『下町ロケット』第3話 感想|嫌味な悪男役がハマるピコ太郎

【第3話 あらすじ】

ギアゴーストの協力のもと、新作バルブシステムの開発も順調に進み、最後の難関である燃焼実験のみとなっていた。 そんなある日、帝国重工の水原(木下ほうか)に呼ばれた佃(阿部寛)は、信用調査を受け入れなければならないと告げられる……。その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているという。
信用調査の当日、殿村(立川談春)が自宅を出ようとすると、父・正弘(山本學)が倒れてしまい、緊急手術に。殿村不在のなか、帝国重工の審査部信用管理室の安本(古坂大魔王)に詰められる佃製作所メンバーは、指示された覚えのない書類の不備で窮地にたたされる―。
果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!

※ネタバレ有

ピコ太郎が憎たらしい!

信用調査にやってきた帝国重工の安本(古坂大魔王)

佃社長の娘(土屋太鳳)にも嫌味を言いまくっていた嫌なヤツ。

佃製作所の経理部係長・迫田(今野浩喜)をきつく攻める。

さらに、指示された覚えのない書類「長期計画書」の提出を求められ、狼狽する佃製作所の面々。

ピコ太郎、はめたな!?

イライラするー!嫌味な役にハマりすぎてるー!!(笑)

救世主

「(現・ギアゴーストの)伊丹・島津は帝国重工の恥」と言い放ち、立ち去ろうとする安本。

そこに、殿村が到着!

必要と考えられる書類全てを用意していた殿村は、安本に「長期計画書」を提出。

さすが、殿さん!!

「バルブシステムが不採用になったら、帝国重工のライバル会社に供給する」と言われ、ひるむ安本。

ピコ太郎、改心するの早かったな~(笑)

そして、無事に信用調査はクリア!!

裏切者は誰?

それにしても帝国重工は悪い人ばっかりですね~。

こんな会社で働く土屋太鳳ちゃん、大丈夫なのでしょうか?

そして、ギアゴーストの機密情報を外部に漏らしている裏切者は今回もわからず。

また次回に持ち越しかな?

Twitterの反応

今回はさくっと終わってしまった感。おもしろかったけど!

来週はいよいよギアゴーストの裁判です。ドキドキ。

殿さんが佃製作所に残るのか、農家を継ぐのかも気になるところです!