想|大絶賛!イモトのアドリブ涙に感動

前作から3年。『下町ロケット』待望の新シリーズが10月14日から始まりました!

ほんと・・・待ってたよ~!!!(嬉)

第1話から順番に、ストーリーと感想を書いていきたいと思います!

【第1話 あらすじ】

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。
ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の 財前(吉川晃司) から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。
そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。
そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と 山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

※ネタバレ有

新たな夢

殿村が畑で運転するトラクターは、トランスミッションが原因で作業ムラができていることに気づいた佃。

そこで、トランスミッションとエンジンの両方を生かせるメーカーになれば、新しい可能性も広がるのではないかと考えた。

始まりの予感・・・!!

立花VS軽部

元帝国重工社員が立ち上げたトランスミッションメーカー「ギアゴースト」にバルブだけでも作らせてほしいと交渉。

そのコンペで業界最大手「大森バルブ」に勝利するため、バルブ開発チームは“自分たちらしいバルブ”作りに励む。

ここで衝突するのが立花(竹内涼真)と軽部(徳重聡)。

立花は本当に熱い男なんですよね。

冗談が通じない真面目すぎるあたり…友達にはなれないかな~ ←全然関係ない(笑)

逆にドライな男・軽部。

最初、徳重聡さんってわからなかった!

軽部は性格がちょっと悪いだけかな?裏切りとかやめてね~!!

イモトの涙・・・!

評価の結果、スペックの数値は「大森バルブ」の圧勝。

しかし、佃のバルブのほうが使用しているパーツが圧倒的に少なく、強度が非常に強いものだった。

実物のバルブを見た、ギアゴーストの副社長・島津(イモトアヤコ)は、その素晴らしさに涙。

このシーン、台本では涙を流す指示はなかったようですね!

イモトのアドリブ涙・・・ぐっときてしまいました。

「最高のバルブ」と評された佃が勝利!

無事、新しい挑戦に好スタートを切ったのでした。

Twitterの反応

出だし順調!かと思いきや、さっそく次週は何か問題が起きそう・・・