『中学聖日記』第2話 感想|中学生お持ち帰りはアウトでしょ!!

【第2話 あらすじ】

「先生のこと、好きになっちゃいました」――。
晶(岡田健史)から突然告白された聖(有村架純)。だが聖はその言葉を受け流していた。
ある日、聖と勝太郎(町田啓太)両家の顔合わせが急遽開かれることに。勝太郎が仕事のトラブルで遅れる中、聖は両家の親に教師としての思いを伝えるも、いずれは仕事をやめるように言われ悩む。
そんな中、晶から再び気持ちを伝えられた聖は晶の真っ直ぐな表情に困惑する。
そして、子星中学校の体育祭が幕を開ける。聖に避けられ続けていた晶は大胆な行動に出て…。

このカップルかわいい~!

勝太郎の実家にて行われた両家顔合わせ。

仕事のトラブルで遅れた勝太郎がやってきたのは、食事会が終わったころだった。

帰り道、教師を続けたい聖に「好きにしたらいいよ」「俺は待てるから!」と告げる勝太郎。

ここで歩きながらイチャつく2人がかわいすぎる!

そして身長差にもトキメク!!

ナチュラルなカップル感がとても素敵なシーンでした♪

るなの恋心

早退した晶に、クラスメイトのるな(小野莉奈)がノートを持ってきた。

「これ以上あの女に本気になるのはやめな!」と切り出するなに「帰れ!!」と追い返そうとする晶。

「私は末長と違って、少なくとも自分が傷つくことを分かってここに来てるから!」と声を荒げて帰っていくるなの姿を見て、晶はるなの自分に対する気持ちを察する。

るなちゃんも言うことがませてるな~。

そして体育祭でも、るなは「それ、つけて走ったら頑張れる。だから交換して。」と晶にハチマキの交換をお願いする。

好きな人とハチマキ交換・・・かわいい~!!

そうそう、こういうのだよ。私の知ってる中学生の恋愛って。(笑)

怪しい影

一方、聖から避けられていることに気づいた晶は、聖を無理やり体育倉庫まで引っ張っていく。

なぜ無視するのか詰め寄る晶に、「こういうの迷惑なの。もうやめて。」と告げ、立ち去る聖。

ここで、2人が倉庫から出ていく姿を盗撮する何者かの姿が・・・!

なんか面倒くさい問題が起きそうな予感。

晶、暴走

帰宅途中の聖は、道端で晶がケガをして倒れているのを偶然発見。

「大丈夫?」と駆け寄る聖を、晶が抱きしめる。

「先生、僕のこと嫌いにならないでください。」

「人に見られたらまずい」という聖に対し、

「僕は別に誰に見られてもいい」という晶。

いや、君がよくても先生が困るから!!(笑)

晶くん、ちょっとツッコミどころが多いわ。

それはダメ

もう遅いことから、晶の自宅まで送ろうとする聖。

車内でも晶は「からかって言ったわけじゃなくて、先生が好きです」と再び告白。

ん~、ずっと思ってたけど・・・重いな、晶。

初恋なのかもしれないけど、中学生の恋ってこんなに重たいものでしたっけ?

聖は晶の母親に電話するも仕事中でつながらず、さらに晶は自宅の鍵を持っていないため家に入ることができない。

そこで、聖は晶を自分の家に連れて帰って怪我の手当てをすることに・・・え!?

それは絶対ダメでしょ!!先生!!!

傷の手当をしてもらいながら「どうしてこんな風に僕のこと助けてくれるんですか?」と聞く晶に「担任として当然」とだけ答える聖。

いやいや、担任だったら自宅に生徒入れないのが当然だから!!

明らかに聖も晶のことを意識している様子・・・。

そして、晶が下のコンビニに行っている間にまさかの勝太郎登場!

サプライズでやってきたみたいだけど・・・タイミング悪かったな~

Twitterの反応

重すぎる生徒と、脇が甘すぎる先生。ん~。

なんだかずっとモヤモヤするドラマだなぁ。

あとは盗撮をしている怪しい人物の正体も気になるところです…。

『中学聖日記』第1話 感想|可愛いけど隙がありすぎるよ、有村架純先生